【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年05月03日

5月に突入

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

さぁ5月。皆さん、「ステイホーム」楽しんでいますか? それにしてもTVの影響って奴は大きいのを再確認。休業しないパチンコ店の公表をTVで流したらお客様が増えちゃうんだから、もうイベント開催できないお店側としてはスーパーラッキー♪ って感じですよね。しかしパチンコを打つ人が家族に存在しない世帯数が日本の9割を超える時代、もはや理解を得られるハズも無くとことん社会的に制裁される当パチンコ業界ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 毎日TVを付けると「休業要請に応じないパチンコ店が…」という言葉ばかり耳に入ってきます。休業要請、意味はオーナーレベルも理解していると思いますがパチンコ店だって固定費というものがあり、支払いもある。取引先や雇用しているスタッフに迷惑かけない為にも営業しているというお店もあるハズです。

 

「そんなのどんな業種も同じ」なのも理解しますが、コロナウイルス感染拡大を防ぐために協力していない、そういう理由で叩かれるのはわかりますが、既にもう、「営業しているのはけしからん」という状況になっています。社会のガス抜きとしてパチンコ業界がうまく利用された側面もあるのか、パチンコ店のほとんどが休業すると飲食店などでも同じように営業する店舗への嫌がらせが起きています。そう、手段と目的が分からなくなっているんですよね。目的は「コロナウイルスのまん延を防ぐ」であり、その手段の一つとして「お店の営業を自粛して人が集まることを避ける」のです。目的はコロナウイルスのまん延を防ぐことなので、それが可能であれば違う手段だって良いのです。そこを間違えて「休業する」を目的と考える人たちが増えるからおかしくなるのです。パチンコ店で言えば「稼動を伸ばす」が手段であって「利益を伸ばす」が目的です。何故稼動を伸ばすのか? お客様がお客様を呼ぶ状況を作れるなどの視覚的なものがあるほか、同じ利益を取る場合、稼動が高いほうが1時間遊技した場合のお客様の負担が小さいのです。なので「薄利多売」の精神で稼働を伸ばせ!となるのですが、この「目的」と「手段」をはき違えて稼動を伸ばすが「目的」になってしまうと、玉を出して薄利になり、新台を大量導入して稼動が物凄く伸びるけど、利益が伸びない、なんてことが起きるのです。

 

現状はまさに「休業しろ」というのが目的になっており、「どうやってコロナウイルス感染拡大を防ぐのか? もっと良い方法は無いのか?」という建設的な議論が一般人の間では後回しにされており、ストレスや不満が営業している店舗に向けられている、そういう感じになっています。パチンコ店がおおかた休業したので今度は休業要請に応じないネットカフェを店舗名など公表して世論を煽り「自主的に」休業に追い込もうとしています。休業要請、あくまで要請で最終決定は経営側だから行政に責任は無いし保証も出来ないよ、でも守らないと世間が何と言うかなぁ? なんて感じで脅されているような気にもなりますね。例えば自分がその営業している飲食店の取引先だったらどうなのか? 営業しないことにより潰れてしまえば、そのお店からの入金が無いので自分の事業が立ちいかなくなる訳です。パチンコ店だって同じです。そういう事まで考えずにただ一方的に「休業しろ」というのは本当にどうかと思います。皆様においてもTVでの出来事を自分の目で違う角度から検証する癖をぜひ付けてほしいと思います。

 

コロナウイルスの話題ばかりですが、業界内も延期、延期と新機種は出ないし、暇に任せて公営競技というのもコラムに書けばマニア向けになるし……。という感じでどうしても話題がコロナウイルス関連になってしまうのを御了承いただきたいですね。韓国もいけないし(笑) 私もヒロオさん同様に500のロング缶でしか缶入りの酒は飲まない派です。ステイホーム徹底しているので、休日も外にほぼ出ずに引きこもり、店舗が休業中なので労働時間は短くなりますが報酬カットという状況です。それでもお店に掛かってくる「今日は営業しているの?」という電話の多さにはびっくりしながら、5月スタートしていきたいと思います。それにしても5月中ずっと営業できないんですかね? 仕事としても打ち手としても不安です。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク