【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年08月22日

ステイホームな日常

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

昔話シリーズが続きましたが、今週は「韓国旅行も行かないし、何やってんの?普段」というネタ。いわゆるP店店長の日常ですよね。もちろん仕事の部分は割愛してのプライベートな部分です。このコロナ禍での日常で大きく変わっている事、読者の皆さんも色々あると思います。頭の片隅で「近い将来はこうなるんだろうなぁ…」という部分がコロナの影響で「加速装置!」って感じで想定外に早く変化している、なんてのもあります。例えば求人媒体を扱う会社の営業さんから「新しい商材を営業したいんですけど、●月●日にZOOMで話せます?」なんて普通に聞かれたり(汗 私はベーシックのプログラムからマシン語の16進数が出てきたときにもう、PCはゲームするだけの箱になり、P-WORLDの出現で仕方なくまたPCを触るようになったおじさんにとっては、「ZOOMアカウント作ってないんでLINE電話にしてくれませんか?」というのが精一杯でした。

 

そんな感じでテレワークに関するソフトウェア開発やIT関係のプログラミング構築は景気が良いのでしょうけど、一方でネットでは代替出来ないもの、ライブ感を売りにしていたもの等は、根本的にビジネスとしてどうするかを考えなくてはならない時代がコロナのせいで想定より早く来たような感じです。毎回述べているように公営競技関係の売り上げの伸びは凄まじく、公営なので年度の予算が決まっていますが、ある自治体では予算の10倍も儲けてしまったり、パチンコほど広告宣伝が厳しく取り締まられないので現金プレゼント企画なども行い更に売り上げを伸ばしています。パチンコ店の店長である私ですら、数年前からパチンコパチスロでの遊技料金よりも公営競技での遊技料金のほうが多くなっているように、今のパチンコパチスロに魅力を感じなくなった客層の受け皿という側面もありそうです。しかしながら大きいのが「ネット投票」で、やはり携帯電話所持が当たり前になり、携帯電話の性能が昔の8ビットのPCなんて相手にならないレベルのものになっている現在、携帯で購入出来たり操作出来たりというのは非常に重要なのかなと思います。

 

そんなパチンコ業界、毎日閉店店舗の情報がグループLINEなどでも目にするようになって久しいですが、そのような状態なのでそもそも「密」にならない空間で、換気も良く、光触媒での感染対策なども取り入れている店が多いというパチンコ店、未だにパチンコを打たない人ほど「パチンコ店のような人が多く集まる場所」なんて見方をされてしまいます。現実はそんな集まるような状況なら、毎日何店舗も潰れませんし、焼肉屋と並んで換気能力は高く、飲食店と違いお客様同士の会話が少ないので飛沫も飛びにくい、というかなり安全な部類の施設なのですが、世間は未だに景気が良かったころのパチンコ店をイメージしているみたいです。世間ですらこのコロナの影響による「スピード変化」についていけない状況ですのでもちろんパチンコ業界も同じです。緊急事態宣言などが出たりすると前回同様に海系の客層と低貸しの客層に影響が出ています。意外と4円、20円は1円パチンコに比べると影響が出ていません。ここ5年くらいはパチンコは1円が定着、飽和してきて「年配層の時間消費型レジャーとしてのパチンコ」がメインだったような気がします。それがもしかしたらコロナの影響で想像以上にお客様の若返りが進んでいるのかもしれませんね。

 

特にこの夏話題のガンダムユニコーン、牙狼の初動が良すぎたのでメーカーも当初予測より減産、なんて感じで丁度良い市場設置台数になったのか好評ですね。一昔前のいわゆる「京楽系」のくどい演出が最近不評なのはホールで感じていましたが、ここまであっさりとしている演出(カスタム有りで)はどうなのかと思ったら若い客層が結構打っており、これは版権が若者向けだからでは無いよな? なんて思って公休日に打ちに行ってみる事にしました。私も離婚して10年がたち、完全に20代前半の頃のダメ人間に戻っていますので、まずはパチンコ資金を作る! とオッズパークのアプリを開くのでした……。無事、名古屋競馬と伊藤競輪で軍資金を作っていざ出陣。某大手のお店に到着すると「だ~れもいない海♪」と森高千里が歌いだしそうな光景をまず目にします……。これだけ沖縄5のために1BOX装飾してフロアシート張り付けているのに! という淋しい状況。やはりコロナの影響は海客にも出ています、が、パチンコのお客様の世代交代が進んでいるとも考えられますよね。夕方の入れ替わりの時間だから、というのは海に限ってはあまり関係ないかと思いますが、まだ先月の新台ですから厳しいですよね。40台で約48万円が40台、2000万円ですか……。

 

次に6月の目玉機種、中古で300万円超え!!! などと騒がれており、初動抜群だった「牙狼」を見に行くと…導入当初の勢いは無く普通に座れますね。そして目当てのユニコーンコーナーは…まぁ、時間が夕方で入れ替わりの時間ですものね。台を選べる状況で、いつもの養分打ち! 根拠なく第六感で「この台だ」と座ります。うん。●カボンやウル●ラの会社と違い、ハズレはあっさり外れてよいね、コレ。なって思いながら携帯で競輪の出走表を眺める俺。買ったレース3連続で的中しているのですが、それ以上にユニコーンに吸い込まれて大2枚行方不明。3枚目を投入して小2枚半で

 

 

 

演出をカスタムして遊技していると、やはり感じたのは隣の台を見ていても「無駄に煽らない」という演出面での特徴でした。外れるときはあっさりとハズレ、期待できる演出が出た時は結構な確率で大当りが発生する、これはさすがに見本機をちょっと打つだけではわかりませんよね。演出なので流行や好みがあると思いますが、私はこれは良いと感じました。しかし当たってから冷静にユニコーンコーナーを見てびっくり。4円パチンコなのに雰囲気的に下手したら私が最年長という客層。やはりあっさりした演出、好き嫌いが激しいのでしょう。私も役物が動くまでに2万円以上使いましたからね。そこから一気に7連してまずはチャラからチョイ浮きにはなって転落終了。自店で見ていた通り、3連荘達成後の出玉スピードは速くて爽快ですね。

 

 

連荘終わったのでジュースも買いたいし、競輪も気になるし…なんて思いながら競輪を買っていました。保留消化して左打ちに戻すはずが騒がしくなり、なんと保留玉で7のリーチです!

 

 

これが当たりまして、本日の勝利確定です♪ 牙狼の初打ちに続きパチンコで勝利! という有意義な公休日になりました。やはりビギナーズラックはあるんですかね? そんな感じでパチンコを打った休日ですが、やはりコロナ禍でのステイホームがメイン。先週はスーパー銭湯に出かけたくらいで、その前は引きこもり、なんて感じで職場か家かの毎日が続いています。コロナ前との変化を改めて考えてみると、やはり携帯電話を触る時間が増えました。そして家飲みになるので酒を飲む日が増えました。(以前は外では飲むけど家では飲まない月なんてのも多かったです)あとはやはり、YouTubeを見る事が増えましたね。私はTVは地デジ化せずに自宅では見ない生活になっているのですが、気が付くとYouTubeを見る時間が増えた気がします。やはりコロナ禍で伸びるジャンル、廃れるジャンルってあるんですよね。行動を振り返るとそう感じます。アマゾンでの購入もよく考えたら増えていましたし、気が付かぬうちに生活が変化していましたね。ステイホームな毎日で本当に仕事だけでなくプライベートの行動までも色々変化が出ていますね。本当にネタになるような事も無い、変化の無い毎日なのですがやはり接客業、自分の変な行動で職場やお客様に迷惑はかけられませんからね。それにしてもパチンコを打ってガンダムユニコーンは久々にイライラしないで楽しめました。醤油皿にデコレーションケーキを乗せるような演出過多のパチンコの時代もユニコーンのヒットで変わって欲しいと思います。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク