【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年10月20日

作業乗物徒然

緊急事態宣言の解除前から急激に減少を始めた新コロ新規感染者数。これは……いったい何が起きたのでしょうか。ワクチン等々のものの効果も当然あったのでしょうけれど、あまりに急激すぎて、ちょっとよく分からなくなってきましたね。

 

とはいえ、新規感染者が減るのは誰にとってももちろん良いこと。「流行2ヶ月周期説」なんて信憑性不明な説も出ていましたが、ここからも弛めすぎることなく過ごしていければとは考えております。

 

 

 

 

さて、秋真っ盛り。だいぶ気温も下がってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか~~のその前に、果たして私の足腰は秋が終わるまで持つのでしょうか……。おじさん、ちょっと不安になってきちゃったよ。

 

前回の健康コーナーでも「腰がぁ♪腰がぁ♪」と軽~く触れましたが、本格的に作業が始まったら、半笑いで言っていたものが思わず真顔になってしまい。まあ、籾摺り(もみすり)の前の稲刈り参戦の時点でも結構キていたもんなぁ。稲刈りといっても私がやるのはコンバインに乗る行為ではなくて、田んぼの四隅を人間が鎌で刈る、ウチのほうで言うところの「しまんこ刈り」というやつなので……って、これは伏せ字にしなくて大丈夫ですよね?? 一応ちゃんとした方言だし??(何の心配)

 

 

 

 

そんなわけで、先週導入の新台『PAぱちんこ乗物娘77ver.』をちょいっと触ってまいりました。機種情報を見ても甘手なスペックだし(ヘソ1個戻しだけど)、アタッカー周りも不穏な形をしているしで、私的には『P大海物語4スペシャル』メインで稼働を構成していたものの、ここは少し早めに触っておくべき場面かなと思いましてね。

 

他の手とのタイミングを取りつつ試してみると、思ったとおりに出玉は表記よりも取れる。台によりけりであるもオーバーはそれなりに決まりそうだし、右のGO(小デジ抽選+2個戻し)の部分を多少潰されていても、打ったり止めたりしていれば大体玉が増える、または最低でも減りはしない。そうなれば、いわゆる表記ボーダーというやつの「16.7」より線が下がるのは当たり前なわけで、これはもうウキウキだな♪……となるはずなのですけれど。

 

 

回ら~ん!! と~に~か~く~回ら~ん!!

 

とはいえ、さすがにちょっと警戒しすぎでは……とも思うものの、でも下手に回しちゃうと私含む野郎共が来ちゃうしなぁ。この手の台は、今時は特に扱いが難しいですね。まあ致し方なしか。

 

 

 

(基本、ケツ台です)

 

 

一応、本機のアタッカーオーバー狙いについての私見のイチ。これは多分台によるのですが、私が昨日打った台がどうも打ち方でだいぶ入賞率の変わるヤツのようでして、

 

 

 

 

本機の盤面上部とはポコンと飛び出た突起物があって、そこから右に行くとルートが二つに分かれるのですが、とりあえず1発目を突起物に引っかけて→強い玉を被せるやり方が基本となるとは思うのです。んが、昨日の台は突起物に引っかけると手前ルートから下へ向かうのはいいものの、強玉がゴムに当たると勢いよく跳ね返ってその玉も手前ルートに落ちてしまうという、両玉とも同じルートに行きがちになってオーバー入賞しにくくなる台でして。これを2発目を調整して可能な限り奥のルートに入れてやる努力をしたところ、オーバー率が飛躍的に上がって40%~45%くらいにまでなったという出来事がありました。

 

ここまでの少なめな経験から考えると、全部が全部コレで良いわけではなさそうなのですけれど、まあ、これもひとつとして脳内に入れておいてもいいかなとは思います。あるあるな引っかけるのが異様に厄介な台もありますがね。

 

なんやらかんやら色々やれそうで、扱いが良くなさすぎて結局はちゃんと打ち切れる機会の少ない台。今のところは、そんな台になりそうな予感がビンビンにしていますが、地域次第っぽい予感も少しだけしますので、そのあたり考えながら予定に組み込めれば~とは考えています。

 

 

まあ、とりあえず腰がな。そろそろコルセット巻くか……うぅ……。

 

 

といったあたりで、また次週~。

スポンサーリンク