【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年02月17日

地震時短徒然

いや~慌てました。久々に慌ててしまいました。何に慌てたかって、それはもちろん先日の地震。その日の宿が極めて安普請な建物であることは以前から承知しておりましたが、まさかあそこまでドッカンドッカンいうとは思わず……。

 

 

 

 

このホテル、部屋の中はパッと見た感じ普通なのですけれど、造りがなかなかなかなかで。部屋の中に足を一歩踏み入れた瞬間に玄関がボコッとへこんだなんてホテルは、数多くの面白ホテルに泊まってきた私ですらここだけですしね。

 

そんな安普請の化生みたいなホテルに震度6の地震が襲ってきたのですから、そりゃあまあドッカンドッカンいいますよね。最初にガタタタッと来て「おっ、地震か?」と思ったあたりでスマホの緊急地震速報が鳴り始めた……と思ったらドッカンバッコン部屋が揺れて電気が消えて、手にしていた酒も落ちてしまって。これはちょっと危ない、いつでも避難可能なように準備しなければ……と動き始めたあたりで電気が戻り、程なくテレビにて「津波の心配なし」のニュースを確認できて、そこでようやく少し落ち着けました。

 

一番驚いたのは、今回の最大震度6強を記録したこの地震があの東日本大震災の余震である可能性が高いらしいということ。えっ、だってあれからもう10年も経つんですよ?……というのは多分あくまで我々人類の感覚で、大元である地球さんからしてみれば10年なんて年月は一瞬に等しい期間であるのでしょうけれども、なんと言いますか、人間とは地球の営みに比べれば本当にちっぽけな存在なのだな、と改めて思わされた気がしましたね。

 

そんなちっぽけな存在なのだから、国とか社会とか政治とか新型コロナとか、ましてやパチンコなんて別にどうでもいいよね……と、なるようでならないのもまた人間というもの。あまり大きなことを考えてしまうと色々と見失いがちになるので、地に足をつけて身近なところから、それでもある程度の大局は見ながら、これからを生きていきたいとは思います。

 

 

 

(久々にいっぱい出たためウキウキで撮影した終了画面の画像。というか無双で他にまともな写真がまったくなかった…)

 

 

で、そんな地球の営みに比べれば恐ろしく矮小な私的パチンコのほうはと申しますと。過去コラムでも触れたとおり、遊タイム狩れまくり地域を他の優先タイミングで脱出して、そこそこいつも通りな日々に戻ったところ、なんでかまた『CR真・北斗無双(FWN)』を打つ機会がそれなりにあり。正~~~直なところコレにはそろそろ飽きてきていますんで、出来れば別なのを打ちたいな~と思うのですが、そこそこの値段を出すのはわりと楽なほうで、しかも「アケ」があると他より目を引きやすく埋まりやすいため、仮に値段が大して変わらないとしても無双を優先としてしまうことが多くあって。楽なことを優先の最上位に置く私としましては、そうなると結局コレの機会が増えるという、いつもの流れであります。

 

まあ、でも良い台ではありますね。当たりが重すぎず、初当たり出玉も今と比べればそれなりで、爆発のキーもどこにでもあるように思え、それなりに甘くて多少ながらも技術介入要素がある。前にも記したとおり、私的にはコレは奇跡的なタイミングの良さが当たった最大の要因だと思っておりますが、それを除いても最低限スマッシュヒットは可能なくらいの性能を持つ台とは感じます。

 

 

 

 

あとは、最初だけ打ったらもうないかと思っていたら、また触れる機会が増えてきたのがコレ。最初の頃のように新台や放置台ではなくてアケ期待の狙いゆえ、どうにも安定しにくい動きとはなるのですが、アケを取れさえすれば上述の無双なんかよりずっと良い値段が出せますので。

 

「ど~せヒネリヒネリでコネコネやるだけでしょ~!?」と思うかもしれませんし、実際それも間違ってはいないのですけれど、多分コレのヒネリはなかなか絶妙に奥が深い気がしますね。難易度が高いというよりは対応力が必要というか。触った個体自体が少ないのでまだなんともですが、もう少し増えてまとまればここにも書けるかな~と。

 

 

 

 

そして、そろそろ解けるかと思っていたのに意外と解けない飲食店への時短要請。現在の滞在場所は緊急事態宣言地域でこそないものの独自の対策を打ち出していて、飲食時短もそのひとつ。酒飲みとは常日頃から飲食店にお世話になっている存在ですし、こんなときだからこそ行ってあげたいとも思うのですが、時間が時間ゆえなかなか難易度高で。結局飲みに行ったのは今年に入ってから一度だけ……とはいえ、最近は感染者数もだいぶ減少傾向ですし、それの効果自体はあるのでしょうけれど。ワクチンの話もやっと現実的に出てきましたし、この非日常ももう少しと考えて、飲食店関係者の皆様には今しばらく頑張ってもらえれば、と陰ながら思っております。

 

 

といったあたりで、また次週。

スポンサーリンク