【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年11月03日

最近の状況について思うこと

作業と籠もり稼働ばかりやっていた期間も最終盤。週イチで往復していた行程も、あと一回で終わりです。

 

これだけ長く籠もっていると、地域のことや人のこともやはり見えてくるもの。それにプラス、終盤は少し動いて人と話をしたり、地域に訪れてきた人と情報交換をしたりしたりもして、色々と見えてきたこと、感じたことなどもあったりなかったり。今回は、最近のそのあたりの諸々について私流に語る回であります。

 

 

 

(もてなし飯。メガニと出汁巻き玉子)

 

 

まず、地域に長くいて感じた点としては「何をやっているのか今ひとつ分からない人」が前より増えたな、ということ。私も稼業が長いので、いわゆるパチプロで知った顔が結構な人数いるわけですけれど……もちろん、頑張っているなぁと思う者もいる。狭い地域で、やれそうな店も少なくて、それでも手を替え品を替え凌いでいる(ように見える)者も何人かいます。ただ、以前は同じく頑張っていたようなのに、最近ちょっとよく分からない行動をしている者も何人か見かけるようになり。

 

「ちょっとよく分からない」というのは期待値的に謎行動という程の意味ではなくて、「えっ、それやれるの??」 というくらいのものをやけに打っているという意味。実は物凄く回るとか玉が取れるとかの可能性もまぁなくはないよな〜とも思いましたが、近いものを打った友によると「そんなことはないよ」との話。う〜〜〜ん、それは本当にやれているのか……??

 

ということを、稼働範囲が日本全国であるパチンコ・モンスター氏にしてみたところ、「そういう者をいろんな地域で見かけるようになった」との話。それゆえ、当地域だけでなくわりと広範囲で見られる現象のようなのですね。

 

それと関わりがあるかもと思えることとしては、ここ最近パチプロ衆が他稼業(他業種、とは言わない)に参入、または副業としてやり出す人が増えた点。パチンコパチスロは現状も厳しく、しかも先も細っていくのが簡単に予想される世界ですし、そうなるのも当たり前といえば当たり前。パチプロがみんな自販機でラーメンを売り出す未来も、すぐそこに来ているのかもしれない。売るのはひとまず置いておいても、アレはちょっと食べてみたい。ウチの近場にないんですかね??

 

ということで、当地域のちょっとよく分からない、ほぼ暇潰しのようなパチンコをやっている面々は多分他稼業をしている……のかなぁ?? そういうふうにもあんまり見えないんだけどな。まあ、他人は他人、自分は自分なので、別に何をやっていたっていいのですけれどもね。

 

 

 

(もてなし飯その2、内陸風芋煮。里芋がちゃんとしたもので、そこがとても良かった)

 

 

次に、そこそこ近くでリニュー的なモノがあったため、そこへ行ったときのこと。そこで色々な地域のグランドやリニューで何回も会ってきた開店屋の子と被ったので、少し話をしたのですが。

 

その会話の際に、最近あんまり外出てないよ〜近場で2,000円(=時給2,000円という意味)くらいの台やってたよ〜みたいな話をしたところ、「2,000円あるなら十分じゃないですか〜!!」みたいなことを言われ。いえ、まあ私は2,000円でも十分なのですけどもね、高値の最前線を渡り歩いている人間にそんなことを言われると、あれ、前線の値段も下がってきたのかな……なんて思ったりもしちゃいまして。実際、私がここ2ヶ月間あまり動かなかったのも、遠くに行っても値段がそこまで変わらなかったりするからですしね。う〜ん………なんか暗い話ばっかりだなぁ。

 

 

 

(もてなし飯その3、飲みのシメラーメン。スープの胡椒加減がちょうどよくてシメには最高)

 

 

最後に、これはこの期間でだけでなくて、日頃の全国パチプロ衆とのやり取りや、先日の旅行のときにみんなで話をした際にも思ったことなのですが。これについては私も、先出のモンスター氏も、敬愛なる先輩(サ)もみんなみんな、認識が共通していましたね。

 

それは何かというと「田舎は厳しい」ということ。ここで言う「田舎」の定義が非常に難しいのですが、まあ、簡単に言うと「ある程度の街以外」になるのかな。もちろん、例外もなくはないだろうとは思うのですけれども、過去に比べればその例外の数も極めて減ってきているのだろうな、と。

 

私なんかも田舎生まれの田舎育ちですんで、田舎のパチンコ店の状況は他の人より知っていると思いますが、まず、人がいないですからね。ただでさえ人口が減っていて普通の施設ですら人が少ないのに、パチ屋なんてましてやまして。人が来ないパチ屋は、多分わりと何も出来ません。街の人口自体も少なく、パチンコ人口も減っていて、それで田舎にただ「在る」だけの店は、なかなか頑張るのも難しいのだろうなとは感じます。

 

つまり、パチンコもパチスロもある程度都会でないと勝ち続けていくのは厳しいし、それは今も、そしてこれからは多分なおさらそうなっていく。しかも、この傾向はどんどん進んでいって「ある程度」の文字もいずれなくなっていくのかな、と……。

 

そうなると、これからは「居」を置く場所が重要になるのかもしれない。そんなことを思いながらも田舎から動こうとしない男。でも、「次」に居を動かす時が最後かもしれない、とは少し感じていますね。なんとなくですが。

 

 

う〜〜〜ん、良い話がひとつもないないなぁ。スマパチスマスロは控えていますけれども、今のところはどう見ても良く見えないし。とりあえず制限期間も程なく明けるので、ひと通り見てみて考えますかね。

 

 

といったあたりで、また次週。

スポンサーリンク