【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年07月23日

期待値病

パチスロで勝つ方法。

 

突き詰めるところ、それは期待値を追うという事だ。賭け金に対して戻る見込みが高い勝負をやっていれば絶対に負けはない。勿論、一発で破滅する高額ギャンブルだと話は別だが、パチスロを打っている奴なんて俺も含めマカオのVIPルームには入れないのだから、んなことは気にしなくていい。

 

ただ、この期待値ってやつは厄介だ。

 

一番簡単な期待値は俗にいう天井狙い。この場合は投資上限とそれに対するリターン平均のバランス計算が簡単なので再現性も高くnoteを買うだけで誰にでも出来る。いや、買う必要すらないか。

 

次に出てくるのは6号機でお馴染みの有利区間における期待値。

 

これは仕組みを知らないと難しいが、知ってしまえば簡単。出球速度が規制されている中で「出る区間」と「出ない区間」があるのなら、「出る区間」だけを探せばいい。ま、この探す事が難しいのだけど、世の中には検定というものがあるので永遠にメダルが高純増で出続ける6号機はない。

 

個人的には好きに打てと思うが、最近は『鉄拳デビル』のような台もあるから不安になってしまうのも仕方がない。

 

最後にもっとも難しい期待値。

 

これは目に見えない期待値。天井狙いにせよ有利区間にせよ、これらはデータランプと履歴があれば計算ができるものだ。ただそうではない期待値。これを取りに行く。これが一番難しい。

 

例えば、期待値2000円の台が落ちていたとしましょう。でもホールの中には設定6が確実にある状況。この状況でどちらかしか打てないなら……そりゃ(時間があるのなら)設定6を打った方がいい。今の状況で1日徘徊をしてもスロットのエナで稼げる期待値なんて15000円、いや10000円もキツい。

 

それでも前者の2000円を選ぶ人が多いと思う。何故なら設定6は見えないから。でも、この時点で期待値的にはどうなのだろうか??

 

例えばさ、設定6を打って40000円の期待値が稼げます。となると、探すのに何台目で辿り着けるのか。そこまでの投資と時間が幾らかかるのか。それが重要になってくる。

 

1台目で辿り着ければ、期待値2000円のエナなんかよりも当然プラス。2台目でもプラス。ただこれが5台、6台と設定1を打った挙句に設定6に辿り着いたとなると……目も当てれねぇ。回収するにも時間が足らねぇ。

 

見えない期待値狙いの難しい所はこの部分。どれだけ期待値マイナスとなる低設定を打たずに、プラスとなる高設定にたどり着けるのか。どう相殺して平均期待値を叩き出せるのか。

 

リスキーで計算が出来ないから「最大期待値」であるはずの設定狙いをしない。したくない。理屈は分かるし俺もリスクは嫌いだ。設定のない場所でなんか狙えるはずもない。

 

でもさ、最低限のリスクさえも追わずに何を得るってんだよ、一体。

 

 

スロットをつまらないものにしている要因の一つは6号機かも知れない。ただ、いきすぎた机上の空論、ガキの小遣い稼ぎのような「期待値」というがんじがらめの宗教。同調圧力のような打ち方。これも要因の一つなのでは。

 

と、誰もいない『絶対衝激3』の島で思ったわけです。ちなみに設定状況的には5台程度の島で俺の台を含め設定4以上が2台。両隣の台もメニュー画面のダブルお尻やダブルおっぱいが多発していて、メニューを確認した人が1周期目で当てる。絶対領域からATに入らず、次の人がまた1周期目で……とループをしていたので、全台の可能性もあったのかなと。出率も低い台だしさ。

 

この時のホール状況。俺の目からすれば十分に戦える。そう感じた。

 

でも稼働しない。全体的にイマイチな稼働率。リニューアル初日と二日目はかなり派手な事(10数台ある某ノーマル機が全台等)をしていたからか稼働もしていたが、三日目からは空き台も多数。そうなってくると設定状況も下がる。店のやる気も下がる。

 

可能性はあった。埋もれている台も多数あったと思う。特にノーマルに関しては朝イチ300Gハマると放置状態。いくら6号機のノーマルでもそれは見切りが早すぎる。稼働している主な台は朝一数千円で当たって飲まれることなく……というパターンが主。

 

これで稼働しない、掘られないのならホールは一体何をすればいいのだろう。来店演者を呼ぶ?? 毎日全台系?

 

それこそありえねぇ。

 

ホールの信頼度という問題も大いに大いにあると思う。ただユーザーの知識レベルが凝り固まりすぎて、あらぬ方向に進んでいる。そういった問題もあるのでは。それらも含め、モロバレ台を「当たり前」にしてしまった6号機の罪と、それらを良しとしてしまい、露骨な「期待値釣り」をしようとしたメーカーの罪は重いのかも知れない。

 

期待値ってのは何だろう。

 

10000円の期待値が隠れているのに、目に見える小銭を拾うことか。リスクに怯え何もできずに縮こまることか。何を探すことが最善なのか。時代が変わる中で最良の勝ち方、期待値とは何なのか。

 

どうすりゃパチスロが楽しくなるのか。何Gから打ったら、期待値はプラスだから……んな話はクソつまらねぇし、どうせ落ちてねぇから気にすんな。

 

期待値noteなんて無理に見なくてもいい。自称勝ち組に憧れた挙句、成長バイアスに囚われなくてもいい。期待値はロマンだ。追うべきロマンだ。小銭じゃない。だから「俺」は楽しい。

 

遠くを見ている奴ってさ、足元に落ちているものが見えねぇんだよ。高設定という青い鳥は案外すぐ近くにあるものなんだぜ。

 

例えば、横の台とかね。

 

CLOSED BGM

What’s Up? / 4NON BLONDES

スポンサーリンク