【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年01月29日

イニシャルS

いやいや、これが基本仕様なら話が変わってくるぞ。

 

突破できない、できる気がしない。設定6での突破なんて都市伝説、つーか本当に抽選しているのかと疑わずにはいられない『戦国乙女3 天剣を継ぐもの』のエピソードバトル。

 

 

先日、ついに設定6狙いをスカった朝イチの低設定で見事突破したワケですよ。

 

ただ。

 

この突破の仕方がさ。俺が想像していた方法、つまり前回のコラムで書いた方法と全く違うのよ。前回のコラムでは『ガルパンGやブラクラ4と同じく、バトル中は有利区間後の有利区間頭になっている。だから非有利区間から有利区間移行時の抽選と書き換え抽選で突破するしかない』と俺は書いた。

 

確かにそのはず。仕様的にもそうなるはず。

 

でもさ、有利区間続いていたのよ。だから「あぁ天国か。てか600G台から天国行くんだ。」なんて思っていたら、何故かバトル勝利。

 

非有利区間に落ちていないので、移行時1G目の抽選なんてうけていないし、書き換え小役なんて引いてもいない。

 

内部的にストックの概念があって、それを「剣聖乱舞」という形で見せている……とか思ったんだけども、2戦目も「区間継続」しての勝利。

 

そりゃ勝たなきゃ天国になるはずだから、勝ちますわな。

 

で3戦目。

 

いつもと同じタイミング(差枚ラストゲーム)で区間ランプが消灯。「バトル勝利で剣聖乱舞継続」と液晶には表示されているが、有利区間は今きれたのだ。

 

猛烈な嫌な予感を感じながらレバーを叩くと……

 

 

祝福を告げるであろう萌えカットイン。

 

再び俺の脳内はフル回転。だって区間はきれているんだ。えっと、非有利区間で朝イチと同じくMB入賞で移行先を……いやいや、それは無理だ。なら区間からは落ちたが薄い所を引いて継続させた。正確には引き戻したって事か??

 

どちらにせよ。三度貰います、完走を。レバーを叩き勾玉にタッチしレインボーの祝福が……

 

「諦めない!!何度でも私は戦う!!/ムサシ」

 

やっぱふっつーに落ちてるじゃねぇかよ!!

 

詳細はわからないけど、「バトル前に区間がきれる=転落している」という仕様ならばそれはいただけないね。猛獣王かよ。

 

本当惜しいんだよ、この台。

 

例えばこれが『頭文字D』のような仕様だったら、また違う楽しませ方もあったと思うのよ。ドリフト目をBAR揃いにして、それが揃うと乙女参戦や乙女アタックといった形でさ。

 

いっそのこと、ゼロボ中は西国みたく(払い出し枚数により)減算ってのもありか。

 

 

なワケで一部で話題沸騰している『頭文字D』。前置きが長くなっちまったが今回のコラムの本命はこっち。いやぁ俺も若い頃は『イニD』読んで愛車のシビック(ボロボロ)で走りに行ったもんですよ。崖側のガードレールとキスしちまって、もうちょいで板金7万円。二度と無謀な挑戦はしまいと心に誓ったもんです。

 

なによりも怖えぇーよ、公道!! インのインとか絶対に無理!!

 

そう、この機種は『ボーナスとAT』『ゼロボとボーナス』という一見無謀にも思える挑戦に勇気をもって挑んだ男達の物語なのだ。

 

 

重要なのは通常時に出現する「Dを狙え」演出。ここからD図柄が揃うとボーナス確定。

 

 

狙ったのにD図柄もリプレイも揃わないのならば、『ドリフト目』というボーナス。ただしこのボーナスは増えないしボーナス画面に移行するワケでもない。見た目は通常時。その状態を勝手に『ドリフト状態』と読んでいるけど、語弊を恐れずに言えば『ゼロボ中』といったほうが伝わりやすいかも。

 

当然ながらボーナス中なので、他のボーナス抽選(純粋たるリアルボーナス)は無し。ただし、通常状態よりも高い確率でAT抽選(CZ抽選)を行なっている。いわば、ATのチャンス。

 

そして、この状態の終了条件。それは規定枚数の払い出し。打っている感じだと100枚程度を払い出したら通常状態に戻るはず。AT中はベルがナビされるので規定枚数を払い出すまでに有するゲーム数が少なくなる=ボーナスが抽選される状態(通常状態)の滞在比率が上がる。

 

つまりAT中のほうが実質的なボーナス出現率が高くなる。

 

AT中の通常なのか、AT中のドリフト状態なのか。通常時の通常なのか、通常時のドリフト状態なのか。この各状態で「行なっている抽選」と「意味」や「期待すべき報酬」が変わってくる。

 

これが分かっていてこそ楽しめる台だとも思う。

 

いやぁ『1000ちゃん』とは違うアプローチだけど、これはこれで悪くないよ。ボーナス成立後に上がるリプレイ確率がA+ART機におけるレア役後のハズレにも似た役割になっていて打感としても面白い。ちょっと『C.C』っぽいとも言えるかも。

 

先程からゼロボ中をドリフト状態、ドリフト状態と勝手に名付けて呼んではいるが、これの見分けかたは簡単。文字にするとややこしいが打てば一目瞭然。ガソリンスタンドにいたらドリフト状態(ゼロボ中)濃厚。なのでここで期待するのはボーナスではなくAT。

 

そして出目でも分かる。

 

ドリフト状態中は「リプレイ」が落ちないのだ。「落ちにくい」ではなく、存在しないと思う。仕様的に仕方がないにせよ、ここは残念。この状態でしか落ちないドリフトベルもあるものの、やはり物足りない。

 

何よりも、この状態中で捨てられている台も多いという事実。出率的には「ボーナス抽選を行う通常状態」と「ATのチャンスでもあるドリフト状態」は近しいといった話ではあるのに何故か。

 

これは凄く単純な話だ。

 

つまらないのよ、この状態中。なんやかんやと演出は起こるが、悪い煽り癖がでちまっている気もするし、たかがCZに突入するのに14G程度の前兆から連続演出に発展して……ってのはもはや古いよ。

 

個人的に苦笑したのは「激熱」からの一番弱いCZ当選。当然ハズレ。そこはさ、AT直撃とかでいいんじゃない??

 

AT中の後半パートもボタンを多用しすぎていると思うし、北斗天昇のケンシロウや白鯨でのラムじゃないんだ。ボタンPUSHで画面いっぱいに拓海の顔がフラッシュしてもさ。上乗せ告知にせよもっと車メインでいいんじゃね。

 

出目は悪くないものの全体的に演出のセンスが微妙。ドリフト目やリアルボーナスが売りなのにZEEK筐体なのもちょっとね。あのリールサイズはATやARTがメインだからいいのよ。もしも『ひぐらし祭2』がミニリールだったら、やっぱり打感も変わってくると思う。

 

チェンクロやPSO2から考えると、この台は成熟している。現状の低ベース機のなかでは完成形といってもいいんじゃないかな。出玉の波的な部分も申し分ないし、面白いか面白くないかと言えば、高ベース機よりもよっぽど面白い。この路線は是非にとも続けてほしい。

 

もうちょいだ、あともうちょいでDiamondの原石がDreamとなる。そして俺らはそれを乗りこなすDriverとなるのだ。

 

CLOSED  BGM

SPACE BOY / DAVE RODGERS

スポンサーリンク