【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年10月16日

そこにあるかもしれない

人生を変えた瞬間。

 

というには大袈裟すぎるが、人生を選んだ瞬間ってのは誰にだってあるはずだ。例えば進学。例えば就職。例えば結婚。例えばパチスロ。

 

気づけばあれから、もう10年以上がたった。

 

今にして思えば200万程度の借金なんて、車のローンとさして変わりゃしねぇが当時の俺にとってはとてつもない重荷に感じて(今でも200万は重いが)、それこそ人生が終わった気さえしていた。

 

10代の頃に感じていた「根拠のない無敵感」も消え去り、どうしていいのか。何がしたいのか。自分がどんな奴だったのか。それさえ、分からなくなって俺はパチスロを選んだ。いや選んだのではないのかも知れない。

 

たまたま日本に生まれて、たまたま同じ地域に同じ境遇から這い上がった人がいて、たまたまパチスロがあった。ただそれだけだ。

 

でも、こいつが俺に俺の人生を取り戻させてくれた。

 

昔の事は忘れがちで回顧話はクソだと思っている俺だけど、思い出しちまうよ。鳴らしすぎて金属探知機を当てられたあの日を。サクラとして雇われ万枚を出したあの日を。その帰り道でこんな惨めな生活はヤメようと決意し、サクラの給料1万円を握り締めホールへと向かったあの日を。

 

そこにはあった。

 

 

世界で最高に格好いい青7が。

 

台の評価や設定推測。それ以前にだ。泣いちまうだろ、このSE音は。このボーナス画面は。

 

 

もうさ、これを見るだけでも打つ価値がある。そう言わざるを得ない。本当さぁ、毎日毎日打っていたのよ。金もなかったからさ、必死に閉店間際のホールでデータを集めて、そのまま早朝から並んで宵越しの天国を狙って、毎日毎日だ。友達もできたけど、陰口だったり、直接的な暴力だったり、嫌な事のほうが多かったかな。車のミラーを折られた事もあったっけ。でもパチスロを打つ事しか当時は出来なかったんだよなぁ。

 

……っと、いかん。

 

今日、書くのはノスタルジックとモラトリアムに塗れた4号機時代の話じゃねぇ。今を生きる6号機の『吉宗3』だ。

 

ま、はっきりいって6号機だ。低設定はA天井一直線。設定6になるとBIG比率が上がってA以外のモード滞在率も上がる。すなわちハマりにくく、跳ねる事は少ないかもしれないが平均的な枚数が取れていく。

 

体感的な話になるけど、おそらく出率的にも(リゼロに比べると)少し低めなんじゃないかな。いい意味で荒れる要素はある。

 

ならば何が『リゼロ』と『吉宗3』の違いなのか。

 

それはガチである事。『リゼロ』で「デキレ」という言葉を流行らせた大都からのアンサー。鏡面上に映ったもう一つの6号機。

 

この台のBR抽選方式はボーナス確定画面でプレイヤー自身が先にひいたリプレイフラグに完全(という訳でもないけど)依存していて、これが上手い。デキレの余地がないので、レバーに力が入って仕方がねぇ。

 

祈っちまうぜ、クソビッチな女神様にさ。

 

さてBR抽選の肝となるリプレイフラグ。これを大枠に分けると……

 

1.逆ハサミでBAR揃いとなるリプレイ(左から押すと通常リプレイ)

 

2.逆ハサミでBIG揃いとなるリプレイ(左から押すと通常リプレイ)

 

3.右から押すと右リール上中段にBIG図柄が停止するリプレイ(左から押すと通常リプレイ)

 

4.左から押すとレア役が揃うリプレイ(逆ハサミでBIG揃い)

 

面白いのがBAR揃いとなる「1」のパターン。逆ハサミだとBARが揃うけど、逆押し(右中左)だとBIGが揃う。鷹狩等のBIG確定時は先に引いたフラグがREG対応のリプレイだろうとも、逆押しナビを出してBIG揃いにしているのでBIG確定演出も可能。

 

そしてレア役。

 

これは全部、逆ハサミだとBIG揃い。ボーナス確定時に「あえて」左から押して姫図柄が枠下に滑ったり、チェリーが停止すると……BIGイチ確。

 

中押しすると姫図柄が中段に止まる(BIG図柄等が揃う)のもリプレイの共通停止系。(全てではないからここに関しては調査中)

 

……という仕組みなので、BIG昇格やBIG確定を別とすると一切のヤラセなし。公表のBR比率にも嘘はないと思う。大都がバカじゃなくて本当に良かった。ここでまた3タテ方式を出されると擁護の仕様がねぇからな。

 

 

この方式は本当好き。REGの絶望感は半端ないけど、スロットなんてREGで萎えるもんなんだよ。(REG中の人をおちょくった様なBGMはさすがに変わっていた)

 

ただし。

 

やはり6号機。80G程度で高確率に入るとB以上の示唆なのだろうけど、結局は当たらないっす、200G過ぎまでは。小役解除もないので、奇数がゾーンとなるモードAで500Gをスルーして、PTも溜まっていなかったら天井まではマジで無。

 

そりゃリゼロ等に比べるとポイントでの直撃があるからマシなんだけど……PTが無いと当てる方法がねぇんだよ、どう足掻いても。(そうそうPTはマックスまで貯まらない)

 

あとは1G連。

 

当時、何処にでもいた「自称鳴らし屋」の俺ではあるが、おそらく1G連にもモードか設定差があるのでは。演出的には「7揃い高確率」とか要らないかな。いきなり鳴るからいいのだ。(という人にも初代モードがオススメ。吉宗BIGのジャッキンも再現!!)

 

ちなみに7揃い高確率中はベルナビ確率が下がっているので、ボーナス全てでの平均をとったら純増は3枚程度になるかと。こういった見えない調整は企業努力っぽくて、好印象だけど……気にする人は気にするかも。

 

天井から2400枚取るのは難しそうな気もするし。

 

……吉宗について書くとキリがない。初代を打っていると思わずニンマリしちまう演出ばかりだ。

 

 

キーンとなったら711枚。吉宗BIGであえて狙わず1G目で閉まる襖。爺BIGでの夕焼け。特殊制御中の襖閉まり。前兆の起点よりも早く始まる前兆。剣豪演出の間。

 

たかが711枚を取るのも大変な時代になっちまったが、あの日の俺よ。

 

未だに俺はスロットを打っているぜ。

 

CLOSED  BGM

そこにあるかもしれない… / 尼崎まゆみ

スポンサーリンク