【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2018年08月31日

そのツケは誰が払うんだ?

とある田舎町にある総台数200台程度のスロット専門店パーラーフリスク。

 

かつては、その名を市内に轟かせたものの、道路状況の変化や客層の移り変わり。はたまた、規制の影響からなのか、ここ数年は店内が満席になることもなく、低貸し専門のお年寄り相手にどちらが先に鬼籍に入るのかを競っているかのような営業の毎日。

 

そんなパーラーフリスクだが、決して座して死を待っている訳ではなかった。

 

全国的に有名な取材媒体を呼び込んだ結果、一体何時以来なのだろうという、総台数に届こうかという並びを達成し、その勢いは次月になっても衰える事はなく、ついに並びはスロット設置の総台数を超えた。

 

お盆突入と同時に(名ばかりではあるが)リニューアルによる時差オープン。その翌日には来店取材。当然、来店取材時には設置台数を超える並びが発生し、今回はメイン機種を殺し、店舗の弱みでもあり売りとも言えるバラエティと小台数のノーマルにも力をいれ、所謂軍団だけではなく、常連やご近所の方も座れるように気を使い、分岐は10割。

 

当然、光熱費等を考えれば赤字ではあるが、パーラーフリスクの活気を見て、とあるスロ打ちは思った。

 

「まるで4号機時代のパーラーフリスクみたいだ。」

 

そして、お盆初日と二日目を乗り越えた三日目の夜。パーラーフリスクの稼働率は20人/200台だった。

 

その翌日も、その翌日も、その翌日も、スロットの稼働率が上がる事はなく、パーラーフリスクが起死回生をかけた来店取材は県遊協から「広告禁止」が伝えられた。

 

 

さて、このパーラーフリスク(フィクションだよ)は何故に稼働率が上がらないんでしょうか。強い取材日の翌日に稼働率が下がるというのは、当然ではあるが……下手すりゃ平日平均も下がっている。もしくは同等。

 

実際にその日に設定が入っていて、人が並んでいたにも関わらず、全くもって客付きが良くならない理由。交通の便や店舗駐車場、様々な理由があるとは思うけど、俺が思う一番の理由。それは至極単純。

 

誰も店舗のファンではなかったから。誰も店舗のファンにはなっていないから。

 

ユーザーが並んだのも、その日の出玉も、全て「来店取材」の手柄だと思われていて、ホールのファンではなく、その「来店取材」のファンが増えた。そもそも最初から「来店取材」のファンであり店舗はどうでもいい。なので、節操もなくライバル店舗で同じ取材があれば、みんなそっちに並ぶ。

 

これホールが何か特をしているんだろうか……。

 

ま、得をしているからやっているんでしょう。俺はコンサルでも何でもないんで、そこらは別にどうでもいいや。

 

パーラーフリスクが特別な訳ではなく、現状、わが地域のユーザーの声は「店舗」ではなく、何処の「来店取材」が来るか。全国的に名の売れた有名店舗ならまだしも、地方都市のイチ店舗が有名な来店取材(頭の中に4つぐらい思い浮かべてくれたら、そのどれかでもあり、どれもだ)を呼んじゃうと……店舗よりも来店取材のほうが力を持ちすぎていて、パワーバランスがおかしくなると思う。このバランスって大切だぜ。

 

というか実際におかしくなっている。

 

いや、おかしくなっていた。

 

んな訳で県遊協から「まとめ広告」と「各種イベント」の2点に関しての取り決めが行われた模様で、特に「各種イベント」に関しては名指しで県条例に抵触する恐れがあると指摘されている媒体もあり、いわゆるYoutuberさんや取材来店の告知は無くなっていくのかなぁ……って、前にも似たような事あったし、そもそも私の地域は元々厳しい地域なので、そりゃそうなるだろってのが率直な感想です。

 

ちなみに俺は『店舗が行う、自店のファンになってもらうイベント』はあったほうがいいと思っている。いや、あって欲しいなと思っている。情勢やら何やらを顧みないのなら、そりゃみんなそう思うさ。楽しかったもん、クレ落ちとか、朝のリール配列とか……ワクワクしたよね。

 

でもさ、生レバはもう焼肉屋で売ったらダメなのよ。そりゃ納得はできないし、「牡蠣はどうなのよ?」とか色々と思う事もあるけど、それでもダメなのよ。もしも売るのだったら……こっそりやるしかねぇ。

 

最近ではSNSに上がった生レバ画像から、大量の通報が入りスパイ調査の結果、営業停止を食らったお店もあるし、大っぴらにやるとマズイのよ、いや本当。

 

だってダメだって言われているんだもん。それでも、いや取材は正義だ。生レバはソウルフードだと大声で主張するのだったら……まずは議員でも目指せばいい。

 

そうじゃないのなら、(言い方は悪いけど)コソコソやるしかねぇじゃん。何事も調子に乗ったらダメだよ。俺の知っている生レバっぽいものを出してくれるお店は、携帯撮影とSNS禁止を店員から口頭注意されるもん。

 

生レバにせよユッケにせよ。何処ぞの跳ねっかえりのツケは皆が払う事になる。俺の地元に散々来て(当然、広告業なら厳しい地域であり、注意された過去も知っているでしょう)その上で、さらに規制を厳しくしてくれた人達は……

 

一体、何がしたかったんだろう。

 

「業界を盛り上げる」そんなアツい気持ちをもった来店取材班と時代を顧みないホールの皆様のおかげで、私の地域は一時期よりもさらに盛り下がる事になりそうです。名指しされた媒体の人とか、どんな気持ちなんでしょ??

 

それでも俺は正義だったというのだろうか。勿論、遅かれ早かれって所もあるだろうし、それのみが原因では決してないんだけどさ。

 

 

ま、実の所、取材はなくともパーラーフリスクに高設定はあったりもする。

 

ただし、(俺も含め)見えないモノを追う為には、スポットでのカンフル剤になる「取材」ではなく「店舗」への信頼。これが絶対に不可欠なんだよ。生レバ食ったら元気になるってのは、完全に気のせいだからな。

 

CLOSED BGM

ストイックスのテーマ / モーリーロバートソン

スポンサーリンク