【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年04月04日

先週のコラム書いていたら、打ちたくなったので…

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

先週も書きましたがYouTube動画、なんだかんだ言って昔の機種の名前だけでとりあえず見てしまうのは事実です。はっきり言って6月に延期した牙狼のPVよりも、チェロスさんの動画に出てきたジャスティの動画のほうが興味あるしw そんな状況になって、チャイニーズドラゴンのおひざ元、江戸川区に行く用事も無くなった公休日、ふと「そういえば最近他店に打ちに行ってもパチンコだよなぁ、パチスロも打たないと」という事で、タマには朝イチから並ぼう! という発想になって遠征してきました。不思議なのは予定の無い公休日は2度寝、3度寝をしている私が普段より寝るのが遅いのにキチッと朝目覚めました。20代の頃、伊勢佐木町店某店に並んでいた頃を思い出すような気合です。これが「パチスロアイド●マス●ー打とう!」だったら多分寝坊していたでしょうね。目指す店に設置は1台。10時開店なのに7時に起きる用意周到さ。やはり競馬やボート、競輪なども予想している間がなんだかんだ一番楽しいのと同様に、パチンコ、パチスロ屋に並ぶときは、その並んでいる間の妄想、「今日は万枚出して何食べるかな」みたいなのが楽しいのです。私も車に乗り込み運転しながら「連荘止まらなかったらどうしよう?」とか、「大ハマリして他の機種もお客様が多くて台移動出来なかったら競輪場?ボートレース場にでも行くかな?」なんて考えながら走る事30分、まずは高速道路に乗ります。

 

はい。高速道路というワードでわかる通り、ちょっと打ちに行く距離では無いのです。7のチカラを実感するには車で10分程度なのに……。運転しながらも色々と昔を思い出し、気が付けば降りるICを間違えて開店の10時を過ぎる始末! そんなこんなで到着したのは東京は福生市の「ゲームセンタータンポポ」さんでした。ここではYouTube動画で見ているレベルの旧台が実際に遊技出来るのです。それもメダルレスとかのショボい機械では無く、きちんとホッパーからメダルを吐き出すだけでなく、スロゲーセンにありがちな「当店は全台設定6です」なんて事は無く、ゲームセンターなのにお客と店の真剣勝負まで再現しているお店です。コインパーキングに車を止めると時刻は10時10分、お目当てのニューペガサスは1台、誰かが座っていたら終わり…という状況の中、トリップメーターを見ると99キロ……。高速代往復に駐車場代、1日遊技料金3千円まで払って換金できないアミューズメントのニューペガサスを打つ! 20代の私には理解できない行動かもしれませんが今の私にとっては素敵な休日の始まりです。何故か2号機は大人気ですでに半分以上埋まっていたのに1.5号機は大半が空き台でした。さぁ、実戦開始です。いわゆる800の小箱に入れてあるメダルを借りて遊技スタート。リセットモーニングは無し。とはいえ昨日のデータも知らないのでリセット掛かっていたところで…ってな話。

 

ここ「ゲームセンタータンポポ」は先ほども書いた通りALL設定6では無いお店。ニューペガサス打っていた人であれば、ニューペガの設定6ってツマラナイのは理解してくれるでしょう。ニューペガサスには設定4を期待して打つ人が大半ですが、設定4確定の瞬間はその日の負けがほぼ確定するという非情なる機械です。このニューペガサスは設定4だけ最大天井が1700枚、設定1~3は1600枚という素敵な機種でボーナス間で1600枚を超える吸い込み=設定4確定でした。設定4だと72.5%の確率で400枚以内の吸い込みでボーナス当選します。このニューペガサスは「吸い込み方式」というものを使っており、●●枚吸い込んだらボーナス成立とあらかじめ決まっています。なので通常時にベルが揃うと15枚払い出しがありますが、逆に言うと5ゲーム分、ボーナスが遠のいたと言えるのです。それなのでニューペガサスを打つ人は逆押しして小役をハズしているのです。やはり昔の台の話をするとこのように説明から余談まで話が膨らむのでYouTube動画にはもってこいなのでしょうね。そんな私は小箱2箱目のメダルに手を付けるころにBIGボーナス!

 

 

ここからなんと馬(REG)を引かずにBIGだけでの連荘で、あっという間に大箱2箱目突入でした。この出方は6否定、とまずは6の可能性消去(笑)馬が出ないで2000枚一気に出たのですが、その後も馬を含めて十数連荘、いやぁ、やっぱりニューペガサスは楽しいですね。吸い込み枚数を小役揃うごとに足したり引いたりしながら打つからボケ防止にもなるし(笑)そんな感じでまわりを見ると、やはり2号機は人気なのに1.5号機は座っていまクレジット機能が無いと確かに疲れますからねえ。

 

その後は2度の大ハマリ!ここで設定5の天井も超えて、「もうすぐ設定4判別できる!多分4だよね?それとも引き強の1?」大箱2箱使っていたのがいつの間にか下皿満タン。お店のスタッフのハザマさんに教えてもらった中華料理屋でラーメンと半チャーハンで食事休憩。チャーハンが絶品と聞いてそこのお店に行ったのですが、醤油ラーメンがいわゆる「昔の町中華のラーメン」といった感じで、物凄く美味しいという訳でも無いのですが、なつかしい味の細麺で、ぜひともヒロオさんにレビューしてもらいたい味ですね(笑)

 

 

もうこうやって、旧台を見て、触って、というだけで色々な昔の思い出が駆け巡るんですね。中学生の時によく食べた、190円のカントリーラーメンを思い出しながら食べていました。そしてニューペガサスに戻りじわじわと出玉を増やして楽しんだのですが、この空間、ちょっと客層が1円パチンコに似ていますね。マニアな雰囲気の方は当然多いのですが、お店の中の客層というか空気感というのが1円パチンコに似ています。要はギスギスしていないんですよね。

 

昔は1円パチンコは「お金が無い奴の遊び」という視線がお店だけでは無く、お客様同士でもありました。なので1円パチンコに興味があるけど、知り合いには見られたくない、という人たちの需要を掴んだのが「1円パチンコ専門店」だと思っているんですよね。そこから時代は過ぎて、現在はお金が無いから1円ぱちんこ!という人は多分何割かお金が続かなくて離脱しているように思います。そのかわり、お店を支える「お金はあるけど、どうせなら同じ金額で楽しく長い時間を遊びたい」という人が増えている感じ。ここタンポポに居るお客様も同様な雰囲気を感じました。勝ち負けよりも過ごす時間を楽しみたい、(当然勝つのが目標だけど)という客層が作り上げる雰囲気。これが良くて末尾7の付く日なのに、自宅そばの大手で遊ばないで、高速料金まで使い、打ちに行く理由なのでは?なんて思いました。勝ち負けではなく、楽しい時間を過ごせましたね。最後に結果報告。

 

 

それではまた来週!

スポンサーリンク