【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年04月08日

缶詰論 備蓄の中にも楽しみを

新型コロナウイルスの感染者数が都市部を中心に急増して、不要不急の外出を避けるよう要請されている現在の状況。酒飲みにとって「飲みに行く」「飲みに出る」という行為は不要不急でないとも言えるのですが、それはあくまで我々が酒飲みであるがゆえ。大切な人を感染させてしまう可能性があるわけですから、時が来るまでは粛々と暮らして、憎しみはすべて新コロの下衆野郎にぶつけましょう。この下衆野郎がぁっ!!

 

とはいえ、不要不急の外出を自粛するよう要請はされていますけども、「酒を飲むなよ」という要請をされているのではないわけです。もちろん、飲酒とは免疫力を下げる可能性があるらしいので少なくとも推奨されない行為なのだろうとは思いますが、自然災害の際などと違って許容自体はされるはず。大都会滞在時だけを見ていると飲みに出まくっている人間のようにも見えるかもですけど、私はどちらかというと自宅飲みに代表される地味な飲み方のほうが本業ですからね。もしかしたら皆様のお役に立つこともあるかもなので、その辺をつらつらと記してみようと考えた次第でございます。

 

 

さて、災害といえば備蓄、備蓄といえば缶詰です。今回の新型コロナは災害というか感染症なので、過去の震災のようにインフラや物流が完全にストップするといった事態は基本ないと思われますが、例えば「自宅にしばらく籠ってね♪」などとなった場合は、やはり困りますよね。私みたいな弾丸特攻ロクデナシ独居はその辺に生えている草でも食っていればいいとしても、お子さんや高齢者がいるご家庭ともなると、なかなかそういうわけにもいきませんし。

 

つまり、今回のような事態の際に求められる備蓄の資質とは、食事の用として一般的においしく活用できて、子供や高齢者の健康にも問題が発生しないような必須の栄養素を持ち、かつ、我々の酒肴として役立つものであるわけです。まあ缶詰なんてもんは基本的に食事の用として用いやすいもののはずですが、たま~に酒肴特化型のやつもいますので。今回はその辺を踏まえた缶詰備蓄をちょいっと記してみようかなと。

 

 

 

 

缶に輝く「肉」の文字。「肉っつったら馬肉だろ!!」と言わんばかりの、わざわざ馬って書かなくても分かるだろ的な表記が大変素敵な、この『肉大和煮』。私より上の世代だと肉といえば「鯨肉」の可能性もなきにしもですが、私的には缶詰の肉といえばやはりコレ。ちなみに、大和煮とは醤油や砂糖と生姜を用いて甘しょっぱく煮た濃い味の煮物であり、馬肉以外にも牛肉や鯨肉など、獣肉感強めの肉や部位になされる調理法のことです。

 

 

 

 

やや甘めの味付けのため多少酒を選びますが、まあ、私的にはレモン系のチューハイかな~と思いますね。特有の癖がやはり少しあるのでビール類やドライ系のチューハイだと受け止めが足りない気がします。馬肉は高たんぱく低カロリーゆえ栄養面の問題はないですし、味濃いめなのでご飯にももちろん◯。

 

問題があるとすれば……子供の頃の私家とは本当のほんっとう~に滅多に肉が食卓に上らない家庭でありまして(畜産もやっていたのに…)、本当のたまに出てくるコレに文字通り狂喜乱舞したものですが、牛豚鶏肉を当たり前のように手軽に食べている現代の子供たちは、果たしてコレに喜んでくれるのかどうか。前にも記した記憶がありますけど、私は幼少の頃に肉じゃがっぽい料理が出て今日は本物のちゃんとした肉じゃあ~と喜んで黒っぽいものを箸でつまみ上げたら肉じゃなくて塩くじらだった、なんて経験もある人間ですのでね。この話を色々な人にする度に「お前やっぱりサバ読んでたのかよ!!」と言われます……って「やっぱり」ってなんじゃい!!

 

 

 

 

そんな馬肉缶の弱点を打ち消す存在がこの『ウインナーソーセージ』缶。まあ、ソーセージが嫌いな子供などおりませんからね(とてつもない偏見)

 

 

 

 

そのまま飲るならやはりここはビール類やドライ系のチューハイ、あとはハイボールにもよく合いますね。このソーセージ缶は「味変」も非常に有効でして、定番のケチャップとマヨネーズ、それとブラックペッパーがあるとさらに良しです。上画像の通りにそこそこの量が入っているので、私的には飽きが来ないようマヨ+ブラックペッパーかマヨ+七味かなぁ。味変次第で合わせも変わってくるので、そのあたりは自身で合うものを探してみるのも一興かと思います。

 

 

 

 

肉を出したならば次は魚。缶詰界の王であり、魚缶の主たるは当然「サバ缶」でありますが、王の次席にある実権者、いわば大臣的な存在がこの『さけの中骨 水煮缶』です。

 

塩っ気がまぁまぁ強いのでそのままでも、あとは+マヨネーズは鉄板。味も去ることながら、コレの圧倒的優位性は栄養面、特にカルシウムが非常に豊富なのですよね。子供にとってカルシウムとは特に重要な栄養素、非常事態に陥ったとて子供は成長せねばならないわけですから、そういった意味でもこの中骨缶の重要度は高いと言えましょう。

 

合わせはビール類、チューハイ類、炭酸のない焼酎割系から日本酒まである程度なんでも。サバ缶もう飽きちゃったよ~という人でも、コレなら気持ち新たにおいしくイケるはず。また、缶に残る汁もサバ缶汁と違った味わいで良い肴となるため、塩分を気にしつつ酒に合わせると良いと思います。

 

 

 

 

最後は有名どころながら若干変わり種の『いなば チキンとタイカレー(イエロー)』。まあ、カレーが嫌いな人間など存在しませんからね(とてつもない偏見再び)

 

ただ、カレーでありながらもコレに関してはどちらかというと飯より酒のほうに向いている気が少しします。タイカレーゆえか癖がやや強めにあって、鶏は良い酒肴となりますが飯に合わせるとちょっとその癖が気になるかも。あとは、飯用のカレーというと今はやはりレトルト食品が強いですからねぇ。もちろんレトルトカレーにはない良さもあるため、好みの人はぜひこちらを。

 

合わせはビール類、あとはレモン強めのレモン系チューハイかなぁ。肴としてのみ用いるなら鶏肉でまず飲んで、残ったカレー部分は何かを食べる際のディップとして使っても面白いと思います。

 

 

それにしても、この新型コロナウイルス事態はいつまで続くのか。自粛は必要、しかし楽しみも必要。そう考えると、我々酒飲みとは酒さえ飲んでいれば楽しいのですから、ある意味恵まれているとも言える気がしますが、先の見えない状況のまま長引いてしまうと飲食店などは苦境に陥ってしまうし……。本当に大変な状況ですが、終わらない事態などないと信じて、今を生きていきましょう。

 

 

ということで、また次週。

スポンサーリンク