【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年09月11日

スマート遊技機とは何が違うのか

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

前回はスマート遊技機について少し批判的な内容も書きましたが、当然プラスな面も多々あります。今回はそういう側面から見ていきましょう。まずはスマートパチスロ、メダル投入が無くなる分、当然遊技のスピードアップが期待できます。そしてメダル持ち込みゴト自体が不可能になりますよね。メダル投入が無いのですから。これは意外とバカに出来ない効果があると言えるでしょう。あとは内部にホッパーが無くなり当然ンメダルも無いという状況になるので、機械の重量が軽くなると思われます。そして騒音問題。家スロを楽しむ人ならわかると思いますが、ボリューム機能付きのパチスロを購入しても問題はそこではなく、ホッパー払出音が最大の騒音だったりします。これがスマートパチスロになることで問題解消になりますし、そのような音が無くなると遊技機の音量もそこまで大きくする必要が無くなるので、ホール内が静かになるといえます。パチンコも同様に補給設備が無いので静かになりますよね。そして古い店ではよく見るのですが、補給が降りてこないで玉詰まりになる。これもスマートパチンコなら玉が循環するので起きませんよね。パチンコ玉の流れる音が軽減されるだけでもかなりホール内の音は静かになり、結果として遊技機の音量も下がると思います。

 

それでは遊技機に接続するユニットのほうはどうなっているのでしょうか?カードの取り扱いは既存の各台計数システムで用いられているカードユニットと変更はない模様です。そして店舗内のカード会社と同じカード会社のユニットを使う場合には、CR機、メダル機、スマート遊技機混在でも1枚のカードで遊べる模様です。そして貸出、返却ボタンは今までの遊技機側からユニット側に設置となり、遊技機側には新たに「計数ボタン」が付くみたいです。あとは少ないとは思いますが現在のCR機で光回線を使用していない店舗は光回線の開通が必須になる模様です。出玉情報が毎日監視できるようになるという事で過度な出玉の塊を作る機械の抑止力効果にもなることが期待されています。あとはやはり近年の新型コロナウイルス感染症でも気になるポイントだった、玉、メダルに触るという部分。スマート遊技機になればパチンコ玉、パチスロメダルに一度も触ることなく遊技可能になりますので、非接触での遊技が可能となります。またスペックの幅が広がると言う事は、それだけ様々な機械の開発が可能になるという言事で、ヒット機種の出てくる可能性としては今より高まる、ということです。その一方でファンの中にはスマート遊技機でのスペックアップの恩恵を受けないAタイプのファンも一定数居ます。そういう部分やユニット部品の供給の問題もあり、当面は「Aタイプ」「メダル機」「スマート遊技機」とパチスロは3タイプの併用になっていくと思われます。

 

CR機になる時も、一斉にCR機になったお店はほとんど無く、CR機コーナーを作っていき、そこから増台、増台と普及していきました。現金機島が残っている状態から少しづつ、社会的不適合機の撤去もありながら徐々にCR化していきました。結果としてメーカーが現金機を発売しなくなったことでオールCR機での営業にせざるを得ない状況になりました。今回はどうなのでしょうか?やはり依存症対策、射幸性対策を前面に押し出してのスマート遊技機登場ですから、それを否定することは当然、射幸性の抑制や依存症対策を否定することになり、導入は進むと思います。問題は部材不足でどこまで供給できるのか?という部分。ここが懸念されていますが、実際CR機が登場して盛り上がり始めた頃の半分以下の店舗数しかもう残っていません。1店舗あたりの設置台数が違うとはいえ、当時とは製造能力も違うと思います。結果、存続する店は導入し、閉店を視野に入れているお店は全く導入しないなんて感じになるのではないでしょうか? スペックの面でもCR機を思い出してもらえれば、当初は焼き直しのような機械からのスタートでしたが、その後に出てくる機種がヒットして一気にCR機化が進みました。今回のスマート遊技機もやはり遊技機の中からヒット機種が出た時、スマート遊技機用のユニットが無いお店はすぐに導入できないので、今からスマート遊技機を利用しているお店が更に差を付ける要因になるのかと思います。そして新規店舗。現状のスマート遊技機が市場に無い状況では、お客様の支持されるのかがわからない状況での新規出店は非常にリスクになりますが、ヒット機種が出たとなれば現在の様に島設備、玉研磨機、玉、メダル、メダル洗浄機、メダル自動補給、自動回収など、新規店舗の場合にはスマート遊技機専門店の場合にはかなり今よりコストダウンして出店できます。

 

そういう状況になってくると初めてお客様にもメリットが出てきそうですね。新規出店には何十億ものお金がかかるところが、数分の一で出店できるようになれば当然出せるわけです。もちろん当初スマート遊技機のユニットを導入しなかった企業はそうなったらゲームセットですよね。逆に新規出店が有利になるので、新規出店の資金力が無い場合は有利な状況を生かせないですよね。むしろ既存店舗に設備投資をしていくよりも新規店舗なのかも??? ただ、この業界で不安なのは業界人がこぞって「これは良い!」というものは、ことごとくハズレてきた過去があるんですよね。スマート遊技機、パチンコパチスロの変革のきっかけにはなるのかもしれないけど、CR機当初と同様に、第一弾が大コケして、導入を推進するために内規で更に射幸性の上がった機械が出たり、メーカーがスマート遊技機しか作らなくなったりと、そのような要因が無い限り普及しないかもしれませんね。だって「リ●」や「刃●」がスマスロになっても、市場が大騒ぎするほど盛り上がる姿を想像できないんで……。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク