【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2018年08月17日

革命の狼煙

最初で最後の大革命。

 

ただし、革命が正しいかどうかは何時だって後の歴史が決める事だ。今の俺らに出来る事は、ホッパーの音を感じ、目押しによって上がる時間純増速度に興奮し、打たなければ感じ取れない打感に酔いしれる事だけだ。

 

お盆真っ最中だが、やってやるよ。というか……設定1だろうと打って確かめたくて仕方ねぇんだよ。『ルパン三世 世界解剖』をさ。

 

何かと話題の機種なので、内部システムを把握している人も多いと思うけれども、おさらいがてらにザックリと説明すると、この機種において最初に目指すのは「ボーナス」を終わらせる事。所謂、通常時が(ややこしい事に)ボーナス中で、俗に言うRUSH中が通常時という一般的な機種とは別の見せ方なので、ボーナスから脱出することで通常時……出玉増加のメイン契機である「HEROSROAD」を目指す。簡単に言えばこれだけ。

 

んで、見た目が通常時のボーナスを終わらせる方法は、大きく二つ。

 

一つは規定枚数の払い出し。いくら見た目が通常時でも中身はボーナスなのでジャグやら何やらと同じく、規定枚数を払い出せば終わり。これが液晶右下に表示されている最大252枚のリミットカウンター。

 

 

245枚/252枚の状態にて15枚役のチェリーを叩き込み、確定された第三停止でのHEROSROAD(以下HR)突入を告げるタイプライター。この「やってやった感」これが第一のルート。ちなみにこれ、チェリーをこぼしていると告知(HR突入)されません。何故なら、ボーナス終了条件は規定枚数の「払い出し」だから。

 

もう一つは、RBによる終了。

 

 

 

異色or同色のRBにてボーナスを終わらせる。ボーナス中にRBと言うと、違和感があるかもしれないけど……5号機初期の機種や『秘宝伝説』『アイドルマスター』なんかと同じだね。

 

これがね。打つ前の疑問だったのよ。ボーナス中のRBは分かる。が、何故に再びボーナス中(見た目通常時)に戻り閉じ込められてしまうのかと。RBが成立したのなら、消化後は当然ながら通常時。この機種でいうところのHRになるはずなのに……。

 

これがこの台における最大の肝。上記した写真にもあるようにRB消化ゲーム数は最大9Gで、消化中は2枚掛け。そして異色RB中のHR突入条件は「最終ゲーム」にリプレイ以外の払い出しのある小役。

 

もし、最終ゲームにリプレイをひくと、当然ながら次ゲームは2枚掛け。

 

ここで言う「次ゲーム」というのは通常時にあたるので、通常時を2枚掛けで回す事になってしまい、その結果、超高確率でボーナス(シレッと停止するリプレイの小Vがボーナス。配当表でいうところの2種BB2成立。転落目と呼ばれるものもこれ。)が入賞し再び、見た目は通常時のボーナスに閉じ込められてしまう。最終ゲームが払い出しのある小役だと3枚掛けが出来るので、ボーナスが成立しづらく無事にHRが消化できる。

 

なので、HR中に2枚掛けで回したらボーナスが成立して速攻でパンクします。ま、わざわざ手入れで2枚入れる奴もいないだろうけど。リノと違って「状態スタート」が見受けられなかったのも、2枚掛けで簡単に潰せるからなんでしょう。

 

そしてHR中はMBを単独やら、(おそらく)1枚役やらリプレイとも重複させる事によってバトルの攻防を再現し、ギャップMBをフルにいかした純増5枚のスピード感……

 

 

スピード感??

 

 

あぁ確かに終わるのだけは、クッソ早いわ。

 

【ルパン三世 世界解剖】

青異色CZ 26回(1/106.4)

黄異色CZ 19回(1/145.6)

異色CZ合計45回(1/61.4)

異色CZ中15枚小役 48/405(8.43)

 

青同色CZ  1回(1/2766)

黄同色CZ  1回(1/2766)

同色CZ合算 2回(1/1383)

 

HEROSROAD回数 10回(1/255.2)

HR中平均MB回数 8.5回(170-190枚程度)

BURST回数 5/1/15/13/2/4/0/1/3/41

 

通常時TVウィンドウキャラ

ルパン10回(27.7%)

五衛門11回(30.5%) 次元15回(41.6%)

 

設定5も見えなくはないけど……この機種の奇数って出率的にも打てないので、奇数が濃いなら(本来なら)撤退がセオリー。今回は納得いくまでHRをやろうと決めていたので41BURSTにて終了。やっぱこの時だけは最高に面白いなぁ。

 

とは言うものの、この機種は一撃性能で戦う機種ではなく、どちらかというと「枚数変動型のノーマルタイプ」といったグラフを描く機種なので「時速4000枚!!」なんていうアホな謳い文句を信じちゃダメだよ。

 

はっきり言って続きませんし、HRが続く要素もありません。

 

が、それでも20BURST(400枚付近)を超えてきたあたりからのイケイケ感。機械任せではなく自分でメダルを出しているという快感。1G当たりの純増をどうのこうのと言う暇があるのなら、1Gでも早く回せばいい。そうすれば時間あたりの純増は高くなるんだからさ。

 

リールを止めてメダルを出す。

 

当たり前の事だけど、それを感じる為にも一度は打ってみて貰いたいし、打つ価値はあるかなと。30BURSTぐらいまで頑張って、ようやく見えてくる面白さもあると思うので、体感しにくいと言えば体感しにくいんだけど……うん、忘れていた感覚だけど図柄を狙ってメダルを出すのってやっぱり気持ちいいんだよ。

 

ちなみに他の点においては全くダメ。

 

MB中でもRBが成立していたりするから気が抜けないし、何よりも俗に言う転落目。これ「転落目=ボーナス(リプ小V)」だから気づいた時にはどうしようもねぇじゃん。期待は全く出来ないが、せめてRB中のバトルでHRを終わらせてくれよ。

 

RB中のリールロックも期待度よりも、ウザさのほうが勝ってしまうし、異色RBの空気感からしてRBが当たる事自体が嬉しくない。これはやっぱり致命的な欠陥だよ。これだけRBの期待度が低いと「RB成立を煽る偉そうな演出=リミット到達を阻止するので腹立つ」という謎現象になってしまうから、偉そうな演出=同色期待度が高いとか……リミットカウンターがマックスに近いなら派手な演出を控えるとか……もうちょい見せ方はあったんじゃなかろうか。

 

周りを見ていても、RB最終ゲームで逆押し一確を狙うなんて最初だけで、途中からは(俺も含め)ろくに画面も見ずに消化しちまっているよ。だって期待できないんだもん。空気でございます。

 

似たり寄ったりの機種の中で、己の道を貫き異彩を放つ。それ自体は本当に素晴らしい事だと思うし、こういった機種が革命の狼煙をおこした事例だって幾らでもある。

 

が、現時点においては、ちと「ロマン」と「色気」が足んねぇ。残念ながら、そう言わざるをえねぇな。

 

CLOSED BGM

Good Feeling / REEF

スポンサーリンク