【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年02月16日

シャクであります

シャクであります。なんともシャクであります。ここで「癪に障る」とかいう言い方をしちゃうと、なんだか凄く気分を害しているような感じになる気がしたので、シャクであるぅぅっ!! くらいのノリにしておくのであります。

 

 

 

 

この日の私はわりと近所でパチンコを打っておりまして、たまに近所のラーメンも食べたいな~と、なんとなく思ったわけなのです。その感情を受けて色々と調べてみたところ、少し前に食べたなかなか良かった店の支店が近くにあって、サイト等々で調べてみた雰囲気ではなかなか良さげだったわけなのですね。

 

んが、実際に行って食べてみたらこれがビックリ。スープこそ出汁がそれなりでそこそこなお味であるも、麺は茹でが甘いのか何なのかだいぶ微妙な感じで、チャーシューが非常に美味しくない……というか物凄くマズい……。私は基本チャーシューで是とか非とか言わない系なのですけどもね、ここのはさすがにヤバいだろと思いました。健康診断を受けてコレステヤバいマンになって以降、一応ラーメン頻度を減らしている(つもり)のに、その少ない機会をこれに費やすのは大変シャクであるぅ~っ!!

 

まあ、一番シャクなのは色々なものに目を眩ませられて選んでしまった自分に対してなのですけどもね。ちゃんとやっている感じさえあれば私もここまで酷評しないのですが……うん、私ももっとちゃんと選らばなアカンですね、と改めて。

 

 

 

 

使い回しか~い!! と言われそうな抽選8番、もちろん、これは先日とは別な店で引いたもの。引っ張りパワーに関しては最近やたらと強い男。

 

で、何故に珍しく朝もはよから番号引っ張り選手権大会に参加したかといえば、この日この店がとある外注イベントの開催日で、それが「初開催だとかなりアツい」系統のものらしかったから。

 

せっかく近くにいるのだし、この店なら力の入れ所も大体分かるし……ってことで参戦してみたら100人超の参加者に対して8番ドン。感心なことに前日の下見もしていましたので(←真面目な人なら普通です)、これはもう貰ったなと、今日の稼働は完璧だな、と思ったわけです。

 

んが、早番を活かして座ったド本命の一部たる『マイジャグラーⅤ』は見事ド爆死、その後にちょいちょいと触りながら様子を見るも良い気配がまるでなく、やるものが無くなったため別店にて保険台を動かしつつデータを監視してもなお良い気配がまるでなく……。保険打ち切り後に見に行ってみると、一応中間設定は多少使ったのかな~的な、煽りに釣られて行った層からすれば、まぁまぁ惨劇な状況となっておりました。

 

おいこらぁ~ちゃんとやれや~おめぇ~よぉ!! という気持ちも確かなのですけど、よくよく考えたら昔はこんなんなんてまぁ当たり前だったっスよね。それも思い出しつつ、結局は至らない自分に対してシャクであるな、と。うん、考えを進めれば、一応避けられた可能性はあったかな。

 

 

まあ、いいのですよ。上で挙げたシャクなことなんてぇのはある意味今回コラムのために考えたようなものなので……って、まあ一応シャクであるのは事実なのですけれど。本当にシャクなのは、わりと最近になってから何故か解禁された「外注イベント」的なアレに関するあれやこれやです。

 

外注イベントをやる。わーーーっとお客(狙い手)が来る。パチスロに設定を入れる or パチンコの調整を良くする。狙い手がそれを取る。常連は取れない。そして回収は常連へ……というスキームは非常に良く聞きますが、それは別にいいのです……って、まあ全然良くはないのですけども、そんなんは当たり前に分かり切っているはずの話なので、とりあえず置いておきます。

 

外注イベントをまだやっていなかったときのここいら辺を知っている者として言えることは、それ以前に比べて開催店のお客さん=狙い手は間違いなく増えました。こんなにどこに隠れてたん?? と言いたくなるくらい、抽選参加者の人数は増えました。ウチの近所とは場所が場所、地形が地形ゆえ、そこまで外部からの流入者もいないですし、というか逆に私が流入者のようなものですしね。そう、私とは近所に何かがあるときだけ逆流してきて蹂躙する男。すまんな(ペッコリ)

 

ただ、この流れを見てきて思うのは、このくらいのものなら外注イベントがなくても出来たんじゃね?? ということ。そりゃあまあアピール度は違うのでしょうけどもね、別にそれを使わなければならないほど凄いことをやっている、というふうには、私の目には見えないのですよね。

 

実は今までも凄かったけれども知られていなくて、それが外注イベによって周知された。それならいいのですが、まあ、ほぼ間違いなくそんなことはないです。単純に「今までやってこなかった」だけです。そのやってこなかった地域の店が外注解禁を機にやるようになったのですから、打ち手としては喜ぶのが当たり前なのかもですけど……どうにもなんだかなぁ?? と思ってしまう。今までだってやれたはずなのに、なんでやってこなかったの??

 

それが、とてもシャクなのであります。外注イベによって良くなった。それはやり方のひとつであって、お客さんのほうを見ているのではなくて、「理由」と「言い訳」が欲しかっただけじゃないかなと思ったり。これまで当地域が全国的にで見ても厳しいと言われ続けてきたのは外注イベが禁止だったからでは決してなくて、他に理由があるのだということをよく考えてもらいたいですね。

 

今、当地域の人たちは何を考えているのでしょうね。外注イベントをやっているからお客さんがいっぱい来てわっしょいわっしょいと思っているのなら、まあ、変わらずそれまででしょうね。

 

とはいえ、私が何を言ったとしても当地域は変わらず、そして外注イベントはどんどん頼りなくなり、おそらくは近いうちに、かつてとあまり変わらぬ状況になるでしょう。これは果たして当地域だけに見える未来なのか……。業界の人間でなくともパチンコパチスロで生きている者として、そして打ち手のひとりとしては、栄えてほしいなぁとは常に思っていますがね。うん、シャクだなぁ。

 

 

長い話でした。

 

ではまた次週。

スポンサーリンク