【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年06月04日

未来感が凄い

子どもの頃に思い描いた未来なんてやってこなかった。

 

未だに車は地べたを走り回っているし、ホバーボートも実用化には至っていない、ドラえもんなんてもっての他で、月に行けるなんてのも夢物語だ。誰かが言っていたっけ。手塚治虫が未来を描けなかったものは唯一「スマートフォン」だけだって。

 

ピポパポピポパポとボタンで操作するガラケーなんて、もはや滅多に目にすることもなくて、パチスロのお供にも最適なスマートフォンが世の中の主流。実際問題としてスマホなしの生活なんてもはや考えられない。

 

そりゃ、スマホを見ながらパチスロを打つのが普通の光景にもなりますわな。

 

が。

 

その全てに叛逆の狼煙を上げたメーカーがいる。スマホを見るなら筐体を見ろと。転載ばかりのアフリィサイトを見るなら筐体を見ろと。この液晶を見ろと。

 

 

『パチスロ Wake Up, Girls ! Seven Memories』

 

まずは基本的なゲーム性を……なんて書き出しはこの台には必要ない。打ち方が必要ならタッチパネルで上部液晶(メイン液晶)の「?」ロゴをタッチすればいい。そうすりゃ、遊技説明やメーターの説明、ステージの説明、キャラの説明。おまけに設定示唆要素の「確率」までも表示してくれるという優れもの。

 

良くあるじゃんか。

 

この示唆セリフの数値を知りたい時ってさ。そういう時にスマホでググる必要は一切なし。タッチパネルを操作すれば、ミニゲームによる示唆も確率も全てが丸わかり。

 

勿論、グラフや小役確率だってね。

 

いやぁ、この潔さは凄いわ。普通さ、隠すものだもん。セリフにおける設定示唆内容なんてさ。

 

ただあえてツッコミを入れておくと、NET(カラミナ)さんの前兆期待度の捉え方。これにはちょっと疑問。以前にも別の機種で似たような表記があったのだけど、この機種で言うとCZ前兆にあたる「ZOOステージ」と「アイドルの祭典」の成功期待度。

 

 

「ZOOステージの」場合だと43.9%から60.3%。後者の「アイドルの祭典」だと(選択ステージによって変わるが)下位ステージだと13.87%から24.28%。

 

これが自力系の前兆ステージなら分かるし、実際そうなのかも知れない。

 

ただ前兆の期待度と書かれるとどうにもピンとこねぇ。例えば『吉宗』とかだって高設定のほうが高確率における設定別の当選期待度は高くなるわけですよ。だってサッサと当たるからスルー回数が減るもん。

 

これに設定差と言われても……ま、実際は複雑な抽選をしていて「前兆毎における抽選」なのかも知れないけし、ガセ前兆の入り方等でも調整しているのかもしれないけどさ。

 

説明はしてくれるものの、打っている打感として「何がCZ」で「何が前兆」なのかが、分かりずらいんだよね、この台。明確なCZ扱いとして位置している「WUG!ミッション」を経由して擬似ボーナス、もしくは本チャンATである「WUG!ライブ」を目指すのが、本機種の流れ。

 

最初はさ、指定された小役を引けというCZにも癖があるなぁと思ったんだけど……これパターンを覚えたらなかなか面白い。

 

 

上の画像だと右アイコンの「青の子」が点灯しているので、チャレンジゲームでリプレイが入賞すれば確定。中右と押しての中段テンパイ。もしくは逆押しでの中段リプレイ。これは実戦上だとリプレイ確定。

 

なので二確。

 

左のアイコンは主に「ナビ」に対応していて、それぞれが「右、中、左」。これだとリプレイやらベルが非対応状態でナビが出ないとゼロ殺……ともならない。ショートフリーズをしているのか、一瞬遅れてからのナビもある。

 

そして第一停止での告知もある。いや、なかなかやるね。

 

さらに、NETの遊び心はこれだけじゃない。本チャンATとなる「WUG!LIVE」。俺だってそれなりの数のパチスロ機を打ってきたんだ、どういったATなのかなんて打つ前から予想はつくわけですよ。

 

最近の流行りというか「化物語」あたりから始まり「リゼロ」にも使われていた、本編とは関係なく数字が回っているタイプのATかなぁとか。「マイケルジャクソン」みたく、観客を沸かせるタイプなのか。それとも「ひぐらし絆」みたく意味もなく走っている系なのかとかさ。

 

大体は想像がつくわけです。題材に対してのATってのがさ。ま、この手のはライブしてー。アンコールしてー。継続してーってのが王道でしょう。

 

ただ。

 

 

まさか実写が出てくるとは思わんかった。

 

下パネルに観客席を映しているってのは他の歌スロを思い出しても、ちょと思いつかない。ま下パネル液晶の機種のほうがレアだけど、こういうのってPVやアイドルを撮っている絵が多いのよ。そうではなくてライブ感を表現するために、下パネルを上手く使っていると思う。

 

AT性能的にも悪くないはず。そりゃショボ枚数で終わる時もあるが、中央値自体はしっかりしているんじゃないかな。通常時にはあまり触れなかったけど有利区間の使い方(打たせ方)も考えてるなぁと思う。演出も強弱がしっかりと効いているしさ。

 

……まさかNETは6号機で新たに表現しようとしたのか。パチスロで歌を聞くのではなく。パチスロでライブに行くということを。

 

もしも、そうなら。

 

 

NET、最高じゃぁぁん!!!!!

 

CLOSED  BGM

IDOL is DEAD / Bis

スポンサーリンク