【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2022年01月08日

変革の年にしたい

皆様、明けましておめでとうございます。本年も当サイトと私をどうかよろしくお願いいたします。

 

 

……って遅い!! 挨拶が遅すぎる!! と、お思いになった方もおられるでしょう。そりゃあまあ、新年に入ってからもう一週間以上経っちゃっていますしね……。賢明な読者の皆様なら、こういう場合はまず「あっ、ま~た運営氏が更新サボったな~」と考えるでしょうし、そして、それはこれまでであればほぼほぼ正解でした(おい)。しかし、今回の件について完全に私……。誠にごめんなさいっ!! と新年一発目に謝罪文から始まる男、ヒロオでございます。

 

いえ、先日……昨年末のとある日に、どうにも体がおかしいな、と感じた日が出現しましてね。症状は猛烈な高熱と喉奥の強烈な圧迫感、現在の巷の状況であれば新コロったか、それともオミクロったかと通常なら考えるところと思われますが……そう、私とは呪いの装備を持って生まれし者。鬼束ちひろ風に言えば I am GOD’S CHILDです。

 

その呪われし装備とは他者と比べて非常に大きく、そして腫れ上がりやすい特徴を持つ「扁桃腺」という喉ち◯この横に鎮座する物体。正直、症状の時点で扁桃腺が大きく腫れ上がっている、いわゆる「急性扁桃炎」であることはほぼ確実と判じていましたが、何しろ今はご時世がご時世。発熱があるためコロナの可能性ももちろんあるわけですし、そのあたりの手順をきっちりと踏んで、すみやかに医療機関を受診しました。

 

コロナチェックの結果は予想通りのシロで、扁桃炎については予想通りのまっくろくろすけ。ゲロ吐きそうになりながら喉奥に薬を塗り塗りされたり、過去に射たれたことのない謎の注射をぶっ込まれたりした後に、心穏やかな隠遁生活を数日送ったところ、無事ほぼ平常状態へと戻ることに成功しました。

 

 

……ここまでが、年末までの話。ここからは治ってよかったよかった~とパチ屋巡りをして酒を飲んだり、閉店まで稼働をして酒を飲んだり、稼働後に空気カラッカラ~のビデボ(喉にはとてつもなく良くない環境)で酒を飲んだり寝たりしていたところ……見事に扁桃炎がぶり返してきましてね。飯を食うのも一苦労、夜になると熱が上がり……と、わりとフラフラ状態でコラム作成も能わず、たまらず運営氏に連絡を入れて少し待ってもらったというわけなのでした。

 

いや本当に、ちょっと調子が良くなったからといってすぐ飲むのはやめよう。扁桃炎に良くないのは疲労、アルコール、タバコ、そして空気の乾燥。そんなことは扁桃炎が超重症化して緊急入院した16年前のあのときから、もう重々分かっていたことのはずなのに。

 

表題にある「変革」とはこれがひとつ。もう少し自身を律しよう。過去コラムにも触れたように「一人で生き、一人で死ぬ」と豪語するのであれば、体調管理を、そして体調も考慮に入れたアルコール管理をもう少しきっちりとせねばならない。我々酒の民には「酒を入れると体調が良くなる」という基本思想がありまして、あとはそれに関連したことで、明らかに体調がおかしいのに「とりあえず一本入れてみよう」みたいな行動をよく取るのです。これが良くない。ここは一人で生きる者として、なんとかせねばならぬ最も大きなポイントであると思っております。

 

 

そして、変革のもうひとつ。いつも見てくださっている皆様であればとうにご存知のように、FREEさんが昨年いっぱいでコラムを卒業することになりました。FREEさんといえば当サイトの始まりから、もっと言えば前サイトから我々と共に歩んできた、いわば同志的な存在。ここまで3年と半年の間、本当にお疲れ様でした。

 

これからは別の道を行くとのこと。いつまでもパチンコを打って酒を飲んでいる私から見れば、そうやって前へと進んでいくFREEさんがとても眩しく見える。私が言うのもナンですが、パチンコパチスロを打ってお金を稼ごうなんて考える輩はロクなもんじゃあありませんからね。そうでない道があるのなら、そこを進むのが正道と思います。

 

ただ……ただ、そうなると間違いなく一番困るのが、卓越した技量と優れた洞察力を持つ書き手を失った当サイトです。FREEさんが昨年中でコラムを辞めるという話は、実はそれよりもう少し前から知っていました。そしてその話を聞いたときに、運営氏に「FREEさんがいなくなったら、もう終わりだと思います」と私は言いました。

 

ツケマイさん、FREEさん、私。お店の人、パチスロの人、パチンコの人(ちょっと怪しいけど)。3人がいてなんとか「ギリギリ」。このギリギリとは「ギリギリなんとかなっている」という意味ではなくて、これより少なければそれはもう「体を成していないと思われる」という意味でのギリギリ。その私的ギリギリの線を、これでもう超えてしまったことになるわけですね。

 

当サイトをこれからも存続させるのであれば、ここを速やかになんとかせねばならない、と私は考えます。ここだけじゃない。いつまでも最新の更新が止まったままの更新情報も、いつまでも忘れるほど前の機種の情報しか載っていない解析情報も、すべて含めてなんとかしなければならないでしょうね。そのあたりがそうなっている原因というか理由というか、そういった言い訳のようなものも私は聞いておりますけれど、そんなものは利用する人には何の関係もないことですし。

 

このあたりのこと、その他諸々のことを含めて、先月運営氏と会った際に色々と話をしました。答えとしては、変革をする意思がある、とのことでした。私に出来ることはあまりなさそうですが、ここを逆に機と捉えて、FREEさんのように前へ進んでいけたらとは思います。

 

とりあえず私に出来ることと言ったら……そうですね、体調をちゃんと整えて、原稿を送るのが遅れないようにすることくらいですかね。この度は誠にごめんなさいっ!!

 

 

そんなこんなで、重ね重ねになりますが本年も当サイトをどうぞよろしくお願いいたします。

 

それではまた~!!

スポンサーリンク