【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年06月26日

枠の需要が上がっているみたいですね

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

パチンコ、枠の価格が高騰していますね。SANKYOさんの枠なんて、新台販売が圧倒的に盤面販売な影響もあり、今まで見向きもされなかったような中古機までが価格高騰しています。要は枠を持っていないと新台導入できないからなんですが、これも部材不足の影響です。三洋さんのお盆明けに出るPA新海物語も旧枠に当たる「マリンシェル枠」を使って、本体と盤面での差額を大きく取っているのも新枠では枠の製造に使える部材が足りないのでしょう。ネットでも色々情報が出てきているように、スマートパチンコ、スマートパチスロなどのスマート遊技機の導入の噂が見えてきています。これも私が「噂」という言い方をするのはこの部材不足の為に予定通りになるのか不明だからです。

 

その三洋さんから9月導入予定でPA元祖大工の源さん2が発売されます。これは丁度前作の検定切れの時期、というのもありますが、9月から11月に向けて全国平均の稼動が下がる時期ですので、甘デジの発売が増える事も多い時期なのです。今回も2回ループスペックで出てくる源さん甘デジ、1/3突入も同じで「元祖」と付くだけあって初代の大工の源さんを遊技したことのある世代には、やはりわかりやすいですよね。最近特にパチスロなど、「何か難しい」という声を年配者から聞きます。この機種は内部的には10000回時短を組み合わせたりして難しいですが、遊技する人から見れば「1/3 2回ループ」という感じで非常にわかりやすいので良いのでは無いでしょうか?

 

甘デジの導入はどうしてもリユースでの導入が増えて、一度見た演出の焼き直しが多い甘デジですが、その影響なのかは知りませんが某ホールコンピューターメーカーの行ったオンラインセミナーでは、現在投資効率が良いのはパチンコのハイミドル1/319のスペックということになり、1月までの旧基準機撤去の機械代負担の影響もあり、どうしても甘デジには新台があまり導入されず遊技時間を見ても1/319のハイミドルにお客様の人気が集中しているのがデータが出ているみたいです。昔は「甘デジ専用機は鉄板」なんて言われたころもありましたが、やはり同じ価格では甘デジよりもハイミドルを買った方が売上も稼動も伸びて集客にもつながりますよね。特に最近のハイミドル機の出玉性能は出玉スピードも速くなり、CR機を超えた!なんて思うお客様も増えているのでは無いでしょうか?

 

やはりこの秋はお客様もホールも、新台入れ替えが減ってしまっている甘デジのテコ入れよりも、パチスロ6.5号機に期待が集まるのでは無いでしょうか?確かに6.5号機、スペックを見れば見るほど今までのスペックから大幅に改善された出玉性能を持っているのですが、6号機の法律が変わった訳では無く、あくまで内規変更なのでお客様が求めている「時間効率」というものが改善されていません。あくまで差枚数での有利区間2400枚なので、出っ放しになった場合には今までの機械の2400枚以上の出玉が期待できます。極端な話、前日から2600枚吸い込んでいて設定変更もされていなかったら、一撃5000枚も可能になります。それは良いのですがその5000枚を出すのにかかる時間の問題は解消されていないんですよね。

 

パチンコのほうはどういう訳か時速●万発!というのが当たり前の時代になってしまいましたが、昨今のパチンコ、パチスロは規制された中でどうやって出玉を出すのか?そこにばかり注力しているような気がしてなりません。全ての人が余暇時間をパチンコ、パチスロには使えないのですから当然遊技出来る時間によって遊ぶ機種が選べるのが健全な形だと思います。しかしながら現実はジャグラーなどをのぞいては、「大当りを引いてもそこからどれだけ時間が掛かるのかがわからない」という機械ばかりです。既にパチンコ全盛時代に当たり前だった、「昼休みに一勝負」とか、「営業の合間に次のアポまで時間が空いたから勝負」なんていう短時間で遊技する人たちが軒並みパチンコ、パチスロから離れてしまっています。正確には離れたくて離れたのでは無くて、そのような楽しみ方が出来ないスペックばかりになってしまったのです。

 

射幸性が、という問題もありますが、昔は色んな種類、羽根物から権利物まで店内でお客様が遊技時間や予算に応じて選べる環境でしたよね。6.5号機、業界人側から電卓をたたけば確かに大幅な規制緩和なのですが、このような理由でもう少し丹治加入着のお客様の事も考えて欲しいですね。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク