【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年08月26日

Pまわるん大海物語4スペシャル with アグネス・ラム 119ver.

 

(振り分け4%の10R当たり。助かるぅ~)

 

 

そんなわけで、今回は話題の新台(?)である『Pまわるん大海物語4スペシャル with アグネス・ラム 119ver.』の話。「まわるん」シリーズは『CRまわるん大海物語3 with アグネス・ラム』に続いて2作目で、前作は店がそれなりならまぁまぁ戦える機会のある台でしたから、本機にも私的にはそこそこ期待をしていました。

 

スペックや仕様に前作から変更された点がいくつかあり、まずは初当たり確率が「1/119.8」と前作の1/99.9から下げられて甘デジとライトスペックの中間くらいになり、大当たり出玉は若干の増。「まわるん」ゆえ通常時の電チューパカパカも健在……ではあるものの、電チュー賞球が3個→1個に減。あと、これなんか前のよりパカの時間が短くなってません?? 正確に計ったわけでないので気のせいならいいのですけれど、なんとなく体感でね……。

 

変更点のその2は、当たり消化+電サポ消化が右打ちになったこと。前作はスルー×・下道×とかだと通常時もサポ中も全部駄目になりましたゆえ、ここが分かれるのは一応ながらプラスポイントになり得るかなと。一応ながらですが。

 

最後の変更点は遊タイムが搭載されたこと。発動は低確率300回転、なので台上データ機なら「310回転」ですね。ただし、本機の遊タイムには注意点がありまして、それは通常の大当たりに付いてくる電サポと開放の仕方が異なる点(通常→2開放、遊タイム→3開放)と、あとは小デジの当選率も多分かなり違います。通常の電サポで玉が減らなかったから~と油断していると遊タイムでは駄々減りなんてこともあり得るので、この辺にはご注意を。

 

 

 

(直近の遊タイム搭載甘海『PA大海物語4スペシャル with アグネス・ラム』と同様に消化スピードは激速)

 

 

本機の私的初打ちは今月の頭にあったグランドオープン店にて。列単位の大量設置があったためか、なかなか形がよろしくて、約22回転/1kという数字を記録。ヘソ1個戻しで、いわゆるボーダーライン的なものも他より少し低めなので、このくらいでもそこそこのお値段になりました。

 

ただし、そこそこの値段が出せた最大の理由は回し云々というよりは「アタッカー」のおかげ。慣れた人が見ればお分かりと思いますが、おそらくその予想以上にこのアタッカーは強いです。

 

 

 

 

上の画像を見ての通り、アタッカーの前にコボシがなく、しかも右の連釘にそれなりの角度があるため比較的スピードもつきやすい。賞球13個だし見た目通りにイケると強いな~と思っていたら本当にイケたという次第。注意点は、アタッカー上に位置する2個賞球口、ここが良すぎると結構な勢いで吸い込まれていってオーバー入賞が決まりにくくなってしまい……かといって、ここが悪すぎるとサポ中の玉減りがキツくなってしまい……。なので、ここに関しては「程々」の形が最もいいのでは、と今のところは見ていますね。まあ、その程々の加減が難しいわけですけども。

 

 

 

(「U」の右あたりにある連釘)

 

 

私的オーバー狙いのやり方は、天の右にある返しっぽい連釘部分の上のほうあたりに1発目を当てて→強を2発。当てて跳ね返った玉とすんなり行く強が合体してアタッカーを目指すイメージで、最初に上手く跳ね返る場所を探しておくとやりやすいかも。跳ね返りが弱いと合体が上手くいきませんし、あんまり弱いと左に行くときもありますしね。運がいいと、3発ともポコーンと一気に決まって非常に気持ちが良いです。

 

 

 

(10R大当たり、9/10でオーバー成功)

 

 

サポ中は電チューを見ながら適当に打ったり止めたりすれば賞球口次第で微々減くらいになります(どんな説明だよ)。こんな感じで打ったところ、この店では均したときのラウンド玉が大体126~128個となって……このくらいだと、いわゆる持ち玉ボーダーというやつは多分16.5回転/1k前後ですかね。出玉次第ですが、昨今のなかではだいぶ甘めな台であるのは間違いないとは思います。

 

 

 

(図柄揃い後は毎回この画面が出て一定時間が経ってからアタッカーが開くので要注意。海シリーズに慣れていると反射で打っちゃう…)

 

 

と、本機についての大体の説明が終わりましたが……実は、本機には最大の問題点があり。

 

 

回らない店が非っ常~~~に多い!!!!

 

 

私的範囲内の数店で試してみたら、良くて17回転/1kあたりで悪いと14~15回転/1k。いや、せめてもうちょっとくらい回そうよ。これじゃあ「まわるん海」じゃなくて「まわらん海」じゃねえかよ。スペックが甘めだから警戒するのもまぁ分かりますがね……まわるんなのにたまに液晶が止まるレベルってのはさすがにどうかと。

 

とはいえ、基本が強い台であるのは間違いないです。平常では難しいかもですけれど何かしら特日なりあれば早めに見ていくことをオススメ致します。

 

 

といったあたりで、また次週~。

スポンサーリンク