【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年06月21日

営業自粛の影響

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

東京都も自粛要請が終わり、やっと普通に店を開ける事が出来るようになりましたが、もちろんお客様はすぐには以前のように戻ってきません。それもきちんと休業要請を守り当初から休業していたお店ほど、営業再開後に苦しんでいるというのは以前も触れたとおりです。これは私が思うにコンビニエンスストアのお店選びとパチンコ店のお店選び、客層は似ている? という事です。例えば行くお店の立地。大抵の人が仕事や通勤の動線にあるお店を利用します。わざわざ「●●町のロー●ンに行く!」とか、そういう店選びをする人はごく少数で、いつも使っているいつものコンビニ、通勤途中や家、職場のそばにあるというのが普通かと思います。パチンコ店も大多数の人が自宅付近や職場付近、または通勤途中にあるお店を選んでいることが多いのでは無いでしょうか? そこに例えば「ファミ●キ食べたい」というならファミリーマートに行くように、「新台を打ちたい」などで導入店舗まで遠征したりする層が一定数居る、そんな感じかと思います。

 

もちろん出玉の部分、これも重要ですがこれは初めていく店の場合には事前情報がありません。たまたま勝っただけかもしれません。通っているお店が複数あってこそ横の比較で出している、出していないと判断できるだけで、データ公開の店でデータを見比べない限りは絶対値で出している、出していないは判断不可で、コンビニで価格の安さを求めて店選びする人が少ないのと同様かと思われます。要は一度付いた習慣のようなもので、いつも行く店1店舗~3店舗はそんな感じで選んでいる人が大多数です。これがコロナ自粛でお店に行けなくなると、一部の人は空いているお店に行くようになり、そこのお店に行くのが習慣化します。これによりいつも行っていたお店を変更するきっかけになるのです。店名公表したお店にお客様が集まるのはだいたいこういう人たちでいわゆるヘビーユーザーです。毎日パチンコを打つのが習慣化していたので意図せずにお店を変わるきっかけとなり、そのまま居ついてしまっているのです。実際東京で言うと「●択」さんや「マタ●●ー」さんなど、きちんと当初から休業要請に従い休業していたお店は以前の賑わいに戻るまでにまだまだ時間が掛かりそうな雰囲気です。

 

メーカーもホールがそんな感じでは新台を以前のように売る事も出来ず、とりあえずは再販やリユースでお茶を濁しながら販売台数の少ない甘デジから様子見…というメーカーが多いです。そして恐れていることが起きているのですが、竹屋さんのモンスターハウス最新作、これが何と新枠になるとはいえ、本当の新枠では無く以前の西陣の機械で使っていた枠を使って新枠と言っています。で、価格が何と約50万円と値上がりしています。まぁ、新枠なので仕方ないですね(汗 メーカーも当然当初の予定の機械販売台数には全く話にならない位届かないのですが、機種によっては4月や5月に納品予定で部材を仕入れているメーカーもあり、当然部材の代金の支払いをしないといけません。メーカーも新台を売っていないのに営業マンや拠点の維持費も掛かるし機械を売りたくても当然予定通りに売れないしと、本当に厳しい状況ですね。閉店してしまうお店が今は増えてきていますし、業者さんも倒産する処が増えてますし、先行き不透明ですね。1年前などはコロナウイルスの話題すら無かったですから、受動喫煙防止法の件で業界内もざわざわしていました。それがもう、喫煙ブース内での喫煙は密になりますので、逆に危ないなんて状況、誰が予測できたでしょうか?

 

今までは高齢者がホールのメイン客層として稼働、粗利をけん引してきましたが客数を増やすにはフットワークの軽い若者に参加してもらわないといけません。自店でも1ぱちの海などの客層はなかなか戻る気配が無い一方で、もともとあまり強くないパチスロは日々お客様が戻って来ている感覚です。自店でもそんな感じなのですから、元々若い客層を掴んでいたお店は比較的早く回復して来るのではないでしょうか? ただ、パチンコが今後「遊タイム」の採用などでスペックが様々なバリエーションで出てくるし、設定付ぱちんこで「天井狙い」や「設定据え置きの遊タイム狙い」など、若者が楽しめる遊び方が増えるのに対し、パチスロは6.1号機になって演出の幅が広がり……。う~ん、パチスロに明るい未来はあるのですかね??? パチンコも今までは「回る台を打つ」というのが勝利への近道でしたが設定付ぱちんこの登場や「遊タイム」「小当りRUSH」などの組み合わせにより、今まで以上にパチンコも立ち回り方などが要求される時代になっていくのかと思います。千円18回のCR北斗無双2を打つよりも、千円13回でも設定6のPAミルキーバーを打つ方が勝てますからね。営業自粛期間は何もパチンコ業界だけではないので社会の中での価値観なども大幅に変化しています。これらの変化は受け入れて早く順応した産業が良い思いをすることができ、「今まではこういうやり方だったんだよ!」という固い頭の中身では衰退する一方でしょう。私もユーザーの一人として、楽しくパチンコ、パチスロを打てる方向に変化して欲しいと思います。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク