【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年07月13日

ファン感謝デー

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

関東のユーザーの皆様が待ちに待った(笑)ファン感謝デー、最近は昔からやっている全国一斉のファン感謝デーの他にも、その地域だけ、近隣地域も含めてなど、開催範囲を様々に変更してのファン感謝デーが行われています。関東の場合には、全関東連主催のファン感謝デーが8月の20日~22日に行われます。お店はこの景品セットを今回の価格で言うと7万7千円で購入して、皆様にクジを配っています。大型店では複数セット購入して対応していますね。この賞品のセット、昔とは違い何種類もある中からお店が選べるように時代は変化しており、それなのでお店により1等賞品が違っていたりします。なるべく電化製品が当たるような品揃えだったり、商品は安くてもとにかく当たりの本数が多いセットとか、カタログギフトがメインのセットなど、本当に様々な種類が選べます。そのほかにも、すべてのホールでは無いですが、ハズレクジのお客様に配布用でお茶やお菓子、ヤクルトなどを配布できます。別にヤクルト配布と言っても、もらったヤクルトの裏に赤丸シールが貼ってあればグレートハンターの設定6が打てる! なんて事はありませんので、単なるサービスです。

 

現在は総付け景品ガイドラインもあり、お客様に物を配るにも様々なルールに気を配らなくてはいけなくなりました。それにご存じのように広告宣伝規制もあり、イベント規制もあります。昔と違いファン感謝デーというのはそういうものが「著しく射幸心をそそるおそれが無い」のであれば許される貴重な日になっています。昔のファン感謝デーは実際にパチンコパチスロファンにはあまり喜ばれているとは言えず、お店も業務的に行うことがほとんどでしたが、これだけイベント規制されると、ファン感謝デーにあえていつもより出玉還元をしてイベント代わりに使う店も出てきました。そういうお店の情報は業界人よりもお店の地域のファンのほうが情報早いですね。うまく活用すれば昨今のペースでファン感謝デー開催なら貴重な特定日に育てることも可能なのでは? と思います。そんなファン感謝デーですが、最近はWチャンスがあるのご存じですか? このWチャンス賞、ハズレクジに必要事項を記載してホールに置いてある応募箱に入れて、ホールから事務局に送ります。で、事務局での抽選に当たると豪華景品が当たる! なんてのがありますが、知っている人が少ないのか、住所氏名を書きたくないのか、私の知る限り応募者が限りなく少ないです。

 

例えば今回の全関東連夏のファン感謝デーを例にとると、1都10県での家電量販店で20万円分買い物ができる権利が24本も当たります。10万円相当の選べる1都10県ペア宿泊も22本当たります。はっきり言ってこれだけ応募が少ないと、全国的に見てもそこまで応募が殺到しているとは思えず、このWチャンス賞は実は当選確率が結構高いのではないでしょうか? もし、知らないというのであればくじ引きでハズレクジの際に、店員さんが回収するお店も多いですが、クジをもらって裏面をよく読んでみてください。カタログギフトだけで当選本数が100本もあるので、おそらくホールで1等賞品を当てるより確率高いのでは? なんて思ってしまいます。理由は現時点での応募者の少なさもそうですが、他店であまりこの「応募箱」を見ないからです。そんな感じのファン感謝デー、昔のイメージを捨てて、ちょっと遊びに行ってみてはどうでしょうか? お店側も貴重ないわゆる「合法イベント」ですから、今後を考えて育成したい特定日だと思うんですよね。期間中にそのお店の特定日が重なったりしたら…それはもう、激熱だと思います。

 

ファン感謝デーは11月に全国ファン感謝デーもありますので、今まであまり気にしなかったユーザーの方も、古い経験則などは捨ててフラットな状態で、令和のパチンコファン感謝デーを楽しんでみてはいかがでしょうか? 私も実は20年以上前の東京都遊協ファン感謝デーで当選したラーメンのどんぶりを今でも使っていたりします(笑) 最近はイベント的な事を行えず、パチンコ、パチスロはエンターテイメントでありながら楽しみ方が出玉と新台ばかりクローズアップされてきました。やはりカジノも「博打」と言われないように、今では統合型レジャーとしてのIRなんて感じで全体として様々な楽しみ方を提供して、そのひとつにカジノがある、なんて形になっています。パチンコ、パチスロもレジャーとしてもっと楽しめる環境をお店が整えないといけないですよね。法律との狭間で難しいですが、ファン感謝デーはそのきっかけのひとつになれば、なんて思っています。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク