【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年05月16日

たまには新台の話をするか…

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

みんな大好き新台情報! ということで新台情報をたまに提供してきましたが、実際のところ最近の新台、集客力あるんですかね? というか瞬間的には集客するからお店も導入するのですが、1週間もすればその打っていたお客様達から「次の新台は何入れるの?」なんて聞かれることもよくあります。そして次の新台が出るまでは、慶次漆黒に戻る、北斗無双に戻る、源さん韋駄天に戻る、なんてのが多数のユーザーの動きではないでしょうか?

 

今回緊急事態宣言の延長により21世紀会決議で決めていた旧基準機の設置期限が再度延長になりました。つまり慶事漆黒もマイジャグラーⅢも来年まで使える訳です。7月には撤去と言われていたマイジャグラーⅣだって12月まで使えます。そうなってくると、新台、特にスペックダウンが著しいパチスロは買う理由が無くなりますよね。実際自分でパチスロ新機種の説明を受けて実機を触っても、「うん、まぁまぁだよね」なんて言えるような出来だとしても、その後に「6号機としてはね」なんて続くレベルで5号機にはちょっと相手にならないんですよね。

 

そこへきて再販で導入予定であった「SアイムジャグラーEX」の緑パネルがあるのですが、これもお店によっては5月~7月にマイジャグラーⅣを撤去なんかしたくないので導入を延期する店が出てきました。ファンが打ちたくてお店も設置を続けたい機種があるのに、それを撤去してファンもお店も求めていない機械を導入…したい訳ないですよね。だけど毎日白いご飯ばかりでは飽きるように、たまには箸休めに新台を打ちたいのもユーザーの心情。という訳で前置きが長くなりましたがサンセイさんの新機種「P巨人の星 一球入魂3000MH」の紹介です。

 

以前に4段階設定付きで巨人の星は出ましたが、今回は設定は無しで流行の1種2種混合機としてのデビューです。大当り確率は1/319.68でアタッカーは11個賞球。少ないと感じますがスペックがちょっと変わっています。まずヘソで大当りを引くと45%で8R通常、45%で8R+RUSH突入です。そして10%だけ、何と4R+10R+10Rの3連荘確定当りがあります。まずは8R+RUSH突入のボーナスを引くと時短1回転に突入。1回転+保留4個の5回転にチャンスがあります。この1回転目で大当りすれば約2000発獲得確定となります。これに失敗した場合と7図柄揃いで3連荘が終わった後、遊タイム発動の880回転消化後には、9回裏BATTLEという保留4個を消化する演出に突入します。ここで大当りすると50%の振り分けで約3000発獲得確定、残りの50%は約1000発獲得確定です。

 

ユーザー視点からすると、3000発の当りの連荘が期待できるという新しい形のスペックと言えそうです。演出の面でもなんとオールジャパンチームの演出が搭載されて、飛雄馬、花形、左門、伴がチームメイトになります。いつも通りのライバルと戦うモードも用意されていて、好きなほうを選択できるのは良いですね。やはり私が遊技するときもそうなのですが、なかなかパチンコ、パチスロに1日を費やすことが出来ません。そうなると韋駄天打つか、となってしまうんですよね。韋駄天が面白いのではなく、使ったお金の見返りが期待できるのと時間効率が他の新基準機よりマシなのと、やはりお店が回せるスペックだというこの3つがヒット要因かと思います。いくらボーダーが低くても、回らないパチンコはストレスでしか無いと自分は思うのです。この巨人の星はスペック的には夜や仕事をサボった時のチョイ打ちの需要がありそうですね。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク