【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年01月27日

無双3の良いところを考えてみる

 

(ファイナルバトルが白セリフトキで万事休す……と思いきや、右保留の数に注目)

 

 

前々回で、他機種をライバルから守る「壁」であると称したこの『P真・北斗無双 第3章』ですが。滞在が長くなるにつれて、この地域におけるコツのようなものが少し見えてきまして、以前に比べると座れる機会が多くなってきました。

 

もちろん、多くなったと言っても所詮は遊タイム狙いのみですから、普通に打つ行為と違って打ち込み量自体は大したことがないのですけれど、やはり増えると見えてくるものも多少はあって。そんなわけで、今回はちょっと考えたくらいではあまり思い付かない無双3の良いところを、頭を枯らし筆を尽くして記す回でございます。

 

 

まず、第一点目。無双3の良いところを考えてみた際に、一番最初に私の脳内に出てきたもの、それは、

 

 

 

 

この曲が良い。いや、これはマジで。だって、この台ってば他に良いところがあんまり思い付かな……って、そんなこと言っちゃったらコラムもう終わってまうやんけ!!

 

しかし、楽曲とか音楽というのはパチンコパチスロにおいてなかなか重要だと思うわけです。あの台のあの歌また聴きてえなぁ~というのは誰しもあることですし、当然私にもよくあることですし。

 

まあ、無双というとどうしても初代で散々っぱら流れていた「VANPS」の楽曲のイメージが強いのでそうしている人を多く見かけますが……ほら、この台ってば後継機なのに全然そんな感じがしないですし、逆にこの歌のほうが私的には台に合っているような気さえします。

 

 

では、良いとこ第二段。歌以外かぁ、なかなかムズいな……(本音)

 

 

 

 

この突起物のおかげで、知らない店でも台を見つけやすい気がする……じゃあ知らない店で初代無双を見つけるの大変なの?と訊かれると、別に大変でもなんでもないのですが。

 

ただ、最初に筐体画像を見たときはある種のパチンコジョークかなと思いましたし、P世界的な店舗検索サイトに掲載されている画像が突起のせいでおかしなサイズになっているのを初めて見たときは、そりゃもう大いに笑わせてもらいましたけれど、とりあえず、右上にあるだけなので某メーカーの仏壇みたいな台と違って台上データ機が見にくいということはないですね。打っている人はよくお分かりと思いますが、あっちは本っ当~~~に台上が見にくいし玉貸し機も見にくいし、さらには迂闊に立ち上がるとたまに頭をぶつけるし……。液晶に遊タイムまでの残り回転数が出る点だけはいいのですがね、あれは本当に誉めるところが少ない筐体です。

 

 

うん、これは別にさほど良い点でもないな。おもむろに次へ流します。

 

 

 

 

そう、本当にちゃんと感心した点をやっと今思い出しました。それは画像の即連演出。

 

この演出は、大当たり終了後の「継続ぅ~!!」の声が終わると同時に例の麒麟サウンドが流れてバチコーン!! という、本機でも有数のなかなか気持ちのいい演出なのですが……これ、発生するのが非常にスピーディーなので1G連的な、1回転目の当たりのみで発生するのかと思っていたら、上手い感じに消化して2回転目に当たりがある場合でも発生するようになっているのですね。最初に打ったときは「は~ん1回転目だけの即連演出ね~」と思ったものの、1/6.17にしてはやけに多いよなぁと感じて、よく見てみてやっとこ気付いたという次第。

 

それと、直撃以外の初当たり後と右突入時のラスト3回転で発生するバトル演出。あれの勝利セリフが相手キャラごとで別々に用意されているのはまあ良かったと思いました。何故そんなことを、初代無双では当たり前だったことを今更評価するのかと申しますれば、『CR真・北斗無双 第2章』では全キャラ共通だったからです。あれについては本当にすげえ手抜きだなと、わりとマジで感じましたから。

 

 

 

 

演出に関しては、通常時は基本「虚無」です。特に何を思うでもなく、さりとて打っていて苦痛を感じるでもなく、なんか一撃当千チャンスが初代と比較するとやけに当たるなぁ~と思うくらいで。ついでに言えば連チャン中の演出も正直よくわからんのですが、まあその辺は別にいいんじゃないですかね、玉が出れば(真顔)

 

 

ということで、ここまで筆を尽くせば私の感じる無双3の良いところというものが、余すことなく皆様にも伝わったとかと思います。えっ、全然誉めてない……? いやいや、そんなことはありません。過去コラムでは「これはパチンコを嫌いな人間が作った台だ」とすら言いましたけれど、今は「初代無双を嫌いな人間が作った台」くらいになっていますから。

 

とりあえず、ここまで打ってみた時点で確実に言えることがひとつだけ。

 

 

 

無双2よりは全然マシ。

 

 

この発言を出来る人間というもの自体が、おそらく既に貴重なのです。だって、無双2なんていうあんな悪い冗談みたいな台を他台と比較可能なほど打ち込んだ奇人に等しき人間なんて、我が国には本当に数えるほどしかいないでしょうから。私とは、そんな国の重要文化財みたいな人間のうちの一人……その私が断言します。この台は、無双2に比べれば全然「まとも」な台です。

 

ただ……ただ、無双2よりは間違いなくまともですが、この台が面白い台なのか、良い台なのかと問われれば、それには首を傾げざるを得ません。というか恩恵を受けていて言うのもアレだけど、これに遊タイムは要らなかったよなぁ。「遊タイムがあるから稼働がいいんだ!!」と主張する人もいるかもですが、それは言ってみれば「先の稼働」を色々な意味で前払いして払っているようなものですからね。その前払いが終わっても現在の稼働が維持できるかと言うと、私的には色々な方面から見ても疑問符がつくと思っています。

 

まあ、もちろん私は楽に打ててそれが勝てる台なら何でも打ちますがね。それでも、素敵な台が登場してパチンコが盛り上がってくれるのが一番楽に私が勝てるようになることと思っていますから、出来れば新台とはすべてそういった台であって欲しいとは願っておりますよ。

 

 

といったあたりで、また次週。

スポンサーリンク