【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年03月24日

コンビニ戦線 2021春

さぁ~始まりました、「コンビニヒロオ 超韋駄天」と呼ばれ、店内を超スピードで練り歩いて商品を吟味していく男が、93%程度の継続率で夜にコンビニへと通う物悲しげな姿を全世界に赤裸々と見せるために作られたとの説も根強い当コーナー。ついこの間まではコンビニなんてたま~に煙草を買いに寄るくらいだったのに……うぅ……。なお、93%程度の継続率と先ほど言いましたが、実際は96.4%程度の頻度でコンビニに行っています。うむ、継続率的には超韋駄天というよりロバート(奇跡の電役)ですね。

 

さて、早いものでもう3月も下旬の下旬。本来であれば、この時期とは送別会やら卒業旅行やらなんやらかんやらで、色々と楽しいことがいっぱいあるものですけれど、今年はあの野郎がな……。しかし、そんなときこそコンビニ酒宴です。理由は特にありませんが。みんな俺のように寂しく一人でコンビニ酒宴をやるのだぁ~、ウェ~ッハッハッハ!!(巻き添え)

 

 

 

 

そんなこんなで、今回の商品紹介1発目はこちらの『どっさり枝豆天』(税込259円)。何故これが1発目なのかと申しますと、私が無類の枝豆好きだからです(自己中)

 

昨今の「7」だと「どっさりって言うけどほんとぉ~??」となりがちですし、実際に私も食してみるまでわりとマジで疑っていましたが、これは本当にちゃんとどっさりで枝豆感たっぷり。塩味が絶妙な具合につけてあって値段もリーズナブルですし、私的にはなかなかアリ寄りのアリです。

 

酒はわりと何でも。弱点はレンジアップ専用商品なこと。内容的にはオススメ出来る品だと思うので、ホテルなりビデボなりのレンジアップが可能な施設を利用する際にでも試してみてください。

 

 

 

 

お次は私的にやや珍しげに見える『ショートパスタ 辛口アラビアータ』(税込345円)。腹に溜まる系が珍しいとはいえ、コンビニ酒宴はたまに炭水化物も使っていかないと、とてつもなくお金がかかりましてな……。

 

これは一言に「辛ウマ」。サイ◯リヤのアラビアータと味的に似ているものの、こちらのほうがちょっとパスタが短めで、つまみやすくていい感じ。やや腹溜ま食ゆえ、忙しくて時間短めな酒宴のときに向いている気がします。

 

酒は私的にビールビール&ビールで飲りましたが、飲む人ならワインもいいのかも。贅沢を言えば、後がけで粉チーズが欲しいところですね。この辺どうにかなりませんかね、「7」さん(真顔)

 

 

 

 

それのカルボナーラバージョンも試してみましたが、私的にはアラビアータ推しかな。こちらはこってりもっちりしているので、そういうのがお好みの人はこちらを。可能ならベーコンとブラックペッパー鬼足しがよいかも。

 

 

~~今週の惜しいで賞~~

 

 

 

 

コンビニ食を色々と試していて「ここさえこうならいいのにっ!!」と思ったことをつらつらと列挙していくコンビニ惜しいで賞のコーナー。今回の受賞商品は『たんぱく質が摂れる 砂肝炒め』(税込300円)、砂肝とニンニクの芽を塩コショウ+ニンニク風味で炒めてあるもので、こんなん絶対にハズレるわけないですし、ふつ~にやれば確実にメインを張れるはずのものですよね。

 

しかし、何故かこれはハズレ。「減量編」で紹介した『砂肝ポン酢』(税込248円)のときも思いましたけど「7」の砂肝って独特の妙な癖があるというか、特有の臭みを消しきれていない感じなのですよね。

 

そこさえなんとかなればなぁ……。値段的にもお値打ちですし、ちゃんとつまみにもなりますから、試す価値は一応あると思いますがね。

 

 

 

 

そして今回のトリを飾るのがこちらの『さば屋のカレー缶』(税込289円)。「えっ、ラストが缶詰なん…」と引くことなかれ、今回の最推し商品は間違いなくこれ。これを推したいがために本稿を書いているといっても過言ではないくらいのスーパー推し商品なのです。

 

 

 

 

パッキャンと開けるとこんな感じ。この汁になっているカレー部分が殺人的にウマい。ちょっとピリ辛ながら出汁が効いていて、その中のサバの風味もあり、これはもう飲み物ですね。酒肴になるカレードリンクだと思ったほうがよい。

 

さらにサバ部分も味がよく染みていて、食い応えもあっていい感じ。ついでにサバといえば健康、健康といえばサバですから。血液ドロドロ団の副長という立場にある私にとっては、これは非常に心強い酒肴であると言えましょう。ちなみに、カレーサバ缶にはこの「お蕎麦屋さん風さばカレー」の他にもうひとつ「バターチキン風さばカレー」もあり、私的には蕎麦屋風が最推しですが、バターチキンもまぁまぁオススメ。

 

弱点があるとすれば……これをコンビニ商品の括りで紹介していいものか?? という点。まあ、コンビニで手に入るものですし、その辺はテキトーな雰囲気でどうかひとつお願い致します(ペッコリ)

 

 

ところで、本稿を作っている過程で思ったのですが、お店からレンジアップしてもらう普通のコンビニ惣菜コーナーから選択なり紹介なりする機会がこの頃めっきり減ったような。流れを見ていると「7」はどうもそこでない別なところに力を入れようとしている気配が見え隠れするのですけれど、愛好家にとっては華とも言うべきコーナーですし、もう少しそちらにも注力してくれたら~とは思いますね。変わり種もたまには楽しいものですが、いつもいつもというのも寂しいですしね。

 

 

といったあたりで~、また次週ぅ!!

スポンサーリンク