【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年03月04日

近況2月徒然

本日(3月1日)時点での国内感染者数241人。ここ何週か少し触れてきていましたけども、いやはや、新型コロナ問題もなかなか大事になってきましたね。

 

色々と情報が錯綜していて何がなんだか……な状態にも見える現在の状況ですが、私的には変わらず「恐れすぎず、侮りすぎず」な姿勢でいこうかな~と思っており。私の場合は移して困る人や守るべき人も近くにおりませんのでね。もちろん罹ったらそれはそれで大変なのでしょうけども、私のような独身飲んだくれパチプロは別にどうなったところで影響など小さいものですし、慌てず、そして騒がず普通に暮らしていこうかな~と。というか、一般人である我々としてはそれ以外に特にやりようもなさそうですしね。

 

 

 

 

今通っている店にはこういう消毒剤がいくつか設置してあり。そんなに頻繁にというわけでもないのですが、私も席を立って何かをしたらとりあえず軽く使用してはおります。パチンコパチスロってのは触れる箇所と物が意外と多い行為ですからね。神経質にまではならずとも、一応最低限の自衛をしようとは思っています。

 

 

 

 

で、「逃げる」な2月。逃げずに戦った結果、上画像の通り見た目上はギリギリ納得出来るくらいにまとまったと言えばまとまりました。

 

 

 

 

でもね……やっぱり全然足りないのぉ!! 台のクオリティ自体は「そこそこ」のはずなのに……。まあ、まったくサボっていないかと言われればそうでもはないのですけども、325時間も打ったのならばさすがに「もっと頑張れよ!!」とは言われないはず。

 

稼働の主力は1月と変わらず『CR真・花の慶次2~漆黒の衝撃~』と『CR大海物語4(MTB)』で、この2機種で時間のほぼ2/3を賄っており。んが、2月末にあった入替にて慶次漆黒の約半数が低貸コーナーへと左遷されることとなり、どうやらこれからは色々と変えていかなければならないようです。それが良いか悪いかと考えればどちらかといえば悪いことなのですが、まあ、これも致し方なきこと。私は私のやれることを変わらず「楽」にやっていきたいとは思います。

 

ただ、少し心配になるのは件の新型コロナウイルスの影響についてで、パチンコパチスロ業界を含む娯楽産業ってのは基本的に有事に弱い産業……何かあると真っ先に切り捨てられる産業ですからね。先の見えない状況になると絞りがちになるホールが増える傾向はこれまでの似た環境においてもよく見られた現象ですし、自分の行く店がどういう方針で動いているかは、これまで以上に気にしたほうがよい気がします。

 

 

 

 

娯楽産業に近いものといえば酒に関してもそう。先の土曜日に縁あって飲みに繰り出したものの、やはり人出は寂しげでした。

 

まあ、これもパチ屋同様致し方なきこと。地域によっては不要不急の外出を減らすよう要請しているところもありますしね。画像の店などは結構なお年のご夫婦がやっている名店で、こういう個人店だと先の見えなさがもたらす影響はさらに大きいわけですけども、止まない雨はないと思って頑張ってほしいところです。

 

 

 

(アスパラの肉巻き。こういう普通の料理が普通以上に旨い店。名店!!)

 

 

ちなみに、ちょっと実家に帰るべき用事があったものの、私がコロナウイルスの無症状感染者である可能性も考えて、帰らずとも済むような方法を今回はわざわざ取ったのですね。兄貴はまぁいいとしても父母もそれなりな年齢ですし、あとは、ウチの実家の環境だとほとんど人に触れ合わずとも生活可能なので、身内が持ってでも来ない限りなかなか感染しないでしょうし。

 

で、その考えと方法を先日電話で伝えたところ、どうやら最近母が東京と京都に叔母と旅行に行ってきた、との話で。「いやぁ~、空いてて良かったわぁ~」などと言っていましたが、お母ちゃんさぁ……。まあ、無防備に行ったわけではないようですし、元気なのはいいことなのですけどもね。

 

とりあえず、とにかく早く終息してほしい。せめて、終息の兆しは見えてほしい。そして、感染者も重症者も死亡者も可能な限り少なくあってほしい。これに関しては切に願っております。

 

 

ということで、また次週。

スポンサーリンク