【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年03月05日

再現性の問題

パチスロの面白さを伝える。

 

そもそもが難しく考える必要性すらなく、特化ゾーンから完走しました、設定6をツモりました、こういった出来事があってこうやって勝てました。だから、この機種は面白いです。それだけで良いのかもしれない。

 

俺だってそっちのほうが筆も進むさ。

 

でも、映像作品等と違い難しいのだ。パチスロの面白さって奴はさ。

 

映画やアニメだと伏線やシーンごとの意味を考察する事によって、新たな理解を深める事はできると思う。なんせ見ているものは一緒だからね。ただ受け取り方や見方が違うってだけだ。例えば、ちょっと前に話題になった某煙突映画。

 

結論から言うとビックリするぐらいに感動しなかったのよ。子ども映画という呼び方は好きではないが、万人ウケを狙えばこんなもんなのかなと。映像美はお世辞抜けで良かったものの、作品自体はいたって普通。

 

んな騒ぐほどのもんじゃねぇよ。(映画として騒がれていたのかは疑問もあるが)

 

海を背に主人公が立っているのに、仲間がさらに後ろ手から参戦するのはオカシイし、それを黙って見ている敵勢力もオカシイ。

 

そもそも、ドラゴンボールのようにキャラが大衆に広く認知されている作品ならともかく単品映画としてはキャラ掘りが浅すぎるだとか、擦られすぎた古臭いシナリオだとか、だからそれを見て感動するって言われても……だとか。

 

何よりも夢を勝手に押し付けるんじゃねぇよ。20代半ばとか目をキラキラさせながら「よく落ちる洗剤」を売りつけている奴いたなぁ。

 

細かい所を気にするなと言われるのかもしれないが、細かい所に拘っているからこそのスタジオ4℃制作の映像だろって話なわけで、細かい所を気にするなろ言うならそれこそ作品の全否定なんじゃね??

 

と、いかんいかん。

 

話がズレちまったが「誰もが同じ映像」ないしの「同じ体験」をしているものなら、簡単とは言わないが、面白さを伝えるための理論立てはしやすいと思う。

 

ただパチスロは違うのだ。100人いりゃ100人が違う体験をしている。いわば(ヒラ打ちをした時の)再現性の問題だ。ノーマル機だと再現性も高くなるので、面白さが伝わりやすいかなとも思うが……AT機は難しい。

 

面白い瞬間があります。だから(設定1なら)5万入れてくださいって、それ面白いって言えるのかな。

 

特にこの機種の場合はね。

 

 

パチスロ フレームアームズガールズ。

 

すでに一部界隈では話題にも上がっているが、まさにその通り。俺も思う。この機種のバトルATは6号機最高峰だと。いや5号機と比べても遜色ないんじゃないかな。さっすがに月下雷鳴を超える事はないけどね。ありゃド変態(最高級の褒め言葉)の所業だし、何よりサブ基盤だ。

 

話をフレームアームガールズに戻すと、まず上記画像におけるバトルATのシステム。

 

一見するとなんのこっちゃ分からないが、打てば打感として伝わりやすい武器やシールド、サブウェポンの組み合わせ。そして、そこからの攻防。武器やシールドには使用回数があるが、無くなった場合におけるランナー(武器やシールドの呼称)獲得率。これもまた秀逸。

 

これによりバトル全編を通してのメリハリができているし、当然ながら早期撃破や強キャラ撃破には恩恵も有り。

 

 

個人的にバトル系ATで重要視している「イライラさせない配慮」もされていると思う。ほら、某台とかさ。レバーで敵のカットインあったりするじゃん。あと敵の強セリフとか。そういうのっていらないのよ。

 

だって(某台だと)ほぼほぼ攻撃されるんだぜ。どういった心持ちで残りボタンを止めろと。

第三停止まで楽しませろよ。

 

勿論、フレームアームズにも敵からのダメージがデカすぎる問題や、敵のHPゲージの数ミリが硬すぎる問題があるにせよ、理不尽感やイラつく展開というのは(なるべく)軽減されていると思う。

 

書いているだけで思い出すが『鉄◯4』のバトル攻防バランスはどう考えてもオカシイぞ。勝てるか、あんなもん。

 

だから、この台は神台。6号機の希望です!!

 

……と終われれば楽なんだが、俺が面白いといたtATを再現できるのかどうか。これがマジで難しい。

 

何故なら、この機種の設定1におけるAT確率は1/741なのだ。それもCZ突破方式。これ悪名高い『ハー◯ス2』のAT初当たりと同等の確率だぜ。

 

きっと日本の何処かでは完全ゲームをやり遂げている事でしょう。そんなかでATだけを切りとって「面白い機種」と言ってしまうのは、些か乱暴なのでは。

 

この機種、フレームアームズガールズは確かに面白い。

 

ただし設定1なんて打てたもんじゃねぇ。だからこそ他の過程も楽しんで欲しい。それがツモりにいく過程でもいい。何処かのSNSで文句を言うことだってブログやnoteでの発信でもいい。勿論、高設定に巡り合って喜びでもいい。

 

パチスロを取り巻く過程やドラマ。それを楽しめるなら、きっと楽しめると思う。

 

ま、映画プペル(言っちゃった)の感想は「お得なレイトショーで助かった。普通に観るものじゃない。」だったけどね。

 

CLOSED  BGM

深緑 / AJICO

スポンサーリンク