【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年12月18日

ゼロテンイチ

種は蒔かれている。

 

地中深くに眠っているその種がそのまま朽ちていくのか、それとも暖かな地上に芽吹きいつの日か大樹となるのか。今年一年を振り返ってみると土の中に眠っている種の成長を待っていた、そんな気がする。

 

土の中はみえない。掘り起こすこともできない。

 

でも、ここにきてようやくほんの少しだけど厳しすぎる冬の終わりを告げる(告げてほしい)話題が飛び込んできた。

 

そう6.1号機だ。

 

おそらくゲーム性の幅は広がるだろう。例えば擬似遊技。『ハイスクール・オブ・ザ・デッド GOLD』にもひっそりと搭載されていたが、擬似遊技中にボタンでリールを止められるという5号機でお馴染みのアレだ。前述しているHOTDの場合はフリーズ(毒島ルーレット)中にHの形になるようにBARが全リールに停止すると……なんだっけ。

 

確か3桁以上の上乗せになるんじゃないかな。言ってしまえば期待度の見せ方。『麻雀物語3』や『カウボーイビバップ』のようなサブ基盤抽選ゴリゴリの使い方は出来ないと思うけど……見せ方としての0G連とかは復活するのかも。

 

あとはビデオリールやミニリール。

 

賛否両論あるにせよ、あれはあれで手法の一つだとは思う。

 

ダクセルに関しては撤退したなんて噂も耳にしたけど今こそカムバック。現状の6号機を考えると周期に拘ったダクセルシステムは6号機と相性がいい……というか完全に先取りしてたいよね。

 

ま、好き嫌いはあれど表現の幅が広がることは悪くない。

 

でだ。6.1号機における一番の変更点。これはいうまでもなく『ペナルティ規制の緩和』だ。

 

ただし4号機や5号機と違い、ペナルティが有効なのは当該ゲームのみで次ゲームへの持ち越し(AT抽選等への影響)は禁止。『ガンソード』や『サイレントヒル』に搭載されいたスラッシュATがイメージとして近いのかな。特定の打ち方をしないとAT抽選が冷遇される(ただしベースは上がる)という手法。

 

ベースが下がれば、初当たり確率や差玉性能の高い台を作る事ができる。

 

『沖ドキ』と『沖ドキ2』の最大の違いってベースだからね。初代沖ドキのゲーム性がスリリングだったのは、あの低ベースがあったからこそ。一気に吸い込むからこそ一気に出せる。沖ドキ2は……モード移行云々以前に当たらねぇんだよ、あの台。

 

はっきり言うと眠い。

 

おそらくは押し順でAT小役をこぼしベースを下げる手法になると思う。

 

ナビに従えば払い出し3枚と5PT。ナビを無視すれば払い出し15枚と1PT。規定PT到達でAT抽選。そういった形でどちらを選んでも『出玉率は変わらない』ものの打ち方に応じたAT抽選が受けられるようになるのでは。あくまで6号機なので2400枚を突破できるとか出率の上限が上がるとか……そういう話ではない。

 

でもこれねぇ。

 

いくつか気になる点もあって、上記しているような『PT』を貯めて『PT』で抽選を行う台。これはAT役をこぼす事で可能だと思うけど、小役で直接当てる台。例えば北斗の中段チェリーだ。ペナルティが当該ゲームのみなら、ペナベルはとってナビなし時のレア役だけを待てばいい。そうすると(打ち方による)出率調整がおかしくなる。

 

『中押しチャンス』的なものがあって、それに従うとレア役が止まる=AT役をこぼしている=AT抽選を受けている……ってのは可能なのかもしれないけど、純粋なレア役から直撃ってのは厳しい(レア役に依存しにくい)かもね。

 

これが一つ。

 

もう一つは有利区間。出玉率は一緒になるようにしなきゃいけない(らしい)が、有利区間がある以上は高ベースだとAT当選までに消費される有利区間が増える(ATで消化できる有利区間が少なくなる)から、結果としては損な気が。これは『当該ゲームのペナルティ』と言えるのだろうか……。

 

どうやって調整してるんだろ??

 

最後の懸念点。

 

以前から言っているように低ベースなのは大歓迎。ゲーム性の幅は間違いなく広がる。モロバレ台の防止にもなると思う。例えば『蒼天の拳』や『PSO2』。この2機種が6号機で最も低ベースな台(30G前半)で2機種ともグラフから設定は読みにくい。そういった利点もあると思う。

 

どこまでベースを下げてくるかは分からない。ただ、この2機種(あとモグモグ方式の台)が人気なのかと言われると……。

 

ま2機種とも癖のある台だから、ここでそれを問うのはフェアじゃない。そもそも『PSO2』を語るにはスペースが足りなすぎる。言いたいのはそれでも有利区間と短期中期試験の壁は分厚いってことだ。低ベースにしただけで全てが解決するというのなら上記2機種は神台だぜ。

 

だからこそ安易で安直で無責任な期待をするだけではなく、しっかりと種の成長を見守らなければいけない。期待するのは勝手だが、自分勝手な期待だけを押し付けて勝手に幻滅するのも違うだろ。

 

種はまだ分厚いアスファルトの下で眠っている。土をかき分け、アスファルトを破り陽の光を浴びるのはいつなのか。

 

『PSO2』の種。『1000ちゃん』の種。『地獄少女』の種。『スナイパイ』の種。『エウレカ』の種。『モンキーターン』の種。

 

俺の入れた万札。あなたの万札。それが水となり。

 

……種はきっともうすぐ芽吹く。

 

CLOSED BGM

How Can I / Park Hye Jin

スポンサーリンク