【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年02月21日

コロナ禍での休日

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

昔からの読者の方であればご存じのとおり、私はだいたい年3回程度は韓国旅行に行っていました。振り返れば20代前半の頃、店内で必死にヤクルトを配布してその年間売り上げに応じて旅行がプレゼントされていた時代(今もあるのかわかりませんが?)に、社員旅行としてそのヤクルトからもらった旅行に行かせてもらったのが最初でした。仕事場では留学生と接し、旅行でソウルに行き、「あれ?報道で知る韓国と違う。人々は優しいし、」なんて感じでハマッていったのが始まりでした。20代の頃はまだ仁川空港も無い時代、ツアーを使えばよいのですが、1人での旅行となるとツアーは一人部屋料金がプラスされるので割高になります。自分で手配しての旅行でした。今考えれば若いから出来たんでしょうね。いくら現地に一緒に働いた留学生が居たとはいえ、一人でまともに言葉も出来ない状態で旅行するなんて(笑)

 

当然何度か韓国に旅行するうちに、日本と同じで人により悪い人も居るんだなぁと体感することもありました。そこらへんは11月にも触れているので興味があればバックナンバーで(笑)

さて、このコロナ禍で何をしているのかというと、ズバリ、何もしない引きこもりの休日が増えました。昨年末はオミクロン株が流行する前で収束の予感もありましたので、神田の居酒屋で酒を飲んだり楽しんだのですが、年を明けたらオミクロン株……。自店のお客様も少しづつ戻ってきていたのに、あっという間に1ぱちの海のお客様を中心に稼働が落ちました(涙 当然マスク着用での入店をお願いしたり、店内は光触媒施工をしてあったり、入店時にアルコール消毒してもらったりと「安心安全」な遊技空間を提供しているわけですが、店内がそうでも接するスタッフや私が感染したら何の意味もありません。なので休日も「もしも…」なんて考えると必然的に出かけられなくなります。

 

これはパチンコ店の店長があまりお店のそばの居酒屋やキャバクラなどに行かないのと同じかもしれませんね。多分大丈夫なんだけど、確率が1%でもあるのであれば、念には念を入れて近づかない、そういう感覚と同じだと思います。そうしたら何をしているのか? というと必然的に楽しみが「食べる」「飲む」「寝る」なんて感じになってしまいます。この食べるはGOTOイートの食事券を使い外食したりするのもそうなのですが、独身生活が長いと必然的に自炊回数も増え、こだわりも増え、料理が上手になってきます(笑) 先日はトッポッキにインスタントラーメンを入れたラポッキを作り、納豆をトッピングして食べました。やはり自分で作るか、本場の韓国料理屋に行かないと一般の焼肉屋レベルの辛さでは「辛くないな」なんて思ってしまうので、今回はモランボンの商品を買いました。ちなみにモランボン、業界人なら知っていますが有名な競馬の馬のオーナーで、ダービー馬のオーナーでもあります。そしてモランボンというとわからないかもしれませんが、「さくらコマース」という名前は聞いたことがあるのでは? 食品スーパーを府中市中心に営業していたりもしますが「スパークル」の屋号のあのお店も経営しています。

 

 

 

まぁ、話がそれましたがモランボンさんの商品は結構自分も好きで、チャプチェ作ったりもしていますが今回はラポッキ。映画などでは面倒なので鍋のままみんなで食べたりしてますが、一応皿に移して(笑) 本場の味で違うのが辛さ! 唐辛子が違うのでしょうか? ただ辛さで味を誤魔化しているのではなく、美味さもある辛さ。それでいて辛さもキッチリ! 今回は納豆をトッピングしたのですが、それでも辛くて焼酎が進みました。こんな感じでコロナ禍の休日、家に引きこもり、Amazon prime videoを見ながら飲んで食べて、なんてのが多いんですよね。外で飲めば「終電が…」とか「お金が…」とか「閉店です」なんて理由で区切りがつくのですが、家だとそうはいきませんよね。2年前からそうですが、まん防や緊急事態宣言が出る度に家での酒量が増えます(笑)

 

すでに濃厚接触者になってしまった方などは大変だったと思いますが、職場としても濃厚接触者を自宅待機させないとお客様にも迷惑が掛かるし、なにしろ他のスタッフが出勤を嫌がります。そして人数次第では営業に支障が出てきます。可能性は低くても、0で無い以上は備えておかなければならず、結果として引きこもりの休日が続いていくのです。おかげで料理の腕だけは日々上達し、ツマミが美味いから飲み過ぎるという無限ループを繰り返す。早くこのコロナ社会から脱却したいですね。パチンコを打ちに行くというのもアリなのですが、いくらパチンコ店が安心安全だと働いていて知っていても、田舎は東京にいた頃とは比べ物にならないくらい狭い社会。夕方仕事が終わってパチンコ打ちに行って、出して帰ると翌朝一番で来店のお客様が俺が出したのを知っている…なんてのは一度や二度ではありません。このコロナ禍の時期、別に何も起きなければ良いのですが「もしも」を考えるとパチンコ店の店長としてあまり不要不急の外出はしないほうが良いと考えるのです。結果休日もつまらない休日になりますね。国内温泉一人旅でも良いので、早く気軽に旅行に来たいなんて思っています。ある意味仕事と家の往復で健全ですね♪

 

それではまた来週!

スポンサーリンク