【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年02月19日

コンビニ戦線 お魚編

さぁ~始まりました、「コンビニポセイドン」という大々的に発表されたわりには何だかすぐに見なくなった台に似た二つ名を持つ男が、コンビニでは不足しがちな海の者どもをやっつけて、まぁちょっと感想を記してみますかね…(上から)などと思い付いたところから始まったとの説も巷では噂されるらしい当コーナー。

 

しかし……新型コロナウイルス、物凄い感染力の強さですね。この稿を作成している時点ではいくつかの都県から数人の感染者が出ているという状況ですが、これが掲載される水曜日には果たしてどのくらいになっているのか……。危機感を煽りたいわけでは決してないのですけど、正しい情報を持って、恐れすぎず、かつ、すべきことを怠らずに生活してほしいとは思います。

 

 

さて、それでは本題へ。今回は「お魚編」、上でも記しましたようにコンビニにおいての魚とは基本的にレアキャラで、酒肴として選ぶ機会は私ですら結構少なめなのですが、特にスーパー等々が早めに閉まる地域で「今日は魚で飲みたいっ!!」となるパターンもありますのでね。そういった際に皆様が困らぬよう、そして私自身のメモ用に、今回はひとつチャレンジしてみた次第でございます。

 

 

では、早速まいります。最初の商品はコチラ。

 

 

 

 

『スモークサーモン』(税込375円)。お魚っぽさより加工食品っぽさのほうがより強く見えるスモークサーモンを最初に持ってきた理由……それは、私がスモークサーモン大好き野郎だからです(ポッ)

 

いや、それも確かに理由ではあるのですが、この何の変哲もなさそうなPB商品のデキが異様に良いのですよね。もちろん、PB商品であるので高級品のような上品さはまったくないのですけれど、なんと言いますか、「ちょうど良い」とでも言いますか。内容量のわりに値段はやや張りますが、スモークの具合も鮭の風味もちょうど良く、酒宴の口開けにはまさにちょうど良い存在であると感じます。

 

癖が少ないので合わせはある程度なんでも。個人的にはビールかハイボールかな?? 上では口開けにと記しましたが途中で出してもいいですし、まだ飲みたいけど腹は張ってきてるな~という時の最後の肴としても使える品かな~と。

 

注意点としては、容器が小さめでそれに収まるよう小さめのサイズのものを選んでいるらしく、そのため切れっぱし多めのハズレ品もわずかながらにあるようです。それを選ばぬよう購入の際はよく見て、あとは取扱店がおそらく少なめと思うので、探す際は可能な限りフッ軽に動くことをオススメ致します。

 

 

 

 

お次はコレ、『サラダフィッシュ さば』(267円)。見た目から「あ~、サラダチキンのサババージョンね~」と思うでしょうし、まったくその通りなのですが……実はコレ、今回最大のオススメ品です。

 

見た目だけだとパサパサしてそうに見えるものの、これが意外にしっとりで、骨も抜いてあって(推定)柔らかいため非常につまみやすく。今のところ「ハーブ味」と「ペッパー&オニオン味」の2種類を見つけましたが、私的にはハーブ味がオススメ。合わせはハーブ味についてはわりと何でも、ペッパー&オニオンはビール一択。 好みは千差万別のため合う合わないもあると思いますけども、これは是非とも一度試してもらいたい商品ですね。

 

ただ、正直に言いますと、このサラダフィッシュさばについてはモデルチェンジ前の、

 

 

 

 

こちらのほうが私的には好きでしたね。袋入りのも全然イケるはイケるのですけども、こっちのほうが「しとパサ(しっとり+パサパサ)」で良かったのに……。空き容器が使えるのも助かるし、「7」さん、出来れば何とかこっちのほうでお願いします。

 

 

 

 

さらにサラダフィッシュから、『サラダフィッシュ サーモントラウト(ソルト&オニオン味)』(税込300円)。想像を超える味ではないですが、今日はサバよりサーモンという日にはコレで。

 

コレへの合わせは炭酸強めのチューハイ類、特にレモン強めのレモンサワーによく合います。レモンサワーが飲みたい!!という日に並べるには、なかなかよろしい品ではあるかな、と。

 

「7」マイスターの方はおそらくご存知でしょうけれど、コレに似た『サラダサーモン』(税込300円)もあって、実はそちらはまっっったく駄目なのです。いえ、もしかしたらサラダの具材としては有能なのかもしれませんが、単品の肴としては本当にまるで駄目。やや見間違えやすいのでこの辺りは気をつけてください。

 

 

 

 

 

「魚っつったら刺身でしょ!!」というナマ大好きな方にはこの辺。『炙りしめさば』(税込300円)と『おつまみ帆立』(税込300円)、味は大体見ての通りですけれど、大きく外した品でもないと思います。

 

若干の問題点としては、内容量が限りなく少ない(特にホタテ)ためコスパ的にイマイチであること。あとは、これは個人的なことでもあるのですが、コンビニ酒宴の時って時間的に追われている場合が多いこともあってか、私的には日本酒を出す機会が少なめなのですよね。しかし、コレらに最も合うものは日本酒……ということで、私的には然程然程な2つなのですけども、ナマっぽいものの中ではこの2つを推しますかね。

 

 

 

 

レンジアップ商品ゆえ常にオススメとはいきませんが、環境があるならこの2つなども面白い。画像上は『さわらの西京焼き』(税込302円)、画像下は『さばの味噌煮』(税込213円)、特に、このさば味噌煮は非常にデキがよろしいですね。一応、さば味噌煮に関してはレンジアップせずともそれなりに美味しく食べられる(実践済み)のですが、やはり温めたほうが圧倒的に良くなるため、初めての際は環境を選んだほうがよいと私的には思います。

 

 

今回の「お魚編」はここまでですが、最初は「コンビニだしぃ~魚なんてぇ~」などと偏見バリバリであったものの、色々試してみたらなかなか悪くないですね。これから魚介系を増やしそうな気配も少し感じましたし、このコーナーにはさらに注目しておくべきかもしれません。

 

まあ、一番良いのはコンビニでなくてスーパーで買ったりお店で食べたりすることなのですがね。おまんらのせいで~!!おまんらのせいで~!!(誰だよ)

 

 

といったあたりでぇ~、また次週ぅ!!

スポンサーリンク