【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年05月10日

ずいぶん長くお世話になっているなぁ

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

やっと給付金10万円の申込書が届き安心したツケマイてんちょ~です。もちろん皆さんパチンコ、パチスロで増やしますよね? まさか世論の流れに負けて「もうパチンコなんてオワコンだ!」なんて芋引き野郎になったりして無いですよね? 本当に最近はパチンコ業界、アウェーの風が吹いていますよね、江戸川に例えると、下げ潮、向かい風8M位の感じですよ。思い返せば私がパチンコ店で給料もらうようになったのが21歳。すぐに大学生でありながら社員として働くようになり、4年の冬には班長になってたりしました。そんな感じなので実は私、就職活動をした事がありません。何故かって? そりゃぁ4年で卒業できないハズだったので(汗

 

私の居た某大学はいわゆる成田空港で火焔瓶投げる人たちの本拠地でもあり、大学1年の時はバリケードストライキで大学が封鎖されて40単位無試験でGET! 2年で4単位、3年で4単位と順調に進級して4年の時は終活なんて余裕なかったのです(笑)それが4年で追試、教授面接で6時間説教なんてのをクリアして卒業できたのですから、やはりパチンコとは運命みたいなものがあったのでしょうね。だってダブったら翌年に就職活動をしてパチンコ店で働くことは無かったと思うので。そんなこんなで大学在学中からお世話になっているこの業界、一発台の撤去、社会的不適合機の撤去、5回リミッター時代、様々な経験をしてきましたが今回のような長期に休業しなくてはいけないのは、初めての経験ですね。

 

そんな業界人生なので、本当に今の年齢までメシが食えるのは感謝の一言なのですが、今回のコロナウイルスから始まる自粛要請騒動、ここまでパチンコ業界が理不尽に叩かれる必要はあるのでしょうか? いや、自粛要請を守って協力しようという姿勢が無いお店があると言われたら、業界側の人間として言い訳出来ないのかと思いますが、基準は何ですか? 営業自粛を守っていないのは他業種にもあるし、と感情的になっちゃいますね、今の状況は黙って静かに粛々とやるべきことをやる時期だと思うので、この程度にしますが二十数年も業界で働いている身からすると、「あの店は抜け駆けで…」とかそういう感情以前に「パチンコ業界どうにかならないかなぁ」という気持ちが先行します。それと同時にパチンコ、パチスロファンの皆様には肩身の狭い思いをさせていることに申し訳無く感じる次第です。

 

本当に業界を取り巻く環境は厳しいのですが、それでも愛着があるというか、昔は自分の為にだったものが、自分の店のために、自分の会社のために、そして業界の為に、なんて考えというか視野が広くなってきました。もちろん働き盛りの時にそういう考えばかりだったので家庭をないがしろにした部分があったのでしょうね、離婚したのは。そんな私も色々経験してきて、ここのコラムでは書けないような話も数多く聞いてきました。コロナウイルス騒動もまだ続きそうで新台情報なども入ってこないような時期になりましたので、書ける範囲で昔話にも触れていこうか思います。自店もこのコラム掲載の翌日、月曜日からやっと営業開始になりますが、当分は元のレベルまでお客様は戻ってこないでしょう。ですが私も大手も居ましたが基本は中小の地元密着型店舗ばかり見てきましたので、パチンコ店がギャンブルという側面だけでなく、地域社会のコミュニティとしての存在意義もあったりすること、身をもって体験しています。昨今のTVのコメンテイターはやはり日本の9割近くがパチンコと接点が無いのだから仕方ないかもしれませんが、パチンコを知らなすぎる。しかしTVの影響力は大なので、相変わらず知っている人からすれば「何言ってるの?」みたいな指摘が多い。ですがそれを同じパチンコを知らない視聴者は信じてしまうのです。これは私がこれだけ長く食わせて頂いているこの業界が正しく理解されていないという事でとても悲しい!本当にこんな場所で書くのはおかしいかもしれませんが、物事には表があるから裏があり、右があれば左もある。もう少し多角的な視点から見て判断する人が増えてほしい、昨今のパチンコバッシングを見て私はそう思います。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク