【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年03月08日

公営競技も売上大幅ダウン!コロナウイルス騒動の影響

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

学校も休みになって1週間、コロナウイルス騒動は各地に色々な影響をまき散らしています。表題の通り「競馬」「競輪」「ボートレース」「オートレース」は無観客開催となり、かなり売り上げが落ちています。ネット投票だと証拠が残るので大口投票で勝っている人ほど、本場で買うのでしょうね。ボートレースの西川元選手の場合にはネット投票で証拠が残っていたので立件できたくらいですから。その問題が無ければミッドナイト競輪、ミッドナイトオートと同じように警備などの経費が掛からずに無観客開催は良いことなのでしょうけど、それはミッドナイトのように夜にやるから会社員なども仕事が終わった後で楽しめるからであって、平日昼間からネット投票だけとなるとどうしても売上は落ちるかと思います。

 

しかしよく考えれば公営競技はまだネット投票があるからマシな訳で、当業界の場合、やはりパチンコ店に出かけないと参加できません。そのうえ今は日本の全世帯数の9割が一人もパチンコを遊技しない世帯という事でパチンコという遊びに理解を得られにくい環境であり、そのせいで報道などで言及されたことを自分の目で確認もせずに盲信してしまう人が多く、パチンコバッシングとしてあらわれてくる側面があります。東日本大震災後、ネオン点灯の自粛をしなかった某社のパチンコ店がものすごい叩かれたのはもう9年前。若い店長には記憶には残っていても営業経験と言う意味では今回のコロナウイルス自粛騒動は初体験でしょう。過去の経験を生かし、そして警察からの要請もあり集客につながる行為として、広告・宣伝の自粛を業界は求められています。期限はいつまでかわかりません。

 

これにより広告宣伝規制後も隠れて行なわれていた演者さんの来店などはほぼ壊滅かと思われます。さすがに世間を敵に回してまでやるバカな店は無いでしょう。新台入替やファン感謝デーは昨今では公認された集客イベントでしたが、これも新台入替告知すら自粛と言う流れになり、折込チラシ、都市部では駅貼り広告すら入れられません。今は休業する業種も多く、また年配層のお客様は来店を控える状況下なのでパチンコ店も苦しいのは仕方ないですが、こういう時にもやらかして世間の反感を買うのがぱちんこ屋。日本中にお店があるわけで、バカな店長のお店が何かをやらかしそうな気がします。とはいえ風俗営業のぱちんこ店、自粛すら守れないと警察からの強制力を持った指導というものも考えられますし、何しろ警察の自粛要請などはパチンコ業界が何度言ってもわからないアホな奴が居る業界なので、要請をして世間が騒ぐ前に早めに手を打つ、つまり業界を守っているのです。

 

よく、「警察はパチンコ業界を締め付けやがって」と不満を持つ業界人を見かけますが、もっと広い視野でみると他の省庁や世論からの不満や苦情が来る前に警察側の要請、指導により先手を打っていると考えられます。世論を敵に回したらこれだけ売り上げがある業界だと言っても休業は免れませんからね……。本当にアホなお店が出ない事を祈ります。現在はコロナウイルスの影響での休業などの話題が多いですが、パチンコ業界に限れば部品が用意できずに三洋の「スーパー海物語INジャパン2金富士」のようにどんどん納期が延期になったりなど、機械の供給不足が予測されます。以前から言っていますが今年はCR機、5号機から新基準機に入れ替える節目の年。新台の供給が足りなければ当然中古市場に流れる機械が減り、中古価格も上がります。今回のコロナウイルス騒動はボディーブローのように色々な問題が今後出てくると思われます。明るい話題無いですかねぇ……。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク