【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2021年01月13日

二つの壁と基地の重要性

ついに二度目の緊急事態宣言が……。1月10日現在で発令されているのは首都圏の1都3県のみですが、関西圏や栃木県も政府に発令を要請したとのニュースがありましたし、全国の感染状況などを考えると、このまま全国まで……とはならなくともある程度の地域までは波及しそうで、なかなか難しい情勢になってきたなと感じます。

 

前回の宣言時よりも弱い内容とはいえ、あれだけ出したがらなかった政府が出してきたということは、おそらくは想定よりも医療の状況が逼迫している、ということなのでしょう。そんな状況下でパチンコの話をするのは医療関係者の皆さんに申し訳ない気がしますけれど、まあ我々とはそういった人種でありますから、ここでひっそりと話すことに致しましょうか。

 

で、現在のパチンコ状況。今回は休業要請こそないとはいえ、こうなってくるといつどうなるかの予想もしにくいですから、店側もなかなか動きにくいはずで、ここまで見て回っての私的印象も概ねそういったもの。こうなると、基本ヒラ打ちおじさんの私としてはなかなか良い手もなく、しばらくは生活コストが低い拠点本部の周辺でなんぞかんぞ探そうかなぁとも少し思ったものの、よく考えたらあんな鬼の街なら尚更凄まじい状況となっているに違いない、と思い直し。

 

 

……というわけで、前回に記した内容と似たような暮らしをとりあえずまだやっております。正直に言うとあんまり遊タイム狙い向いてないなぁと私的には思うのですが、今この時期にあまり動き回っても労多くして益は少ないかと思いまして。

 

前回と異なる点としては、とりあえず地域を前回の土地から少し移動したこと。現在の地域は過去に「ダラダラできる環境」と称したダラダラ地域で、そのときにも記したようにパチプロ的存在が非常に少ない街であり。ここなら遊タイム+何かしらでしばらく居させてもらえるかな、と考えたら本当にその通りとなった次第です。

 

 

 

 

遊タイム狙いのメインは画像の通りに『P大海物語スペシャル』。前回の地域でも二本柱の一本でしたが、ここでの遊タイムはほぼこれ一本です。

 

そうなった理由は、この街には本機を守る「二つの壁」があるから。ひとつめは前回の柱のもう一本である『P真・北斗無双 第三章』、上でも触れたようにこの街とはパチプロ的存在は非常に少ないものの、遊タイム狙いのようなもののみをこなす人間はやはり一定数おり。そりゃあまあ恩恵が薄い上に時短を抜ける可能性のある大海スペシャルよりも恩恵が巨大でほぼ確実に当たりが貰える無双3のほうが良いと考えるのは当然ですよね。私だって楽に座れるなら無双3を先にやりますし。

 

ただ、無双3はその手のガチ勢が凄まじい勢いでやりに来るので、私みたいなひ弱な血液ドロドロ野郎はよっぽど上手いタイミングでもないとなかなか座れません。朝イチの宵越しだけは抽選の店に行って番手が早ければ座れるはずですが、どうにもそれもあまりやる気がせず……と、なんだか攻め手を選んでいるっぽいことを言って格好つけているようにも見えますけれど、実際は朝起きないので抽選の時間に間に合わないだけです。不真面目でホント申し訳ない。

 

で、では大海スペシャルはどうかと言うと、居なくはないものの少ないです。少ないですし、ガチ勢の見回りもそこまで力が入っていない。それゆえ、空き待ちとか徘徊とかをまったくしないやる気なしおじさんの私でも、それなりに台が取れるというわけなのです。

 

 

壁の二つめ、それは「ネットデータ」の存在。おそらく皆様もご存知のように、有料だったり無料だったりのデータサイトで最終のヤメ回転数を見ることができる店がそこそこあるのですが、そういう店だと当然ながら狙い手の来る率が猛烈に上がるのですよね。現場に行かずとも最終回転数が分かるのですから、それはもう恐ろしく楽なわけですけれど、私という人間はとにかく早く起きたくない、早く行きたくない、人と取り合いをするのも面倒という猛烈なダメ人間であるので、どちらが楽か?となると下見したほうがまだ楽かな、という方針になり。楽なほう楽なほうと進むと人間駄目になるとはよく聞きますけれど……まあ俺はもうダメだし今さら別にいいか……。

 

なお、下見は普通の人からみればかなり早めの時間に行っています。理由は、それ以上遅くなるとスーパー(イ◯ン)に間に合わなくなるからです。こんなんでも昔に比べれば真面目になったと確実に言えるあたり、往年のロクデナシっぷりがとてもよく分かりますね。

 

 

そんなこんなで、二つの壁に守られた環境を見つけてせっせと打っております。しかも見つかった2店舗の大海スペシャルがまぁまぁ回るし出玉もそれなりというおまけ付きで、これだと多少青田で刈っても問題がなく、さらに楽の上乗せ。これがいつまで続くのかはわかりませぬが、優先すべき所が発生するまではとりあえずダラダラしていてもいいかなと思っております。

 

 

 

 

ただ、毎日朝から晩まで遊タイム狩りをしているのか~というと、極稀に物凄く上手く空き台が噛み合ってほぼ終日それということもありますけれど、基本的にはそうではなくて。4号機のハイエナ全盛のときも私は基本「あればやる」「楽にやれるならやる」というスタイルでしたし、ご先祖から受け継いだパーフェクト農民の血のせいなのか、こういう狩猟採集生活みたいなのだけだと、どうにもなんだか座りが悪いのですよね。慣れている人なら行って打って~帰って~また行って~みたいなことも可能なのでしょうけれど、私はそういう行為がなんだか落ち着かず、それにこの辺に家もないわけですし。

 

そんなわけで、宵越しの遊タイム狩りが粗方終わったかなとなったら、こうしたいつでも座れてまずまずの値段が出るような、常に座っていられる「基地」的な活躍ができる台を打っています。今のところはこの『PAドラム海物語 IN JAPAN』と、あとは『P冬のソナタ FOREVER』もかな。両方とも時給で表すと2,000円前後ですが、この基地があるからこそ狩りが可能で、これが打てなくなったらおそらく私は地域を移動するでしょうね。毎日遊タイムだけで稼働を支えるのは、私の性格と性質を考えるとさすがに難しいと思いますので。

 

基地だけでは動かしすぎ、遊タイムだけでは埋められず。この両方が噛み合ってくれているおかげで、とりあえずここまでは特にあぶれることもなくそれなりに動けていて、実に助かります。

 

とはいえ、基地もいつまでも持つ保証もなく、狩り場だっていつまでも同じ環境である保証もなく。時期を見ながら始動することになるとは思いますが、今しばらくは、この楽な環境で楽にダラダラとやらせてもらえればと思っています。

 

今年はどんな年になるかなぁ。色々すべてが早く落ち着いてくれることを心から願っています。

 

 

といったあたりで、また次週。

スポンサーリンク