【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年04月26日

パチスロ、今後大丈夫なの?

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

今回は皆様も興味の薄れてきているパチスロの話。完全6号機時代まで1年を切っていますが未だにお客様視点から、そしてホール視点からの「ヒット機種」は出ていません。販売台数は確かに「Reゼロ」など、マシな機種はありましたがそれでも6号機の中での話。5号機時代、4号機時代のように売れる事なんて全くありませんし、4号機末のように「最後の…」という枕詞でトゥームレイダーとか俺の空、アリバXに喰い付いたホールが多かった事などもう知っている世代も少なくなってしまったのでしょうね。思えば2007年10月からの完全5号機時代からもう14年も過ぎているのですから、5号機デビューの世代ももう30代の人が居る訳です。5号機を基準に捉えても魅力が落ちたと言われる6号機ですが、実際パチスロはどうなっていくのでしょうか?

 

こういう時にはまずは業界人向けセミナーのありがたいお話に耳を傾けてみましょう。いきなり見出しがインパクトあるのですが、「データを基にパチスロからパチンコへの早期シフトを提唱」とあります。去年12月以降はパチンコの売上、粗利が上向いており、パチンコの新基準機には可能性を感じるものの、パチスロ6号機は売上・粗利・稼働と減少している状況で、5号機時代より減った粗利をパチンコで補填する状態がビックデータからは読み取れる、という事です。極端な言い方をすれば頑張っても無理な6号機で利益を取れないぶんをパチンコで取り、パチンコの可能性を摘んでしまっている、という事で、パチスロをどう頑張るか? というよりはパチスロを頑張る労力をパチンコに使う方が…みたいな感じですね。実際リニューアルでパチスロ減台してパチンコに変える店も出てくるでしょう。

 

その一方で、店舗当たり遊技人口や台当たり参加回数が2016年を上回っており、いつもの店の閉店など様々な理由での浮遊客がここ30年間の業界の歴史の中で一番多い、ピンチはチャンス! と捉えるコンサルタントの方もいます。しかしながらそれは全体で見た話でPS別に考えると誰もが厳しい意見を述べています。6号機になり各社機械代が値上がりしている中で、売上は落ち、粗利も落ち、仮に10週間設置したとしてパチンコ平均よりも粗利が7万円程度少ないです。機械代の償却率も14%ほどパチスロのほうが低く、これでは新台を買ってもパチスロは買えば買うほど支払いが増えて、それを補填するためにパチンコまで利益率を増やして…なんてやればもう、その先は分かりますよね。どうせお金を使うならお店はパチンコのほうが結果が出やすいのだからパチンコを優先、そういう状況が強い店ほど出てくると思います。

 

それは強い店なら「パチスロ減台、パチンコ増台」という工事費用が出せますが、コロナで疲弊している今、大抵のお店は簡単には出せないでしょう。新宿南口の●●ハンさんもGW明けに閉店するような時代です。そうなると入替を減らすしかないですね。入替を減らすにはいわゆる「固定島」と呼ばれる、半年~3年入替の必要が無い人気機種が必須になります。が、6号機でそんなの無いですよね。消去法で行けばやはりジャグラーやハナハナという事になりますね。なんてそういう真面目な話、コラムの内容を掘り下げる話などは、どうやらパチスロクロスさんが動画での新番組を企画しているらしく、もしかしたらそちらのネタになるかもしれませんね。レンタルプランなんてのも機械代削減には有効なのかとは思いますが、どこのお店も今はパチスロをどうするか、頭を悩めているのが現状です。

 

なんだかんだ言って、即効性があるのはパチスロ営業なので仕方ないですね。ジャグラーは今後半年で2機種も新たな6号機ジャグラーが発表予定なので、どうしてもジャグラー中心になりそうです。しかしそのジャグラーですら、販売予定台数と現在の設置台数を比較すると大幅に足りない。つまりジャグラーの台数が市場から減るのですが、当然分母となるパチスロ設置台数も減ります。すでにGWでは大型店などはパチスロ、それも例えば低貸しの2スロを辞めてパチンコ島に工事してのリニューアルを行なったり、純粋にパチスロを減台したりとの施策が進んでいます。これは当然パチスロ売り上げが減るのですが、どうせ機械を買うのであればすこしでも長持ちして利益を残してくれるパチンコに投資したい、そういう気持ちのあわられでしょう。

 

パチスロ好きなお客様が多いのは理解しても、そのパチスロ好きなお客様は今の6号機の新台では満足してくれない。結果購入費用も回収できずに赤字になる。そのような負のループでパチスロ市場の冷え込みは間違いないでしょう。そこへ東京大阪の緊急事態宣言ですから、昨年同様に今年もぱちんこ業界は明るい話が無さそうですね(涙

 

それではまた来週!

スポンサーリンク