【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年06月25日

知らなきゃ打てない

6号機が動かない理由とは何か。

 

そりゃ色々ある。上限2400枚もそうだし、有利区間継続等々が複雑すぎて「知らなきゃ損をする」局面が多すぎるってのもライトユーザーが打ち難い理由の一つなのかも知れない。暫くパチスロから離れていたユーザーだと分からない(分かり難い)と思うんだよね、6号機って。

 

4号機は機種ごとのルールが似たようなもの(RTテーブルとかね)だったから知らずとも打ちやすかったのだろうけど、今の6号機はルール自体がてんでバラバラ。『頭文字D』のよなA+ATタイプですよとか、高ベースタイプですよとか、カテゴライズされていけば分かりやすいのかもね。

 

ま、いつの時代でも「稼げる機種はわかり難い機種」ってのは間違いないが。

 

さてそんな中、俺が思う(ここ最近の)知らなきゃ勝てない機種が二つ。ちなみに『チバリヨ』は地域的に導入がないので除外。

 

まずは『パチスロ鉄拳4 デビルver』。

 

『戦国乙女4』のような有利区間頭を強くしている台の究極系とも言える、デビルスペック。何が辛いって有利区間が切れないのだ、この台は。

 

700G、400G、200Gと有利区間が続いていき、ようやっと待ちかねたフリーズ高確率デビルゾーンに突入。ちなみにデビルゾーン準備中と呼ばれる(最大200G程度の)モードは読んで字のごとく「準備中」なので何も起きません。だって準備中だから。

 

有利区間頭が頭が強すぎるが故に、そうそうリセットするわけにはいかない。基本的に有利区間は1500Gの限界近くまで引き継がれる。この「引き継がれるシナリオ」含めてのデビルver。

 

なので引き継ぎ後半(有利区間残りが少ない状態)でATにいれても2000枚はおろか、1000枚取れないこともある。この機種で大切なのは有利区間を終わらせる事。設定差もそこにあるのかも。

 

そして、その後のフリーズ高確率でフリーズさせる事。さらに、再びフリーズさせる事。

 

実際6000枚クラスのV字回復は見かけるし、ある種の鉄火場とも化しているのでこれはこれで有りなのかもね。ただし、素直に打つと有利区間1500Gをマルっと拘束される可能性もあるので、CZ一発勝負というよりも、区間一発勝負で考えた方がいいかなと。残り時間には要注意。

 

1500Gという先にフリーズという蜘蛛の糸。動画を見ながらパチスロを打つ……なんて書くのは嫌いだし、んな奴はクソだというのが俺の持論ではあるが、この機種に限っては仕方がないかも知れない。

 

まっじで消化していくだけだから、通常時は。多分、メーカーも割り切って作っているんじゃないかな。そこじゃねぇんだ。この機種は。

 

もう1機種は『パチスロ ガールズ&パンツァー 劇場版』。

 

 

俺が思う初代ガルパンのいい所って高ベースと純増のバランス、つまりは初当たりと出玉のバランス。あとは期待感という部分。

 

期待感を維持させる。

 

いうのは簡単だけど、パチスロでこれを実現するのは中々に困難。そもそも期待感を維持するも何も「いつでも当たる」のがパチスロなわけだからさ。ただAT機でそれを維持させるのは、やはり困難。ほっとんどの台が大失敗している。

 

これを上手い事緩和していたのが初代なのでは。

 

期待感の異なるCZもだし、通常時のモード移行もそう。とくにモード移行に関しては(おそらく意図的に)分かりにくくしているからこそ期待……妄想ができる。あの台は「打ち込んでいるか否か」で設定推測の速度も変わってくる台だと思う。北斗修羅とかも経験値がものをいう台かな。

 

そして16384という引けそうでいけないフリーズ。取れそうで取れないS Sランク。

 

黒森峰強すぎる問題はあるが、自力バトルの見せ方にせよ、そりゃファンも納得の出来栄えですわ。

 

で、今作。

 

これ『ガルパン』の後継機として考えると、ツッコミ所は多い。保証ゲーム数はあるものの、バトルをしているというよりは相手のHPを削っている感覚に近いし、作戦や……

 

 

トゥータ頼りすぎるのも、如何なものかと。

 

 

愛里寿への挑戦という実質的なストッパーがあるから出玉の中央値は纏まりやすいのかも知れないけど、こういった手法で出玉値を調整されるのは苦手。6号機ではありがちだけどね。北斗無双とか。

 

でも、当たりやすいしATにも入りやすい。打感としてそこまで悪いわけじゃない。(AT中はやはりバトル系としては一枚落ち)

 

んじゃ何が知らなきゃ勝てないか。

 

知っている人が殆どだと思うけど、この機種って「左1ST」厳守なのよ。別に右や中から押して警告音が出るわけじゃないが、左1STのベル確率だけ下がっていて、右中は上がっている。ようは右や中から押すとベースが跳ね上がる。

 

6.1号機でありがちな「ベルをこぼさせる為」の押し順ナビを、打ち方を左1STに固定させることのよって、この機種はベースを下げている。だから左から打たないとベルが入賞してもベルPTが加算されない。

 

打ったことないけど『チバリヨ』も似たような仕組みだっけか?

 

これ……

 

個人的には凄くいい。めっちゃ楽。そもそも「押し順ナビ」を発生させると、どうやってもレバオンゲーになってしまう訳よ。テンポも悪いし、小役を絞る楽しみもクソもありゃしねぇ。それが左1STなら無い。

 

ただ、警告音と言わずも画面が一瞬暗転(5号機初期の高ベース機とか何故か多かった)するとか、何らかのアクションはあったほうが良かったと思う。そうなっていないって事は「何か理由」があるのだろうけど……。

 

それに気づかない人もいると思う。

 

何故なら、6号機はカテゴライズが未だまとまっておらず打ち手、特にライトユーザーにとっては分かりにくいから。これが5号機ATのように「左1ST」が常識になれば問題ないと思うけど……

 

俺、1000円で100G近く回ってから異変に気づいたもん(滝汗)

 

CLOSED  BGM

Good Stuff / ベッカスティーブンス

スポンサーリンク