【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年09月06日

当たりを引きたい!

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

7月のボート他の成績が嘘のように8月は悲惨な1ヵ月でした。そしてパチンコ、パチスロの大当りはゼロ。まぁ、当たるまで打てば良いのですが仕事帰りにフリー雀荘行く事が多かったので必然的に遊技時間は減りました。車券、舟券、宝くじは当てたいのに、当たるのは懸賞や捨て牌ばかり(汗 ボートレース江戸川のクオカードは毎年10枚近くは貰うのですが、それ以外でも色々当たります。今回は当選者10名の狭き門を潜り抜けて、立川競輪「山口健治杯」特製Tシャツが当たりました!

 

 

 

と、たまには写真無いとね。立川競輪場と言えばその昔一度行ったことがあり、その当時と言えば東京の並びは波潟-山口健治-阿部文雄 みたいな時代。立川競輪に何で行ったのかはあまり覚えていないのですが、行きは無料バスが多数立川駅から出ていて便利なのに、最終レース終わると2本程度しか無くて、儲かった人たちはタクシーに乗っているのですが、そうでない人はオケラ街道をテクテク歩いて帰るという公営競技特有の風景がありました。思い出そうとしても全くレースの事は思い出せないのですが、立川競輪場からの帰り道、テクテク歩いているとパチンコ屋を発見し中に入ってパチスロを打ったら車券の負けまで取り戻せた、なんてことだけうっすらと覚えています。打った機種は「からあげ」。と言ってわかる方はオッサンですね(笑)ペガサスラビットでした。

 

ペガサスラビット…パル工業の2号機なのですが、当時はみなし機なんて言葉も無く、1.5号機のニューペガサスがバリバリ現役の時代。ニューペガサスの人気を比較対象にすれば、このからあげは不遇台でしょう。ペガサスの名前に騙された! というのは言い過ぎかもしれませんが、あまり人気機種とも言えませんでしたね。ちなみに当時の立川なんて今みたいな大都会では無く、場外馬券場もある酒とタバコと博打と女! みたいな街でした。立川モノレールの功績は大きいって事ですね♪ 競輪場、初めて行ったのは京王閣で川崎は前の道路は何度か歩いたのですが入ったことは無く、京王閣と立川しか競輪場体験をしていません。ボートレースは初めて買った舟券がきちんと払い戻せた(フライングで全額返還)のに、競輪はそういう思い出が無いですね。ボートレースは多摩川でデビューしました。東京支部の秋葉弘美選手がフライングして全返還でした。3連単なんて無い時代、1マーク回って「当たった!」と思い払い戻し窓口に行こうとするとフライング失格のアナウンス。競馬しか経験なかった当時はハズレと思いましたが返還と聞いてひと安心した思い出があります。

 

パチンコは正直言って初当りは覚えていません。父親と一緒に子供のころからパチンコ屋に居たので(汗 自腹というか自分ひとりで打って初めて当てたのは「フィーバーゴールド」です。年齢を逆算しないで下さね、もう時効です(笑) パチンコでの初当りはそんな感じでパチスロの場合は「ニュースターダスト」です。当時はまだパチスロコーナーはお店の一角位にひっそりと、しかし怪しい空気を感じる空間で、●●歳でパチンコを打つよりもハードルが高かったです。そんな感じで初当りは引き、コンチネンタルが出た頃にはもう、日払いアルバイトのお金を家まで持ち帰ることが出来ない日もあったくらい好きになりました(笑) 自慢できる獲得出玉は藤商事さんの「えびすV」で午前中に7で当てて20時半位に7が出るまで出っ放し、最終的には102800発の交換でその店の歴代3位の記録になった事がありました。このえびすという機種、後ろがⅢだったりVだったりで微妙に違うのですが、基本は37で当たらないとただのノーマルデジパチ。確かVのほうは7で当たった25%で数珠繋ぎ連荘モード「えびすパニック」に入り、再度7で当たった何分の一かで終わるという物凄い継続率のパチンコでした。1/225の25%なので、1/13500で「えびすパニック」突入ですね。

 

当時はまだインターネットの無い時代なので情報はお客同士、常連同士の付き合いで入手するのが当たり前でした。このえびすVも打っていた当時は全く中身は知らず、お店が7だけ無制限にしていたので、最初は「無制限ナンバー引けた!」と喜ぶ程度だったのです。それがトイレに行って戻れば当たっているなんてレベルで連荘した凄い1日になりました。時代が時代なので43個交換。それでも10万発超えです! 景品がパイプで千円景品のみだったので、景品のどでかい段ボールを抱えながら交換所まで100M以上道路を歩くという非常に危険な事をしてなんとか古物商に売却成功(笑) それが初めての10万発オーバーです。多分2度目は無いでしょう(笑) そうやって思い返せば色々な初当り、初体験の思い出がありますが最近の機械はそこまで思い出に残るような楽しさが無いですね。仕事柄あまりそういう事は言いたく無いのですが、面白い新台が無いです。特にパチスロは有利区間があると、夢を見る事すら否定されちゃいますよね……。業界側も「自主的に規制する」という事で行政のメンツを保ち、規則改正、規制緩和を勝ち取ろうとしているのですが、一部のお店が未だに番長設置中! みたいな事があると行政もお願いを聞いてくれないですよね。凱旋、沖ドキなども年内完全撤去が無理だと有利区間撤廃なんで譲歩、行政側がするはずありません。わかっていない店が多いよなぁ…というのを最近はひしひしと感じています。

 

もちろんTシャツも当たって嬉しいですよ! しかし麻雀では当たりたくないですし、どうせなら宝くじでBIGHITを狙いたいと思います!

 

それではまた来週!

スポンサーリンク