【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年02月09日

素直な男

先週の某日。この日は月と日の数字が重なる、いわゆるゾロ目的な日でした。

 

前機会までの私には、このゾロ目的な日にはそこそこ強めな優先店があり、知るべきことを知るためにその店を優先していましたが、今年に入ってからはそれももう無くなっていて。他の知るべき優先も今はないし、せっかく自宅にいるのだから、出来るだけそれを活かした戦法で動くべきか……などと考えて、一応早めに目覚ましをかけて就寝したのが今月最初の日の夜の話。

 

翌朝、自宅駐車場の雪かきをしてから抽選へ。この時点で私の脳内状況をまとめますと、まずパチンコは高確率で据え置き、テキトーに摘まんでいけば糊口をしのぐくらいにはなると推測。人手はいつもの面々+近所の人くらいでしょうから後々でも余裕、ここが何もかも失敗した際の本日の最終地点となる予定。

 

続いてパチスロ島。この店のパチスロ島はリニュー前であるつい先日までパチスロ台の展示場(=稼働なし)みたいな状況であったため、この店自体の近々の傾向はまるで分からず。ただ、ここ以前に旗艦店であった系列他店の似たような暦の日の傾向は知っており、それから考えれば一番に狙うべきは間違いなく「台番末尾ゾロ目台」。そして、機種的に強いのは明らかに「ジャグラーシリーズ」で、さらにリニュー後の店状況を見る限り力を入れているのは圧倒的に『マイジャグラーⅤ』。つまり、抽選で早番を引いた場合に行くべき場所は「マイジャグ5の末尾ゾロ目台」、当該店を含む当地域で打ってきた者であれば、おそらくこれが最も素直な狙いとなるはずです。

 

感心なことに、私はこの日の前日にちゃんと下見を行っており、それによればマイジャグ5の末尾ゾロ目台は3台。そのうちの1台が最近まるっきり当たっていなかったので、店の意図がゾロ以外であった場合をカバーする意味でも一番狙いはそこで。他ジャグラーのゾロ目は『ファンキージャグラー2』に2台、『アイムジャグラーEX』に2台。朝からSアイムなんてあんまりやりたくはないけれど、ファンキーもな~んか胡散臭くて少し嫌なんだよな……。まあ、番手によっては贅沢も言えませんから、やれるならやるしかないでしょう。

 

あとは、やるなら『新ハナビ』かな。あそこは多少後番でも座れそうだし、マイ→ファンキーで駄目なら新ハナ or アイム、そこでも収まらなければパチンコという流れに決めました。

 

 

運命の抽選、私が引っ張り上げたのは……

 

 

 

 

っしゃい!! これなら、とりあえず上記の何かには収まれる。まずは第一関門を突破できたことにホッとする私。

 

ただし、上でも記したように私的一番狙いというのは普通に考えると素直すぎるくらい素直な、言ってみればド本命のはずなので、正直8番でも微妙だとは思いました。まあ先手に若者が多かったので、その辺はたぶん『バイオハザード7 レジデントイービル』と『バジリスク~甲賀忍法帖~絆2』に一定数流れると思いましたし、その通りに進めば私の番手でもジャグラーには収まれるはず。バイオには如何にもこの日狙いそうなイカニモ台番の台があるので、そこに誰かは行くでしょうし。

 

ちなみに、私はそのバイオを「罠」だと考えていました。理由は「そういう店だから」。昔から、そういう店なのです(謎)

 

 

さて、入場。特に◯人区切り~~などもなくサーッと入ったので、後ろに遅れを取らぬよう移動。目当ての島へ行ってみると……予想外なことに誰もおらず。狙いを確保してから周囲を確認、すると、パチスロのメイン狙い手である若者の多くは、そこまで台番を気にしていないということが分かりました。

 

バイオに絆2、データからのマイ5と、みんな通常のイベント的な日のような台選びで、マイ5のゾロ目台なんて未だに自台以外全空き……となると、もしや私の考えがズレていたのか。最近よく来ていたし昔々に通っていた店とはいえ、昨今の事情には当たり前ながら疎いわけで、地域的にもパチスロ的にも私とは浦島太郎のようなものなので。とはいえ、他に狙いもないし……ということでパチンコ島を確認に行くと海シリーズに予想外のややアケ、これならパチスロの狙いがダメダメでも、ある程度の値段は貰えるでしょう。

 

これで少し安心してマイ5へ。立ち上がりに苦しんだり他ゾロの様子にヤキモキしたりと途中色々ありましたが、長々と書くのもアレなので。

 

 

 

 

 

投資92枚、回収5,793枚の完全勝利。見たか4号機おじさんの実力を~!!(腕プルプルさせながら)

 

終了後に全体を見てみたところ、末尾ゾロ目台は半分ほどがアタリのようで、マイ5は2/3で、ファンキーとアイムは1/2がアタリであった様子。ちなみにバイオは予想通りハズレ。ちょっと意外だったのは、アタリのゾロ目台を打っていたらしき者に私の「知っている顔」が多かったこと。この私が知っているということは、すなわち当地域でもかなり古い人間。さすがに今も専業でやっているということはないでしょうけど、こういう何かがあるとやはり出てくるものなんですね。そして、彼らがアタリゾロ目に座っていたということは、たぶん私と同じような考えを持ったという……その事実に、なんだか懐かしさと共に少し面白さを感じました。

 

よいか、若者たちよ。君たちが今ブイブイいわしているこの街のパチスロ島は昔、今は年をとっちゃったけれど当時は君たちくらい若くて今よりもう少しだけ髪の毛があったおじさんたちが、今の君たちと同じようにブイブイいわしていたのだよ。君たちもそれを忘れずに、ヘアケアは忘れずに……っていったい何の話をしてんだ俺は。

 

なお、若者におじさん魂を見せつけるんじゃあ!! とばかりに通常1万回転を目指した私でしたが、普通に無理でした。というか途中15分くらいメダルを握ったまま台の前で寝ていました。それもうおじさんじゃなくておじいさんやんか……。

 

 

 

ということで、加齢って怖いね、という話でした(違います)

 

ではまた次週っ!!

スポンサーリンク