【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年05月01日

777Beacon

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

表題のもの、スリーセブンビーコンと読みます。これはパチンコ、パチスロで有名なサミーさんのグループ会社「株式会社サミーネットワークス」が仕掛ける施策です。ビーコンとはBLE(Bluetooth Loe Energy)の信号を発信する端末で、このビーコン端末の情報と信号から個体を正確に特定して様々なサービスを可能にするものです。位置情報などの取得にはGPSやWifiがよく使われますが、このビーコンを使うことにより、電池内臓なので電源も必要とせず、直径5センチなので場所も取らずにBluetoothから情報を取得が可能になります。GPSも携帯電話に機能として搭載していますが、非常に電池を消耗するために普段は携帯電話のGPSを切っている人も結構いるのではと思います。

 

広範囲ですとGPSが良いとか、店舗のような狭い空間ではビーコンが良いとか様々な環境下において特徴はありますが、現在ほぼすべての人が携帯電話を所持しているような状況で、携帯電話からの情報を取得することによって自店への来店分析に生かしたり、この仕組みをどこのパチンコ店も導入した場合には商圏エリア内のユーザー行動分析にも使えます。そしてビーコンに接触したユーザーに対しての専用広告をスマートフォンに飛ばすことも可能になるため、現状広告宣伝規制で不特定多数に見てもらうには適さない内容も多いかと思いますが、これならビーコンに接触した人のみが対象となるので「不特定多数」というものに含まれないのではないか?と私は思います。(行政の見解ではなく私の私見なので、当コラムを読んで過激な内容を将来的に配信しても私及び当サイトは一切責任を負いません)

 

このビーコンから受け取る情報をもとに、まず可能なのが自店ユーザーの分析。「来店回数」「来店頻度」「滞在時間」をデータで可視化します。また新規とリピーターの属性訳も可能となり、自店分析に非常に有効となります。リピート率、店舗支持率、平均滞在時間、来店頻度などのデータがスマートフォンからの情報をビーコンで集めることにより正確に上がり分析に役立つようになります。ビックデータと言うものはやはりデータの量が大きくなってこそ威力を発揮しますので、この店舗支持率などの精度を上げるにはやはり、ビーコン導入店舗数を増やすのが一番で、導入店舗数が増えればダイコク電機さんのSISデータのように業界標準となってそこから様々なビジネスにつながる可能性も見えてきます。なので現在、ビーコン1個を無償提供しての設置店舗拡大にサミー営業マンを通じて務めているようです。

 

導入店舗のメリットでビーコンに接触したスマートフォンに広告をPUSH配信出来るというものがあります。これはあくまでもビーコンに接触した人でないと配信出来ないのですが、逆に言えばこのビーコンが日本中のお店に設置されていると仮定すると・・・ ライバルの〇〇店に入店したお客様に向けて、自店の広告をPUSH通知配信で送ることも可能になります。別会社の食堂のクーポンを送るなんて使い方も出来ますね。色々使い方次第では発展性のある仕組みだと思います。現在はまずは普及させるのがサミーネットワークスの目的でしょうから、初期費用0円!ということで営業マンが案内していたりECサイト上で説明していますが、こういう時になるとやはり営業マンを減らした影響と言うものが出てきますよね。DMMぱちタウンの初期のように高額歩合で営業ローラー作戦、なんてことをすれば普及に時間はかからなそうですが、お金が掛かりますからねぇ……。

 

本来であれば今月から「自店への来店分析」と、「専用広告の配信」が開始される予定でしたが、来店分析機能において一部データ異常が見つかったとの事で、サービス提供は5月以降になる模様です。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク