【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年01月24日

不遇台にも光を

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

パチスロクロスさんでも新台動画が復活して来ましたので、新機種紹介、それもライターさんの動画が絶対上がらなそうな機種を紹介しようと思います。3月上旬導入開始予定の「ワンチャンス1000」です。この機種名からわかるように、「ワンチャン狙い」の機種で特徴としては周期抽選で周期は1G~111G、平均で約68Gとなっており、天井も無抽選ゾーンも無し、3ステップで一撃1000枚GET!というのがウリの機械の模様です。

 

ワンチャン勝負できるようにをコンセプトにしたので、1、投資時間を気にせずにいつでも遊技可能。2、短い時間でも高い出玉期待度。 この2つを目指して開発したとの事です。通常時は【どこでも当選する可能性】を持ち、【天井前提で無いゲーム性】でどのゲーム数からも遊技出来ます。ボーナス中も【高純増で消化時間が早い】ので夜からも安心遊技出来ますし、【出玉の塊に期待できる】という事で、チャンスゾーンのような小出玉のボーナスが6号機にはありますが、そのような機械とは一線を画しています。そして無抽選区間が無いゲーム性なので、【いつ遊技を止めても損しない】ゲーム性でありながら、周期抽選が最大111Gなので【次も追えるゲーム性】を実現しています。純増枚数は約5枚/1Gで、一撃1000枚出現率は北斗天昇の約2.3倍、AT初当り確率は北斗天昇の約2.7倍という数字になっています。

 

ゲーム性は周期が来るとチャンスゲームに突入、ボーナス確率は約30%となっており、通常時にレア役を引くと周期短縮抽選を行なっています。チャンスゲームは最大33G。ベルなどの小役を引くと解除抽選を行います。セグの偶数揃いでBARが揃い約100枚、奇数揃いで赤7が揃い約250枚のボーナスがスタートし、レア役で1G連の抽選を行います。赤7で約50%、BARで約33%の1G連期待度なので、一撃性能はかなり高めかと思います。負けパターンはチャンスゾーン中に子役をあまり引けずに解除できないパターンですかね?コイン持ちも良く、50枚で約51.2G回せるので、2千円に一度はチャンスが来る、そんな機械に仕上がっています。BARの終了時にバックライトフラッシュのパターンで設定示唆もあるのでBARだからといってがっかりする必要はありません。もちろん通常時に変則打ちなどをしてもペナルティーはありません。

 

残念なのは非液晶機ということと、営業力が非常に弱いので導入店舗が限られる事くらいですね。しかしながら液晶非搭載ですし、昔ながらのベルコファンにはおなじみの周期抽選で難しいことを考えずに打てるゲーム性はお年寄りを中心に一定数の支持がありますし、機械の販売価格が安いので、某社のパチスロ2台買う価格で4台購入可能です、という事は撤去問題で無駄なお金を使わずに済むのでお店も玉を出せるのです。残念ながら初代スーパービンゴくらいしかビッグヒットが無く、無名メーカーと言っても良いメーカーの機械ですので、導入店舗を見つけるのがこの機種で勝つよりも難しいとは思います。しかしゲーム性は伝統の周期抽選、お店で見つけたらぜひ打ってみて下さいね。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク