【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年02月13日

パチンコは色々面白そうなスペックが出てきますね

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

コロナウイルスも今度はオミクロン株って、長すぎますよね。なんとか撤去問題の1月末を乗り切り2月も業界人継続出来たわけですが、パチンコ店の閉店スピードが尋常ではない1年でしたね。私も20世紀からのパチンコ業界人ですが、こんなに閉店するのが多いのは初体験です。5号機に変わるときはなんとかパチンコで乗り切ることも出来ましたが、今回は法改正にコロナウイルスとダブルパンチでどうにもなりませんね。コロナウイルスさえなければ、パチンコはそこそこスペックが良い人気機種を輩出してきているのでなんとかなりそうですが、パチスロ、どうにかなりませんかねぇ?

 

そんな中、パチンコはまた面白いスペックの機械が出てきます。その名も「Pアレジンプレミアム」です。液晶では無く7セグです。若いユーザーの中にはそれだけ聞いて、「あ、打たないな」という人が多数居るのも事実なのですが、「アレジン」と聞くだけで反応してしまう人も一定数居て、パチンコ店に利益を落とす客層です。ま、簡単に言うと私がそうです(笑)今までも藤商事さんの伝説の名機ですのでリメイクは色々出てきましたが、今回のアレジンは、初代アレジンを打った世代としては嬉しいことに、「電サポ終わったから終わり」という今風の機械では無く、初代同様に「まだ続いているかなぁ?」なんてドキドキしながら打てるスペックになっています。

 

なので、大当り確率は? 確変継続率は? なんて言う前に、まずは天国モードへの移行を目指して打つ機械です。7セグを回すたびに抽選して、1/148の抽選に当たると天国モードに突入します。これはアレジンランプというランプがおおまかに示唆してくれますが、リーチ確率がUPするのでハズレリーチ頻発で天国モード移行を察知することが出来ると思います。そしてココが重要。初代同様に天国モード移行=大当り、ではありません。天国モード滞在は平均16回転。天国モード中に当りを引けるのは約50%だそうです。ここで当りを引けば晴れて10Rの出玉獲得、そして継続率約83%の「超天国モード」に突入です。「超天国モード」滞在中は約1/5で大当り発生という事で、サクサクと連荘が楽しめます。そして最近の機種と違い大当りは「10R大当り」のみ!ラウンド振り分けも無いのでノンストレスです。

 

モードはこの他に「1回転で必ず当たる、1/1モード」や、15回転くらい回して超天国モード抜け濃厚でもまだチャンスがある「引き戻しモード」など、モード滞在を頭の中で想像しながら打つ機械と言えるでしょう。初代同様にリーチが頻発している時は様子を見る、これだけの簡単なスペックですが初代を知らない人のための演出も用意しています。まずは標準のNEWモード。これはアレジンランプとセグの出目で天国モード滞在を推測できます。裏NEWモードにすれば、アレジンランプが満月になれば天国モード滞在濃厚になります。そしてCLASSICモードは初代同様に予告などの演出を無くしリーチ発生頻度でのみモード推測するモードで、裏CLASSICモードになるといわゆる「沖スロモード」となり、アレジンランプがレインボーになったその回転で大当りします。

 

パチスロアラジンを見てもわかるように、昔の名前を使った機械、万人受けは無いですが一部の客層のハートを掴み動いてくれる可能性はありますので、このPアレジンプレミアムも初代を知る年齢としてはぜひホールで打ってみたい機械です。ホール登場は4月上旬になるとの事です。部材不足とかで延期にならないとよいですね。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク