【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年05月29日

社会の敵

きっと、これか先もパチンコ屋は叩かれ続ける。

 

その中には理屈が通ったものもあれば、只の『嫌い』という感情論だけで叩かれる事もあるだろう。『嫌い』という感情を完全に紐解く事はハッキリいって無理だ。理由があるのなら説明して歩み寄ればいい。理屈があるのなら、こちらも理で話をすればいい。

 

ただ感情。

 

こいつは本当に厄介だ。「最近は女の人も打っていますよー」「もう完全禁煙ですよー」「その情報は間違っていますよー」と述べたところで、そりゃ一部にはそういう人もいるし、そういう側面もあるのだろうけど……と言われ聞き入れて貰えない事が(俺の経験上だと)殆どだ。

 

それならそれで構わないが、あんたが思っているパチンコ屋への感情。それは本当に『あなた』の中から湧いている感情なのでしょうか??

 

あなたの『憎しみ』なのでしょうか??

 

本当に嫌いならそれでいい。ただ世の中で『本当に何かが許せないほど嫌いな人』って少ないと俺は思う。テレビで言っていたから、ニュースサイトで言っていたから、SNSで言っていたから……もしも、それが憎しみの理由だとするのならば、一体それは誰の憎しみなのだろう。

 

怒りも憎しみも喜びも悲しみも、それは自分だけの大切なものだ。

 

クソみたいなメディアに誘導されて、飼い慣らされて、顔も知らない奴らの思惑通りに動かされて、筋描き通りにSNSで拡散。そして作られた炎上。最後のセリフは決まってこうだ。「そういうつもりじゃなかった」。作られた憎しみが民意であり社会だというのなら、俺は社会の敵で構わない。

 

誰かがパチンコを叩くのなら、俺はケツを叩く。いやむしろ、ケツを撃ち抜く。

 

 

スナイパイシリーズ最新作『スナイパイ71』。ナンバリングが72ではなく、71に減っているあたりからして伺えるネットの本気。本気じゃなきゃケツを撃ち抜いて上乗せなんて考えつく訳がない。天才か天才がいるのか、ネットには。オマケで出率も魅力。

 

知っている人が殆どだとは思うが、この機種は筐体の色(偶数or奇数設定)によって技術介入難易度が変わっていて『青』だと2コマ目押し。『赤』だとビタ押し。当然ながら、前者よりも後者のほうが出率設計が高く、完全攻略時の『赤』は最低偶数設定でも104%。『青』だと最低奇数設定で102%。

 

赤筐体だけを探して完全攻略すれば104%。そりゃ打つさ、このご時世に打たない理由がない。

 

……と簡単に割り切れればいいんだけど、この機種ってAT機なのよ。

 

そもそも本当に104%なのか。104%だとして、それは『勝てる104%』なのか。極端な話だけど『GODシリーズ』の104%が勝てる設定だという人はいないと思うのよ。理論上は勝てるとしても、人の人生は有限だ。そもそも算出条件も分からねぇ。だから打ってみるしかない。一番いいのは現場のデータを見る事なのだけど、いかんせん稼働がなくてね。

 

さて、良いのか悪いのか昼過ぎでも空き台の目立つ(というか空き台オンリー)スナイパイ71。

 

おそらく全台「各色における最低設定」だろう。そんな事は予想通り。むしろ、かかってこいよ。1G回す、2G回す、3G回す、4G回す……30G回す。

 

……えっと、全くの初打ちだけども、この台ってネットよね。で3枚掛けオンリー。さらにAT純増が3枚未満。

 

て事はだ。あれか、モグモグ方式でベースを下げてきているのか。モグモグ方式ってのは、通常時にも発生する押し順ナビの事ね。所謂、ゼロボをあれで殺していて、ナビを無視するとゼロボが入賞する仕様。

 

つまり、ゼロボ状態じゃねぇかよ、この台!!!

 

 

(液晶上の変化はないが、入賞音を含む演出がなにも起きない)

 

配当表でもあればいいんだが、何故か最近の台には配当表がないもんで、ここはさすがに台移動。いきなりケチがついたが、この押し順ナビ。

 

『真モグ』のときにも触れたが、ベースを下げるアイディアとしては悪くないと思うのよ。ただ、ゲーム性といかに融合させるかという部分が『真モグ』においては未完成だったと思う。ただ、今回の『スナイパイ71』は、この押し順1枚役(コイン)がゲーム性の肝。

 

簡単にいうと『番長3』のベルカウンター的な役割を果たしていて、コインカウンター最大71回で擬似ボーナスに当選。これが一つ目の天井。もう一つの天井は710G。そして、前作における『スナイパイ72』は天井ゲーだったのだ。

 

 

710Gの天井は今作においてもかなり強力。ただ 、良くも悪くも天井到達を阻止してくるのがコインカウンター。

 

最大で71回ではあるが、71回が毎回選ばれる訳ではなくて、12〜14回だったり、40〜42回だったりと、最大規定枚数は変わってくる。当然、擬似ボーナスに当選するとカウンターはリセット。高設定だと、このコインカウンターの振り分けも浅い所が選ばれやすいんだろうね。つまり天井には到達しにくくなると。

 

で、無事に710Gに到達すると……

 

 

これもんよ。

 

そりゃまぁ900枚も乗せれば完走する訳ですが、いやどうなのだろう。700枚ぐらい残して(ゲーム数による)完走をしちゃったけども、こうなってくると技術介入も何も関係ないのよ。

 

残り1000枚から減ったメダルは300枚程度。つまり300枚から400枚程度をキープできれば、ATのロング継続は目指せると。逆に100枚程度だと綱渡り。(というか無理)

 

綱渡り状態可においては一度のビタ押しが勝敗を決める事もあると思うが……正直、完走させるまでに2000枚いれているからね、俺。ずっと200枚とか、そんなもん。

 

荒れやすい仕様(荒れないATなんて知らないが)ならば、少しでもハマっている台で『天井狙いを視野』に入れつつの赤筐体狙いって感じかなぁ。単純にツッパするのはちと危険かも。到達率は低いにしても、天井が強すぎる。つまり他が弱い可能性はある。

 

……やっぱいいね。

 

パチスロの話をするのって。

 

いまだ大変な地域もあるのに「パチスロなんて打ちやがって不謹慎だ」そう思われるのなら、それでいい。それが本当にあなたの怒りなのなら、受け止めよう。パチスロが社会や民意、善良と呼ばれる大衆の敵だといわれ叩かれ続けるのなら、パチスロライターってのは社会の敵、第一人者だ。

 

声高らかに叫んでやる。

 

「パブリックエネミーNO1」ってね。ケツバットぐらいなら甘んじて受けてやるよ。

 

CLOSED BGM

Public Enemy NO1 / Public Enemy

スポンサーリンク