【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年12月10日

パチプロと引っ越し

先日、縁あって引っ越しの手伝いをしてきました。ここを必ず読んでいるであろう人物なので、それが誰かは書きません(謎)

 

そこまで荷物が多くなかったのでそこそこ楽勝かな~とか思っていたら、やはりこれがなかなか大変で。まあ、おじさん2人+私の自家用いてまえカーだけですから、そりゃあ大変なのも当たり前ですよね。もし次回があったときは、迷わず業者さんに頼むことをオススメしますよ(誰に)

 

引っ越しと言えば、状況が変わりがちな現代パチプロでもよく聞く話題……と思いきや、実は私の周りで稼働状況のために引っ越しをした人って多分見たことがないのですよね。周りが地域特化型(=毎日家に帰る勢)と、とてつもなく動く者が多いからかなぁ。毎日帰る勢は帰らないとならない事情、要するに実家だったり家庭を持っていたりとそれぞれあるため、なかなか良い地域へ移住というわけにもいきませんし、とてつもなく動く者……つまりネタ系プロと開店プロは居所が定まっているほうが面倒だったりしますから。私もそれなりに動く者で住所地には基本居ない人間ですが、そこに住所を持っているのは住所不定にならないためですし。私と違って「ちゃんとした家」である実家に住所を置くわけにもいかないですしね。

 

で、作業をしていて思い出したのは、私が最後に引っ越しをした14年前のこと。引っ越しと言ってもパチプロにありがちな優良地域に移住とかのそういうものではまったくなくて、学生時代からずっと住んでいたアパートが老朽化で取り壊しになるためだったのですけれど、それがまぁ~~~大変だったのですね。引っ越し先はわりと近くて、しかも車も持っていたのでそんなに大変でもないかと思ったら、自宅にある物の数があまりにも多すぎて……。稼働をほぼパチスロのハイエナのみにして、整理と廃棄と、あとは無数の本たちの行き先のために、結構な期間を費やした記憶があります。

 

そのときに感じたのは「自宅に置くものは少ないほうが良い」という、わりとありきたりな感想。今回引っ越しをした某さんも物の処遇に難儀していましたし、やはりこれが真理……と言いつつも、ふと気付けばウチにはまた物があふれているというね……うぅ……。

 

とはいえ、過去に引っ越しを検討したことがないかと言ったらそうでもなくて。一応2度ほどわりと真面目に検討したときがありました。まあほら、ウチはイロイロありましたしね。その話を書くと2万文字×10週くらい必要になると思うので、とりあえずやめておきます。

 

一度目は確か7年前くらいで、毎日ず~~~っと同じ店で『CR AKB48 薔薇の儀式』の1/199のやつを打っていたとき。そのときの地域は他からのアクセスがとてつもなく悪くて、しかもビジホ・ビデボ・ネットカフェ等々含む生活環境の状況もとてつもなく悪かったのですね。3ヶ月くらい滞在していたのですけれど、あまりにキツくて結構本気で部屋を探そうかなと考えた記憶があります。

 

二度目は某北の大都市、通称杜の都で稼働していたとき、ここには結局2年くらい滞在しましたしね。あとは、家が一応あったのに帰れないという生活にいい加減疲れてきたというのもありました(謎)

 

二度目の地域は都会なので物件も多くあり、まぁまぁ本気だったのですけどもね。結局はその二度とも引っ越しはせず。その後に家を取り戻して、しかもその頃よりも動く者となっていたため、まぁいっか~♪という持ち前のテキトーさを存分に発揮して現在に至るわけでございます。

 

しかし、私はいつまであそこに住所を置くのでしょうかね。稼働的には何かしらの用事があったときに仕方なくなんとかするくらいの動きしかしていませんし、よくよく調べてみたら今年の住所地域の稼働時間が47時間しかないし……って、さすがに少なすぎね?? 怖い話も最近ちょいちょいあるし、これは引っ越ししたほうがいいのでは。

 

と言いつつ、でも移住先がいつまでやれるかも分からないので……ということを考えて考えて、考え続けてるうちに結局そこがやれなくなってしまう。おそらく、私の性格が引っ越しに合っていないのでしょうね。慎重で無駄に考えていくところと、とてつもない面倒くさがりであるところが、私の移住を妨げているように思えます。

 

まあ、でも今の土地も嫌いなわけではないのですよ。良くないところももちろんありますが。実家との今の関係を考えてもあまり遠方に行く気にもなれないし、やれている今は、こうしていてもまだいいような気もしていますね。なんとなく~ですが。

 

 

 

 

 

引っ越しのあとは当たり前のように酒飲みへGO。奢りだし2万円分くらい飲むぜ!! と思ったら生ロース売り切れとかマジで勘弁してほしい……。次の機会のときに残りの6千円分飲みますんで、そのときはよろしくお願いしますね(誰に)

 

 

といったあたりで、また次週~。

スポンサーリンク