【パチ・スロクロス】パチンコ・パチスロ解析情報

2020年01月19日

3月、新台の機種数が凄いぞ!

こんにちは。ツケマイてんちょ~です。

 

先週はジャグラーの6号機に触れましたが、業界は今、3月の機械の営業攻勢真っ盛り! 機種数が多すぎて全ての機種を言えるのか不安を覚えるくらいです。そうなると企業の力の差が顕著に出るのもこの業界ならではで、広告費をあまり使わないメーカーは何故か雑誌での扱いが悪くなってきます。雑誌とかもページ数決まってますから仕方ないですね、ということにしておいて、今回触れるのは3月多数の新機種が出るのに不遇台で終わりそうな(失礼)ベルコさんの新機種「キングオブジャック」です。

 

この機種の特徴、まずは液晶付いていません! 次にクロノスなどで使ったあの筐体です。そしてホールの人間にしか響きませんが、3台購入で1台あたりの最安値が185000円(税抜き)となります! 新台が50万円近くする時代に嬉しい価格で、12月発売のドリームクルーンよりも安いっ! という機械です。肝心の中身はというと簡単に言えば純増3枚のATを使った疑似ボーナスで増やすタイプの機械。つまりAタイプの4号機時代のストック機みたいな感覚でBIGは300枚、REGは100枚、1G連アリの122G以内での引き戻しアリの天井アリ! 目押しは不要! というAタイプコーナーを支える中高年層に訴求しそうな機械です。通常時の流れとしてはレア役を引くと高確率移行抽選。何が高確率になるのかというとチャンスゾーン突入率が高確率になります。3種類の期待値の異なるチャンスゾーンを搭載し、そのチャンスゾーン天井は最大でも111Gと非常に狙いやすくなっています。平均約70Gで周期到達との事みたいですのでレア役を引いて高確率に上げて、高確率中に周期に到達するのが肝みたいですね。

 

3種類のチャンスゾーンについて。JACKチャンスだと10G継続。第3ストップまでストップ音が変化すればボーナスの期待度大! 上位のQUEENチャンスは10G継続で成立役に応じて毎ゲーム%の数字が上昇します。最終ゲームでの%の数字そのままにボタンPUSHで一発抽選をします。そして最上位のKINGチャンスは7G継続。毎ゲームデジタルが変化し、テンパイすればチャンス! テンパイした数字2桁の%を参照にボーナス抽選。なので9でテンパイすれば99%ボーナスになります。このチャンスゾーン、ボーナス後1周期目、設定変更後1周期目は必ず上位チャンスゾーンに当選する模様で、この仕組みが引き戻しを頻繁に起こす理由みたいです。ボーナスはREGで約100枚獲得、1G連は17%の確率で発生します。REGにも2通りあり、EXTRA RBだともしも1G連した場合は全てBIGになります。BIGは約300枚獲得。1G連確率はなんと50%にもなります。こちらもEXTRA BBだと1G連はBB確定です。また、「W」図柄揃いのダブルBBというものがあり、これを引くと約600枚獲得&1G連は75%で来る模様です。そして1G連でBIG5連を達成すると「KING of JACK」と呼ばれる状態になり有利区間完走が期待できる模様です。通常時にもロングフリーズを引くと直撃があるという事で、AタイプでありながらGODを打っているような感覚を味わえますね。

 

液晶非搭載ですが4リール機になっており、設定6だと110%という出玉率。昨今のかったるい6号機ATにがっかりしている身としては、コイツは意外とアリなんじゃないか? なんて思っています。新基準機への移行が予算的にもホールの負担になり閉店店舗が多数出ている現状では、こういう安価な機械を上手に使わないと当然お客様に還元する余裕なんて無い訳で、そういう意味でも助かります。多分この機種の情報を扱う媒体は少ないとは思いますが導入は3月頭からスタートみたいですのでぜひ期待してみて下さい。

 

それではまた来週!

スポンサーリンク