【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年08月05日

韓国旅行してきたよっ!その2

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

さて、先週は若者の町「弘大」でまずはユッケにサーモン!なんてスタートでしたが、皆さんが疑問に思うのが多分、「韓国ばっか行って何してんだよ?」という部分だと思います。やはりそこは年齢とともに変遷があり、20代の頃は正直「女性」にも興味があり、そういう方面も体験しています。しかし実際に韓国旅行の頻度が高くなってからは、ほぼ「観光」および「うまいもの食べて飲む」この2点です。人によってはカジノが大好きな人も韓国旅行の頻度が高まります。そして今はセガサミーが出資する「パラダイスシティ」があるのでなおさらです。ですが私はカジノには興味が無く、実体験も東遊商の旅行に紛れ込んだ時に、名目が「カジノ研修」だったので仕方なく最低限遊んだだけで、それ以前もそれ以後も一切体験していません。余談になりますがこの東遊商の旅行というのは、業者さんの団体「東遊商」という団体の旅行でした。私がこの団体の業者さんに「カジノもゴルフも興味ないから、ソウルを案内してくれるのなら、ウチの社員として無料で旅行連れて行くよ」と誘われたので、「ハイ!喜んで!」と二つ返事で付いて行ったからなのです。

 

韓国で免税店で大人買いしたり、江南のブランドショップで爆買いしたり、みたいな旅行は私にはまったく案内出来ないのですが、韓国の庶民が使うようなお店や屋台でおいしいものを食べて飲んで、みたいなのでしたらそこそこ引き出しはあると思います。この時はドラム缶焼肉のお店を案内したのが一番のヒットでしたね。こんな感じで立ち食い焼き肉専門店で、メニューは肉と飲み物しかありません。必然的に入店すると韓国なのでおかずとしての青とうがらしに味噌、ニンニク、そして特製の焼肉のタレが出てきてまずは人数分の肉が出てきます。メニューに肉しか無いので当然ですね。そして肉の追加は1人前から可能!飲み物はサイダー、コーラ、ビール、焼酎を勝手に冷えている冷蔵ケースから持ってくるスタイル。もちろんそのようなお店なのでオシャレ厳禁。臭いの付いても良い服装で行きましょう。ところが今回は残念ながら街の再開発に引っかかってお店が休業中との事。雰囲気だけでもということで昔の写真を貼っておきますね。

 

 

 

そしてまた私がその時に案内したのが「広蔵市場」の中にあるユッケ通り。ユッケ専門店が密集している一角です。だいたい訪韓時の3回に2回は行くお店をその時には案内し、こちらもドラム缶焼肉に次いで好評でした。やはり韓国なので、キムチや牛テールスープは無料で付いてきておかわり無制限。そしてユッケにイイダコを生きたままいれた奴も注文して大皿なので4人でシェアしました。韓国での外食は1品の量が多かったり、1人で入店しても注文は2人前からだったりするのでなるべく大人数で行くほうがコスパ良いです。今回はせっかくホテルも弘大にチェックインしたので広蔵市場には行かずに弘大で先週のコラムのようにユッケを食べた訳です。なので広蔵市場のユッケとユッケナクチタンタンイ(生きたイイダコ入り)の写真を貼っておきますね。

 

 

と、昔話は置いといてユッケとサーモンを食べた後はヤンニョムチキンのお店へ。韓国ではチキンは非常にポピュラーでチキンとメッチュ(ビール)でチメッという造語まであるくらいです。2軒目という事でチキンの店に行き、生ビールとチキン…ですがチキンの一皿がデカい!!! 昔なら余裕だったのでしょけど、寄る年波には勝てずに全部は食いきれませんでした(汗)

 

 

こんな感じで私はこの5~6年はガイドブックなどに頼らず美味しそうと思ったお店に突撃して新規開拓!というスタイルの旅行ばかり。ビザ申請の際に2016年~2021年までの訪韓回数を書く欄があったので数えてみたら10回もありました(笑)コロナで旅行できない期間を考慮すると年3回以上になりますね。カジノは興味ないと言いましたが、当然のように韓国競馬、韓国競輪、韓国競艇は体験済みです。やはりガイドブックにあまり紹介されていないので楽しかったですね。さて、チキン屋さんではチキン完食できませんでしたが、飲む方は韓国焼酎をまだ1本も飲んでいない状況だったのですこぶる元気。3軒目を探して徘徊することにしました。このような時、本当にスマホって便利ですよね。翻訳で活躍するのはもちろんですが、GoogleMAPさえあれば迷子の心配も皆無ですからね、電池消費するけど。そして旅行でよくあるのが、「あの店良かったんだけど、寄っていて場所分からない。もう一度行きたいけど生き方わからない」って時。GoogleMAPで位置情報を入れておけば後からお店の情報や場所もわかるので再訪もラクラク。国内では位置情報をOFFにしている私も海外では大抵ONにしています。ぜひオススメです。そんな感じで弘大の街を徘徊しているとオープンテラスでも飲める「YELLOW PUB」というお店を発見して突入!今思えば入店前にスマホがあるのだから検索して口コミとか見れば良かったのに、なんて思いますが、旅先ではインスピレーション、大事です(笑)

 

 

 

まずはモヒートを頼んだのですが、これが大当りでとっても美味しい。私が日本人とわかるとお店の社長が出てきてくれて、「私も日本が好きで何度か行きました」と大阪での写真など見せてくれました。そして、「政治の問題で日本からの観光客が減るのではないかと不安だった」とも言っていました。やはり日本を好きな韓国人と韓国を好きな日本人はわかりあえるみたいで仲良くなり、写真を一緒に撮ったり、1杯サービスカクテルを頂いたり、楽しい時間を過ごせました。それだけでなく、別のテーブルに居た東大門のバイヤーの方とも色々話が出来て、楽しい時間でした。私が旅行で求めているのがこのような現地で気取らずに交流できる時間なのかもしれません。だから高級店では無く大衆的なお店とかにばかり行くのかもしれませんね。翌日は望遠市場からの望遠漢江公園という予定なので、4軒目は行かずにこの日はホテルに戻りました(笑)

 

それではまた来週!

スポンサーリンク