【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年10月02日

今こそ打つべき

こーの。

 

この歌が聴こえてる。世界中の寄る辺なき者よ。希望はあなたの胸の中にある。燃え盛る焔の中でも、決して傷つくことのない強さをくれるから(The Everlasting Guilty Crown/EGOIST)

 

この歌が聴こえてる…

 

 

ってアツすぎんだろっ!!

 

ノリノリで消化している最中に降臨したエンピレオ中の確定チェリー。いや確定チェリーではなくとも『エンピレオ中にチェリーが停止した』という事実。この時点で失禁ものなのだ。何故ならエンピレオ中の弱チェリー、強チャンスリプレイは問答無用でボーナス確定だから。

 

ボーナス自体でも状態の格上げは行われているが、ショート滞在時のクラウンビッグなら50%でロングに、さらに確定チェリーということはVストックも確定。9割がランク3だけど、ランク4が選ばれたら……

 

とまぁ『ギルティクラウン』には想像力を掻き立てられるポイントが多く存在しているのだ。正直、複雑すぎて俺も全部を把握しきれていないもん。

 

この台を語るにおいて、外せないポイント。それは言うまでもなくRT状態の偏移。上記した「〇〇中の〇〇はボーナス確定」なんてことも、RT状態(リプレイ小役の役割)が変化しているからこそ出来得ること。

 

5号機が生み出した偉大なる遺産であるRT。これだけは4号機よりも5号機のほうが優れていると胸を張っていえる。6号機でも出来ない訳ではない(愛姫とかはART機だし)と思うが……おそらく作られることは少ないだろう。

 

ならば撤去までに打つしかない。RT偏移の極めともいえるART機『ギルティクラウン』を。

 

が、分かりにくいし取っ付きにくいのも確か。

 

そんな貴方に送るアイの歌……もとい、知っとけば楽しいギルクラポイント。

 

ポイントはやはりART中。それも本機の肝ともなるエンピレオ中。

 

 

7揃い高確率中であるエンピレオ中の弱チェリーはボーナス確定と上記していたが、何のことはない「ART中の弱チェリー」は全てボーナス確定なのだ。ただし実質的な出現率は相当低くなっているので、基本的には強チェリーからのG数上乗せが基本。3枚役である強チェリーは全ての状態で共通確率ね。

 

つまり左リールにチェリーが停止した時点で何かが起こることは確定。ボーナスなのか、上乗せなのか、エンピレオ突入なのか……それを残りリールで絞る楽しみ。

 

これが堪らない。だって弱チェリーを祈る台ってあったか??

 

重要なのは強弱ではなく、リプレイでもある弱チェリーの各状態における『役割』なのだ。

 

例えば、ART準備状態(RT2)滞在時の弱チェリー。これもまたART中(RT4)とは役割が全く違う。

 

RT2から移行するのはチェリー高確率の呼ばれるRT3。

 

20G継続して弱チェリー確率は1/3.5にアップ。通常時ならば移行した時点でART確定。これがART準備中(RT2)ならば、どうなるのかと言えば……弱チェリー成立のたびにCZのゲーム数が上乗せされる激アツ状態に。

 

当然ながら、この状態に移行するには(ART中ならば)ART準備状態を挟まなきゃいけない。そういった意味でもART中のボーナスは重要。さらに、このRT2での弱チェリーだけには1/1310から1/574と結構な設定差がついているのだ。

 

ま、滅多に引けるものじゃないし、滞在ゲーム数と分母から考えると参考程度だけどね。

 

注意しきゃいけないのは、ボーナス後(RT0)→ベルこぼし→ART準備中(RT2)とRTが偏移していてRT0からだとRT3には移行しないという所。

 

が、RT0での弱チェやチャンス目はボーナス確定だ、こん畜生め!!

 

各状態における弱チェリーやチャンス目といったリプレイフラグの役割。

 

何となくでいい。これが分かるだけでも『違和感』という面白さが倍増すると思う。違和感からの解答。これはスロットならではの醍醐味だぜ。

 

 

至福と絶望の狭間に位置し、人によっては台パン待った無しのエンピレオ。特化ゾーンとは言うが、カットイン保証はあっても上乗せ保証がないのだ、こいつには。だからこそ転落が怖い。

 

そう。

 

カットイン保証はある。

 

一度もカットインが発生していないにも関わらず、弱チャンス目(転落目成立)の成立を知らせる赤アラートから入賞する弱チャンス目。暗転するエンピレオ。圧倒的違和感。

 

からのボーナスという解答。(弱チャンス目重複)

 

制御よし、演出よし、そしてEGOISTによる歌もよし。

 

 

エピソードBIGで流れる「Departures〜あなたに送るアイのうた〜」自体も最高だが、アルバムに収録されているアコースティック版もこれまた最高。

 

まさにギルティクラウンに死角なし。今こそ打つべき台。5号機の多くが此処には詰まっている。

 

……と、いいたいところだけども、この台ってさぁ。

 

クッソ辛いんだよ。低設定の俺の台が一撃5000枚出て、6確したらしい横の台が終日右下がりなんだから、何とも罪深い台だぜ。

 

CLOSED BGM

The Everlasting Guilty Crown/EGOIST

スポンサーリンク