【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年08月15日

金メダル・銀メダル・銅メダル

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

先週からの続きでいよいよ転職初日にして設定発表。幸いにしてフル稼働なお店では無いので、札を刺すにも非稼働の台や設定わかりにくい機種を選んで刺していきます。まずは銅メダルなのであまり考え過ぎずにテンポ良く。当時の4号機なんて機械割が今とは違いますから設定3あれば勝てる機械は多数ありましたね。上の設定なんてメーカー公表値と実際の出玉率が今とは逆に乖離していて、119%なんかじゃ収まらないのは常識でした。その分、設定1も抜けるので設定6も使える、というお店にもお客様にも良い時代。しかしながら銅メダルとは言え、会社の方針とは言え、心が痛む仕事です。ホールでお客様の顔を直視できないですよね。もちろんそういう交流を求めていない会社なのですが……。

 

そして時間を空けて今度は銀メダルです。さすがに銅メダルの時より神経を使います。なんせ渡された設定表、ほぼ1しかありませんからね(笑) 仕方なく、稼働していない設定3の巨人の星(初代)などに刺していきます。多分、物凄いヒキのお客様がいきなりリプレイ4連引いたらバレるのでしょうけど、ここの某社では毎日の作業としてストック飛ばしが当たり前に行われていました。なので設定3と言えどストック無しです……。前任者の店長もひどいよなぁ、なんてこの時はまだ思っていました、この時は。しかしフル稼働なお店では無いのでそう簡単にはバレないんですよね。この時代、結構スロットが盛り上がっていたのですが、この店はダメな店でしたね。まぁこれだけストック消しやガセイベントやればね、って思いますけど。

 

さぁ、そして金メダル発表の時間になりました。設定1でも万枚出る4号機時代ではありますが、さすがに設定6はほかの設定と比べてもわかりやすいので札を刺す場所に苦労しました(笑) 偶然出ている設定1に札を刺しても、さすがに打っているお客様もある程度回しているので「これは6じゃないけど出てるね」とわかります。なので稼働の無いわかりにくい機械を…なんて感じで選ぶとやはりストックを消しているストック機になっちゃうんですよね。本当に業界の先輩からの紹介とはいえ、非常に心が痛んだ時期でした。オリンピックであれば、色が違えどメダルはメダルなのですが、設定表にあるのは「ストック消した1」「ストック消した設定3(巨人の星のみ)」という状況下でのメダル札。 確かに「設定456」とか書いてある札を刺しているわけでは無いので嘘ではないのですが、普通に考えれば高設定発表ですよね?

 

「外から見ていたより酷いなぁ。ここに勤務していたらパチンコ、パチスロが嫌いになりそうだ。」なんて考えながらメシ休憩をとっていると、何と上司から「21:30にまた発表だから! メシ食ったらヨロシク」との指示。意味が分かりません。そして渡されたのが「プラチナ札」ですよ(笑) 今までの金・銀・銅は何だったの? その上があるんだ! と感心しながらもう、深く考えもせずに稼働の無いストック機(ストックは無い)に刺していき、サラリーマンのお客様が騙されていました。本当にひどいですよね。で、それが終わるとラスボス登場! 22:00に「ダイヤモンド札」の登場です。もう意味が分かりません(笑) しかしその後リニューアルオープンがあり、イベントを一新するという店長業務があったので、その時に痛いほど気持ちがわかりました。だって設定使えないんですから! 仕事、という面ではこの某社に短期間とはいえ在籍したことでいろいろ学ぶ面が多数ありました。しかしながらこういう部分は受け入れられなかったですね。金銀銅のメダルでしかないので、決して設定456とは書いていない。確かにそうなんですがって話ですよね。設定発表イベントが禁止されてサラリーマンのお客様には良かったのかもしれませんね。そんなイベント全盛期の思い出でした。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク