【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年04月09日

謎に味を足してみる行為

……何故に俺は『CR華原朋美とみなしごハッチ』の動画を見ているのか。

 

始まりは京楽産業から販売予定の『ぱちスロ 沖ハナ30』に乃木坂46が出ているという事だ。そりゃあね、ちまたではFREEはロックが好きだ。パンクが好きだ。音楽のセンスがいい。なーんて思われているのかも知れないが、何てことはない。

 

普通にアイドルも好きなのだ。つーかアイドル舐めんなよ。

 

プロ意識の高さもそうだし、トップを狙えを彷彿とさせる努力の積み重ねもそうだし、自己プロデュース能力もそうだ。ある意味では「腑抜けちまったロック」よりもロックと言えるのかも知れない。

 

多様化を求められた結果、攻めている楽曲のグループも多い(よく分からねぇ方向性のグループも多いが)からね、マジで。アイドルとは何ぞや、だ。

 

ま、残念ながら乃木坂の楽曲を聴くという機会は少ないんだけどね。あれです、映像研から本格的にハマっているので只のニワカです。

 

とにかく、気になったわけよ。『沖スロ』と『乃木坂』という謎の組み合わせに。かつPVを見る限りはボイス中心(とパネル)のみの出演。本当にこれだけなのか。これだけのための乃木坂出演なのか……ってね。

 

まるで「単品」では弱いから、何かを付け加えたみたいじゃねぇか。

 

これじゃまるで『華原朋美とみなしごハッチ』のような謎タイアップじゃねぇかよ。

 

んなわけで原稿を書きもせずに動画を漁っていたわけですが、この台にはさ。ちょっとだけ思い入れがある。今ではほぼスロットしか打たないけど、当時はパチンコも打っていて、それこそクロスチャンネルで動画になっていた『CRフィーバーゴースト』なんて大好きだった。

 

ちなみに俺のベストぱちんこ台は『CRラブラブカップル』です。いやあれは名器だぜ。色々な意味で。「ぱちんこ」なんだけど、「スロット」っぽいというか、男女ペアの組み合わせとセリフで当たり外れが分かるというリーチ目的な要素もあったからさ。厳密にいうと「ぱちこん」になるんだっけか。

 

いやマジで動画で見たい。俺のマイクを握るかい、なんてセリフに女性演者の方がどう反応するのかなんて考えるだけで、それこそ俺のエリンギが……。

 

ごほん。話を元に戻し『CR華原朋美とみなしごハッチ』だ。人生の勝負という名のモラトリアムに敗れ地元に戻ってきて、当てもない暮らしをしていた時に打った台。それがこの台、だったんだよね。

 

何故に打ったのかというと、おそらく天釘の蜜壺ルート(そこからステージにいけるのでヘソ入賞率が上がる)が優秀だったとか、そういった理由だったと思うけど、まぁもしかしたら癒やされたかったのかもね、俺は。

 

なんせ『みなしごハッチ』だ。そして華原朋美だ。癒されないわけがない。

 

が、しかし。この台は全く人を癒さない。むしろ、嫌な気分にさえなる。

 

何故か妖精(というか昆虫なのか?)になった朋ちゃんが体を張ってハッチをママの元に送り届けようとし、そしてそのまま蛇だか大蛇だがに攻撃され死んでしまう。当然、これはハズレ。

 

ではなく大当たりなのだ。死んだはずの朋ちゃんがやたらグルービーに歌い上げる、大当たり中の楽曲「みなしごハッチ」をどういった面持ちで聞けというのか。あんた明らかに死んでたやん。ありがとうって言われていたやん、さっき。バリアをあっさりと蛇に破られていたやん。

 

図柄変動時に毎回流れる「ゆーけーゆーけーハッチ、みなしごーハッチー」のイントロも相待って、俺の中では「みなしごハッチ=仲間の死」。そして華原朋美なのだ。

 

感動とは何か。死とは何なのかを考えさせる驚愕の謎タイアップ。

 

せめて朋ちゃんは生かしておいてやれよ。

 

あれだろうなぁ。やはり「みなしごハッチ」だけでは弱いし「華原朋美」だけでも弱い。そういった事だったのかなぁ。

 

……なーんて流れで動画を漁っていたわけです。勿論、動画を漁るだけではなく、データも漁っていた。とある機種のね。

 

一応、名前は伏せておくけども、あれだ。蛙だよ、蛙。

 

イメージとしては先行導入から全国導入が始まるまでは連日全台系。それも台数は10台以上。6号機ノーマルで4000枚クラスがゴロゴロしていて全台プラスなんだぜ。看板機種ってのがあるにせよ、そりゃ気合いも入っているさ。先行導入だから「いいイメージ」を定着させたいってのもあったのかもね。

 

ちょっとだけ打ったけど、出来としては悪くないよ。示唆要素はなくてもいいかも知れないけど。(ノーマルは1を6と思って打ってくれる人が重要)

 

ただ、それでもやはり機種運用というのは本当に難しいのだなと。

 

確かに連日全台だった。それが全台ではなくなり、段々と差枚がプラマイゼロの台も目立ってきて、それでも設定は入っている(それもかなり厚めに)と思う。特にノーマル機なんて、ちょろっと回したぐらいでは分からないからね。高設定が必ず勝てるわけではない。

 

でも潮が引くかのように一気に動かなくなるんだよね。IN枚数から考えると埋もれていたっておかしくないのに掘られない。何故、打たれないのかがわからねぇ。

 

ガッチガチの専業や軍団目線でいくと「不確定」な台に手を出さないのが正解だが、全員が全員ガッチガチというわけでも無いだろうに。

 

機種に魅力が足らないのか。それともパチスロ。特にノーマル機というものに対しての向き合い方が変化してきているのか。

 

純然たる6号機のノーマルはやはり厳しいのかもね。

 

蛙には無理だが、やはり『ひぐらし祭2』のように、(A)RTという付加要素を付け加えるべきなのか。単品では弱いのなら、何かで補うべきなのか。当たる喜びってのもあるけど、やはり枚数的な部分(瞬発力)なのか。

 

でもなぁ。

 

乃木坂と沖スロもピンとこねぇが、蛙と華原朋美ってのもピンとこねぇ話だよな。

 

CLOSED BGM

青春の天才 / 筒井あやめ

スポンサーリンク