【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2023年01月22日

挨拶は大事

よし、新年……って「毎度々々遅いんじゃ〜!!」と指摘されそうな日になってから現れる男。

 

 

とはいえ、どれだけ遅くなったとしてもやはり挨拶は大事。改めまして、明けましておめでとうございます。いつも心に飲んだくれ(謎キャッチフレーズ)、あなたのヒロオでございます。

 

 

いやぁ〜、それにしてもご挨拶が遅くなってしまいました。まあ色々ありまして……と言葉を濁すのは簡単なもので、当コラムとは締切が日曜日(一応)であるのですが、年明けの1月1日が日曜日であるということを私がまったく認識していなかったことがまず第一。うむ、アカンですね。曜日感覚と祝祭日感覚の喪失とはロクデナシが必ず持ち合わせている能力、皆様も十分お気をつけください。

 

 

 

(忘年会その1)

 

 

そして、「年末恒例いつものアレ」こと、忘年会、並びにその前夜祭から始まる一連の私的帰る帰る詐欺事案が今年もあったわけですけども。毎年々々年を越しそうになりながらもギリギリで脱出するというギリギリ芸のようなものを例年繰り返していたわけなのですが、なんと、今年はついに年を越してしまいまして。なんで年越しをすることになったんだっけ……。なんか、こう、ズラズラと滞在が延びていって、寝場所もないしさすがに帰ろう〜と思っていたところに寝泊まり可能な闇の小部屋が出現して、そのまま明けた……みたいな感じでしたね。まい○すけっとで酒とつまみを買ってきて闇の小部屋で観る箱根駅伝、なかなか新鮮で面白かったな〜。機会があったら、ぜひまたやりたいな。

 

 

 

(この燻製ミックスナッツはガチオススメ。見かけたら即買いで!!)

 

 

ついでに、今シーズンは忘年会忘年会ぼーねんかいボーネンカイ……と初っぱなから会が続きっぱなしで、いつものお店様たちになかなか挨拶が出来ず。帰還が延び延びになったおかげで出来ないはずの挨拶が出来たのは良かったのですけれども、今年は長居しないつもりだったのになぁ。まあ、これも致した方なしか。挨拶は大事だし。

 

 

 

(忘年会その2)

 

 

そう、何事においても挨拶は大事。そんなわけで、今回は皆様にひとつ、ご報告があります。ここまで私に付き合ってくださっている皆様であればなんとなくお分かりかと思いますが、2017年6月から約5年と半年続けてきた当コラムは、今回を持ちまして休止することとなりました。

 

 

「休止」というと少しはっきりとしない表現な気がしてしますけれど、中の人がそう言ったので、ということで。私的にはあまり内々のことを表では出したくないのですけどもね、中の人曰く「サイトをリニューアルする」とのこと。ただ、当サイトのトップページを見てもお分かりのように、ここ数年間はほとんど何もされていないサイトをリニューアルすると言われても、本当にやるの?? と思うのは当然でしょうし、中の人と長く付き合ってきた私自身でもそう感じます。

 

それもあり、中の人とも何度も色々な話をして、再開の条件を設定することにしました。それが満たされれば私はここに戻ってくるでしょうけれど、満たされなければ、このままネットの海に消えるかもしれませんし、どこか別なところで書くのかもしれません。これに関しては、現状ではまったくの不明、まったくの未定であります。

 

 

そういえば、いま思い返してみれば、この「ヒロオ」という名前ともずいぶんと長い付き合いになりました。この名前は本名ではなくて、とあるサイトのブロガー募集に応募した際に1分くらいで考えた名前なのですが……まさか、まさかここまで長く名乗ることになろうとは。私の敬愛する先輩(サ)のように、パチンコパチスロブログを他でやっていた人なら本名と異なる名前でも使い慣れているのかもしれませんけどもね、私はそういうものをまったくやっていませんでしたので。リアルで、現実世界でその名前を呼ばれ、また、その名を名乗ることになった初めて日は、なんとも不思議な気持ちになったものでした。

 

今では呼ばれ慣れた、名乗り慣れたこの名前を付けた当時の私は28歳。その日からもう十数年も経って……私もだいぶ歳をとって、パチンコパチスロも大きく変化しました。スマスロに続いてスマパチの導入も今後控えていますし……ああっ、スマパチのコラムを書き忘れたっ!! わりと真面目に色々考えていたのにっ!!

 

 

 

(節目のコラムなのによく考えたらパチンコパチスロの画像を1枚も入れていなかったことに気づいたので半ば無理やり挿し込みました)

 

 

さて、そろそろ時間が来たようです。これまで一緒に飲んでくれた皆さん、私の好き勝手に書かせてくれた運営さん、そして、これまで私の世界に付き合ってくださった読者の皆様、本当にありがとうございました。いつか来るであろうまたお会いできる日を楽しみにしつつ、当コラムはこの辺で、一旦閉じたいと思います。

 

 

それでは、いつかまたどこかで。

ヒロオでした。

スポンサーリンク