【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年11月26日

近況、ワクチン、稼働なし

 

(びふぉ~)

 

 

 

(あふた~)

 

 

我が実家での今年の全農作業がついに終了。日本全国の皆々様のお手元に、美味しいお米が届く時期がやってまいりました。

 

親父の話によると、雨が降って欲しい時期にまったく降らなかったり日照が欲しい時期に天気が悪かったりと、今年は気候がかなり不安定だったとのことで。それの影響で「米が少し細い」と言っていて、親父的にはどうもそれが気に入らないらしいのですが、今のところは「例年より美味しい」というありがたい感想だけが届いており。私も先日食べましたけども、まあ例年並みに、普通に美味しく出来ていたかな~と。親父はほぼ米ばかり55年作ってきた本物の米野郎ゆえ、細かいところも気になってしまうのでしょうね。

 

作業の手伝いをしてはいるものの私は末弟、実家の方針に口出しをする権利を持たない者(少々古い価値観ですが)。その立場であっても、やはりこれからについてを気にかけていたのですけれど、話によるといずれ次兄が本格的に後を継ぐようで。これでひと安心……と簡単には言えませんが、実家に産まれその米で育った者として、とりあえずは少し安心いたしました。

 

 

 

 

さて、憎き新コロの状況。時短等々の解除以降若干の増えは見えますが、少なくとも我が国においては驚くべきスピードで収まりつつありますね。これは素晴らしき朗報。収まることは、誰にとっても良いことのはずですから。

 

そうなると悩むのがワクチン接種について。私が住所を置く県においては、先月まではまっっったく予約が取れない状況であったため、接種自体が不可能であったものの、ついに、ここに来て初めて空きが現れまして。ただ、この収まりつつある状況で、私的にはここまで特に問題もなかった状態でリスクがないとは言い切れないものを、果たして今更やるべきなのかどうか。私自身はわりとどうなってもよいという思いなのですけれど、これについては少し悩みました。

 

悩んだ結果、最後の作業時に実家に帰省した際にこの話を母にしてみたところ「お前はいろんな場所に行くから心配だ。親としては接種してくれたほうが少しは安心できる」と言われ、まあ、確かにその通りだなと思いましてね。状況、リスク、今後のこと。接種するか否かはその人の判断で決めるべきというのが私の考えですけれども、親を安心させるためにやるというのも、古い価値観で育った私には良いのかも。そう考えて、ついに先日1回目の接種に臨みました。

 

私は昔っから注射が大嫌いで、それもあってやらんで済むならそれがいいなぁ~とか思っていたものの、いやぁ~最近はホント凄いですね。ほぼ痛みもなくサッと終わって、あまり医者に行くことなく採血以外の注射をほぼすることもなく十数年の時を過ごしてきた私としては、今回の接種に大変驚きました。これは技術の進歩なのかな?? でき得るならもっともっと進んで、すべての注射が針を刺さずとも済むようになってほしいものです(ビビり)

 

まだ外国では収まりが見えない状況。私的には我が国にももう一回くらいは波が来ると見ていて、それも考えての接種でしたが、なんと言いますか、皆が皆、幸せになれるようなやり方があればいいな~とは何となく。個々人の考えが尊重されて、それを押しつけるも押しつけられるもなく、楽しく生きていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

えっ、稼働?? 稼働ってなんだっけ……(真顔)

 

とりあえず、今年も残り僅か。それの仕上げをするために、動けるところは動いていきたいと思っています。

 

 

まあ、まずは飲んだ後にね。

 

 

といったあたりで、また次週~。

スポンサーリンク