【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2018年10月05日

始まりの6号機

固さなのか。長さなのか。太さなのか。

 

どれが相手にとって本当に気持ちいい事なのか、それはおそらく体の相性という一言で済むことなのだろう。が、やはり早い男ってのはダメだと思うのよ。回数よりかは質だろ、質。早けりゃいいってもでもねぇんだよ。

 

 

なぁ、そうだろ??

 

ついに導入された6号機第1弾『HEY!鏡』。6号機へのホールとユーザーの期待を象徴するかのように、ここ最近では抜群の初動を誇っており、この人気が維持されるようであれば6号機の未来も明るい……はずなんだけど、この機種が動くには絶対的な条件が一つあると思う。

 

それは設定6を使っている事。これがなきゃ絶対にジリ貧になっちまう。設定2じゃ誤魔化せねぇぞ、この台は。

 

解析を知っている訳でもないし、まだまだ経験値も足らないので「6はこういった所の抽選が……」なんて事はいえないけど、おそらく『HEY!鏡』における設定6の勝率は『かなり高い』はず。極端な話にはなるんだけど、朝イチから1000枚飲まれたら(高設定狙いなら)止めてもいいと思う。その位、安定しているし悪く言えばダラダラ出続けて夢がない。

 

その反面、低設定の勝率はかなり低く、番長シリーズに似つかわしくない、上にも下にも『出率』に忠実な優等生。それが鏡。

 

こういった台は、ユーザーが一巡する、もしくは解析が出揃ってしまうと、朝イチでハマった台は終日放置プレイになってしまう傾向にあるし、見切られた台を好んで打つユーザーもいないんで、低設定だけになるとマジで動かない。かといって高設定のみを投入し続けるってのも無理な話だろうし、動かすのが難しいかもね、この台。

 

ぶっちゃけ、演出もそんなに楽しくないし、何よりも番長3、番長Aと続く三度目の「めんこ」にはお腹いっぱい。

 

規定HEY到達後の特訓による当選告知が主体のゲーム性だから、規定HEYが濃いゾーンでの「敵キャラ通過+リプレイ」といった番長シリーズお馴染みの前兆演出にも全然ドキドキできないもん。結局、そのあとに特訓にいくか(規定HEYに到達しているか否か)どうかなので、正直、どうでもいいと言いますか……今まで以上にプレ前兆の消化感が強いと言いますか……。

 

勿論、(俺の推測では)中対決やマダラ以上は特訓に突入しやすい=規定HEY到達時に選択されやすい、偶数桁でのガセ前兆はチャンスモード示唆といった細かな法則性もあるとは思うんだけどさ。

 

ちなみに初実戦時のモード移行はこういった感じでした。勝てる気がしねぇよ……。

 

【HEY!鏡】G数/規定HEY

109-

235/565HEY.2

285/130HEY.3

483/530HEY.4

540/068HEY.5

557赤ボーナス→バス×

229/320HEY.1

363/532HEY.2

410/080HEY.3(レア役短縮)

651/530HEY.4

829/359HEY.5

835赤ボーナス→バス×

238/320HEY.1

やめ

 

一度だけ女性キャラセリフ「ベリースイート(だったと思う)」での天国移行を確認できたものの、殆どが通常モード。何よりも、いいとこ無しで1000枚飲まれたんでヤメ。いや、結構マジだぜ、1000枚理論は。

 

規定HEY振り分け自体の細かい設定差はつけにくいと思う(メインの容量を考えるに)から、モード移行率。ならびに小役による強制短縮、ドライブゾーン終了後の引き戻し特訓。そもそもの規定HEY到達時のボーナス当選率。あとはKC直撃。セオリー通りに考えると設定差があるのは、こういった所になるのかな。

 

勿論、お馴染みの絶頂関連等にも設定差がありそうだけど……どちらかというとノーマルタイプみたく積み上げていく台であって、一撃2000枚とかを目指す台ではないんでね。そこだけは、しっかりと認識して打ったほうがいいと思う。

 

というか、一撃2000枚以前に都合3000G強で未だにKCゼロ回なんだけど、俺。

 

どうやっても最初のドライブゾーンがバスなんだが、これは低設定だからなのだろうか、それとも俺と鏡ガールズとの相性が悪いのだろうか……。

 

鏡と同じく、俺も早漏気味なんだから、もうちょい好かれても良さそうなものなんだけどなぁ。

 

CLOSED BGM

Carey / ジョニ・ミッチェル

スポンサーリンク