【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年01月26日

遂にパイオニアからAT機!

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

今回は個人的にも興味いっぱいなパイオニアさんの新機種「Sビッグシオー30」を紹介したいと思います。パイオニアさんのビッグシオ、今度の奴で3作目になりますね。まぁ、ビッグシオジェンヌをカウントすると4作目ですけど……。初代は4号機、18年前ですね。左上段に華を狙ってストックの有無を確認していた記憶があります。そして5号機で出て、今回6号機でも疑似ボーナスタイプのAT機で登場です。シリーズ機の伝統はそのままに、今回もゾロ目ゲーム数がアツい! そして1G連も搭載して戻ってきました。128G以内の引き戻し確率は40%超え、1G連に設定差無し、というアツいスペックで登場です。

 

まずはゲーム性。もちろんハイビスカスが光ればボーナス確定のかんたん仕様です。筐体は今までのパイオニア筐体で上部パネルに沖ドキのようなナビに使う7セグがある、といった感じです。ハイビスカスが光った後は疑似ボーナスですので勝手に揃ってくれます。7が揃うか? 花が揃うか? バケなのか? この隔たりには秘密がある模様です。ゲーム数テーブルは「ゾロ目」がアツい! ソロ目ゲームでハイビスカスが光る可能性が高い仕様になっています。そしてチェリー・スイカのレア役はボーナス直撃抽選と、高確・超高確の移行抽選を行います。高確・超高確は1G連抽選が優遇されるみたいです。そして超高確まで上げると、AT当選までずっと超高確から転落しないみたいです。

 

ボーナスはBIGがAT60G、REGがAT20G、純増3枚です。1G連のチャンスはBIGにもREGにもあり、Vランプ点灯で1G連が確定します。そして嬉しいことに1G連はBIGのみ! 設定差もありません。1G連が来なくても128G以内の引き戻しは40%以上! そして111Gなどのゾロ目でボーナスを引くと1G連確率が優遇されます。ゾロ目ゲームまでにチェリーやスイカ引いて高確率に上げていれば更に期待度UP! そして本機種、多彩な前兆演出を搭載しています。ハイビスカスの光り方で高確示唆とか、7セグの色が変化すると…だったりリールの間にある星が光ったり点滅したりで状態を教えてくれます。チェリーやスイカを引いても次ゲーム告知ではなく前兆があるので、ドキドキしながら楽しめますね。遅れも登載していて基本は遅れたらスイカかチェリーです。しかし遅れが発生しても何も揃わない場合があります。これが頻発すると本前兆中みたいです。その他バウンドストップも搭載して、レバーの叩きどころ満載な機械になっています。

 

獲得枚数は6号機なので少ないですが、その分連チャンを楽しめる仕様になっていると思われます。特筆すべきはREG確率で、設定1で1/928.3、設定6でも1/699.1と非常に重いです。BIGの連打に期待できるだけでなく、おそらくREGには何か秘密がありそうですね。沖スロもGW明けからはこのビッグシオだけでなく、沖ドキも予定されているみたいであまり入替の無かった沖スロコーナーにまた活気が出てきそうで嬉しいです。基本有利区間がある以上、ATで枚数を増やすゲーム性では夢を持てないので、こういう疑似ボーナスタイプのほうが相性が良いと個人的には思っています。ホール登場は5月中旬以降という事で、ぜひとも期待して見つけたら触ってみてほしいです。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク