【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年07月05日

ホール再編が進むパチンコ業界

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

旧基準機撤去問題にコロナウイルスのダブルパンチで倒産する企業、閉店する店舗などが多いのはかなりの業種に上ります。報道では天皇陛下やサッチャー首相が宿泊したような歴史あるホテルも閉館すると言っていましたし、観光業・飲食店に比べたらまだ、現金商売のパチンコ店はマシなのかもしれません。何しろ観光業は「インパウンド需要」だと声高に準備をして、先行して設備投資をしてきたのですから。観光バスなんて納期1年待ちとか言われていたのに、今となっては観光客が来日しないのですから。都心部のホテルなんかも建築計画を立てて完成したころにはコロナで海外のお客様どころか国内旅行に出張の需要も減っているのですから。

 

もちろんパチンコ店も同様なのですが、パチンコ店の場合にはM&Aで吸収してしまう事例も多く、パチンコ事業を売る側はやはり創業者から2代目、3代目と経営が移り、パチンコ屋という事業に対する愛着が無くなりドライに経営状態によっては撤退しても良いと考えるオーナーが増えたからかと思われます。なのでここ最近では、「えっ?お客様まだ居る店なのに?」という店が系列店もセットでM&Aされる事例も起きてきています。例えば「ウエスタン」の屋号で今も都内で営業している10店舗は、実はすでに埼玉県を中心に店舗展開している「ガーデングループ」の傘下になっていますし、埼玉県の「スポーツ館」の屋号の5店舗も、北陸の「じゃらん」の傘下になっています。関東だと平塚や五反田にお店ありますね。

 

「キコーナ」の屋号でおなじみのアンダーツリーグループは、もうご存じのように関東には「金馬車」をグループごと傘下にして進出しましたが、大阪の法人なのに既に神奈川県では一番店舗数を保有する法人になりました。今一番店舗数拡大の勢いがあるのではないでしょうか? びっくりする事例では神奈川県で経営する「ドキわくランド」の屋号の9店舗が関西の「アミューズ」の傘下になったことです。「ドキわくランド」と言えばあのオータグループの兄弟筋になり、オータグループと言えば若い人は知らないでしょうけど、かつては業界1位だった法人様です。とても身売りするような経営状態には見えなかったのですが、逆に言うとそれだけ健全経営をして地元に名前が浸透しているチェーンだからこそ、高く売却できたのかもしれません。

 

この春に業界内を騒がせたのはオークラホールディングスによる「パラッツォ東京プラザグループ」の買収で、これはいくらおーくらホールディングスが香港で株式上場をしているとはいえ、15店舗の法人が20店舗以上を経営する法人を飲み込んでしまったということになり、業界内がざわつきました。一方で駅前に200台とかの規模のお店はなかなか買い手がつかない状況で、ここに流通業が大型店化して商店街が寂れていった事例を思い出すとヒントがありそうな気がします。流通業もダイエーやイトーヨーカドーなどに勢いがあった時代から、イオンが覇権を取る状況などへの変化の間、淘汰された町の酒屋さんや煙草屋さんもありましたが、「コンビニエンスストア」という業態に業態転換して成功しているお店も数多くあります。

 

この6号機時代、この機械を入れたらお客様が増える! なんて機械はありません。未導入だとお客様が減る! という機種は牙狼とか韋駄天とかありますけどね。そうなるとやはりM&Aするにも「人財と営業力」を見ることが多く、昔のM&Aでは「店長のやり方で営業したから身売りすることになったんだよね」という評価で、買収された側のスタッフがそのまま退職するのは当たり前でした。しかし現在はスタッフも含めて、機械も現状渡しで、などとその契約内容も変わっていますが、やはり中長期的に見ると取引業者などは変わってきます。どの業種でもありますが、大量仕入れで仕入れを安く、大量販売で売り上げを伸ばして、そういう考えになりますので取引業者は変化が起きますね。

 

そうなってくると例えば10店舗の法人さんと付き合いがあった業者さんなどは、M&Aによりそこがそっくり他社に奪われる、ということです。つまり関連業者さんにも影響は連鎖していくということです。現在は旧基準機撤去期限の延長と公的融資のおかげで小休止、といった感じにも見えますが、年末年始にはまた閉店店舗の話やM&Aの話も増えてくると思います。打ち手からすれば、法人数が減り近隣が同一の企業のお店ばかりになるということはデメリットはあってもメリットはあまり無く、地域に競争が無くなればお店側の主導権で営業ができるので、いわゆる専業の人たちには今以上に苦しくなるでしょう。と、暗い話ばかりでしたがこの夏にはそろそろ高齢者のコロナウイルスワクチン2回目の接種が終わりそうな気配です。この手のワクチンは科学的な効き目も大事ですが、やはり人間ですので「ワクチン接種が終わった」という安心感が行動に変化を与えるかもしれません。そういう意味では今週から新装開店の「Pスーパー海物語IN沖縄5」の高稼働する要因がまた一つ増えたのでは? と個人的には思います。やはりパチスロよりパチンコのほうが期待できますよね。残念ながらパチスロに明るい話題は見えてこない、それが現実だったりします。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク